ブログのタイトルについて

今回はブログの題名について。
何かこう、どこかで!観たような!気がしないことも!?なくはない!かもしれない!
…という感じの?いや明らかに観た事があるような感じの(笑)
一見不穏なようにも見えるタイトル。
実はこれは、僕が

好きだから!この『ひぐらしのなく頃に』が好きだから!!(*゚∀゚)=3
(無駄に『フタコイ・オルタナティブ』引用)

と、いうほどでもないんですよね。
いや、作品として面白いし好きですが、そこまで特別な思い入れはないです。
これまでホームページなどを作る際は、趣味の柱の一つでもある
音楽に関係したタイトルにする事が多かった。
特に1960年~70年代の音楽が好きなので、そのあたりから
…彩陽さんほど若くもないけど、別にそこまでトシでもないですよ!?
単に生まれる前の音楽が好きなだけですよ!?…
コホン、そのあたりから抜き出すことが多くて
今回も、自分がライフタイム・ベストだ!と言えてしまうくらい好きな
「魔法を信じるかい?」から取ろうかと思っていました。

※余談ですけど、少年漫画はもちろん少女漫画に結構この傾向があって
昔の洋楽タイトルをそのまま使った漫画って結構ありますよね。
ってあれ?僕が姉がらみで少女漫画の影響受けただけか…?
魔法を信じるかい? (1) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1249))
集英社
谷川 史子

ユーザレビュー:
死神でも、あたらしい ...
祝!続きモノ。志賀く ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

※画像引用目的だけの稼ぎにならないアフィデビュー。-1円て(笑)。


ただ今回、はじめての「特定の目的=高垣彩陽さん応援ブログ」ということで
彩陽さんがらみのタイトルにしないと、はじまらないだろうと。
既に彼女のブログにトラックバックしている諸先輩たちは
彼女のキャラクターソングの曲名を使ったりしています。
僕はどうしよう…と思った時に、彼女の名前=彩陽に着目しました。

「彩り豊かに、太陽のように周りを照らせるような明るく元気な子」

そんな意味を込めてご両親が彼女に授けたという、すてきな名前。
我々ファンからすれば、彼女こそ太陽そのものなわけですが
→じゃあそうだ、太陽の周りを巡る天体の名前にしよう!
と思ったんですけどね。彼女の所属するユニット名も「sphere」なわけだし。
けれど、同じくらいにひらめいた「ひまわり」の方にしました。
向日葵というのは、お天道様の方を向く花、という事で有名ですけど
あれはちょっとしたカラクリがあって、お日さまが当たっていない背中?の方が成長して伸びる
→それによって前面が垂れる、という理屈でもってそうなっているんですよね。
つまりどういう事かというと

成長しなくなると、お日さまをおっかけられなくなる

という事なのです。天体より、意思を伴って「向いている」!って感じがしません?
ですから、天体ではなくひまわりを冠することで
彩陽さんを追っかけますが、彩陽さん任せにせず
僕も毎日アンテナを張って、日々成長することで
ずっとまぶしい太陽を見続けられるようにしますよ、という!!!

おーすげー、思いつきで喋った割に案外それっぽ(略

…とにかく、そんな気持ちでつけました。多分。
『ひぐらし』に引っ掛けたのは、若さゆえの過ちといいますか…
なんでも引っ掛けたいお年頃といいますか…。

別に「むく」までひらがなにしなくていいのにねぇ。
素直に「向く」にすればいいのに、おかげで「剥く」という可能性まで残って
更にホラーな感じになっちゃったじゃないか。とも思ったんですけど
やっぱり「ひぐらし」のタイトルをそこらで見慣れているせいか
ひらがなと漢字のバランスは、この方が良いように思っちゃったんですねぇ…。

あ!もう一つ思いついた(思いついたって言っちゃった)!

そう、実はホラ『ひぐらしのなく頃に』であったり『うみねこのなく頃に』というのは
「ひぐらしのなく頃には私(梨花は死んじゃうんだなぁ)」であったり
「うみねこのなく頃になれば大丈夫!(でもその時に無事にたどり着けないんだなぁ)」
といったような(↑思い入れがあまりない事がモロバレな、ザックリした解釈)
特定の時期への詠嘆があるわけじゃないですか。
でも「向日葵の向く頃」ってのはさっきのムリヤリな説明にあわせると
成長している限り、いつでもずっと、という事なんですよ。
引用ネタである『なくころに』シリーズでは目指したり、逃れられない時期を指すけど
それとは対照的に、僕の彩陽愛はずっとです!っていう!
鮮やかな対比をきかせた主張が!

ごめんなさい、思いつきに思いつきを重ねたせいですごく…強引でした…。

とにかく、当ブログは声優・高垣彩陽さんを応援していますよと。
ブログを立ち上げる前の彼女の演技やラジオの発言など、色々追及していきたいんですけど
ブログの形態って、ホームページやwikipediaほど
網羅的なデータ表示には向いてないんですよね。
基本リアルタイムに思いついた事を記事にしていく事に特化しているし。
うーん・・・・・・・・・・・・・・・まぁ、その辺も考えつつ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック