テーマ:漫画

サンライズ制作・水島精二監督・スフィア主演TVアニメ『夏色キセキ』制作発表会(作品情報編)

2012年1月29日、東京は日本青年館にて行われた TVアニメ『夏色キセキ』の制作発表会に参加した…わけですが!! いち声優・高垣彩陽応援者としてのアレな視点はイベント編に回し こちらでは、イベントで話された事や、 先行して開始されたヤングガンガンのコミック版なども読みつつ… 作品についての情報を纏めておこうと思います。 個…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

週刊ヤングジャンプ・中山敦支『ねじまきカギュー』 連想まみれのオリジナル!

春の嵐に先駆けて、漫画雑誌・週刊ヤングジャンプに 物凄い台風がやってきました。 鬼才・中山敦支先生による新連載『ねじまきカギュー』です。 意味もなく、作中の廻転と台風の渦状をかけていますが(笑) その表現も誇張ではない… 中山敦支という作家のポテンシャルを感じさせてくれる、 素晴らしい作品に仕上がっています! もう、はやく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプスクエア2011年2月号・EXPLOSIVE読切『フラグマン!』

以前記事にした『曇天・プリズム・ソーラーカー』、 『To LOVEる ダークネス』など 楽しみにしている作品も多い、月刊ジャンプスクエア。 今回は、twitterで知り合った(というか、僕があちらを認識した) 漫画家さんの商業誌デビュー作が掲載されました。 漫画のタイトルは『フラグマン!』。 原作:maa坊 漫画:丈山雄為と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊少年チャンピオン黄金期を担う「3stars」!『クリスマスだよ、3stars』

週刊少年漫画雑誌に公平なフリをしているつもりが 誰から観てもチャンピオン紳士なルイと申します。 12月12日、秋葉原はゲーマーズ秋葉原店で行われた 『ケルベロス』『ハンザスカイ』『シュガーレス』の第4巻購入合同イベント 『3starsだよ、全員集合。』に行ってきました。 観てください、↑のタイトル。普通!マークを使う所を… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原典への愛、原典を高める!『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』の頂

2010年、雑誌としての黄金期にある『週刊少年チャンピオン』。 『バキ』『浦安』『ドカベン』といった古豪勢はそのままに 『ケルベロス』『シュガーレス』『ハンザスカイ』の 通称「3stars」、その前を走る 『バチバチ』『弱虫ペダル』といった新興エース群が 全て瑞々しく回転。 ビッグネームが居座る動脈硬化など全く感じさせず、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺のTo LOVEるがこんなに面白いわけがない ジャンプスクエア『To LOVEる ダークネス』

先月始まった『曇天・プリズム・ソーラーカー』をはじめ 何気に好きな雑誌である、SQこと月刊ジャンプスクエア。 この雑誌、『迷い猫オーバーラン!』開始以来、雑誌の顔として 矢吹健太朗先生の絵を「顔」として活用している様子で 季刊として生まれた派生雑誌『ジャンプSQ.19』に迷い猫が移籍しても 今月からは『To LOVEる ダーク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

週刊少年サンデー『マギ』作家テーマの成長・「孝士どの」の先へ

週刊少年サンデーで好評連載中の『マギ』。 『すもももももも』(以下『すもも』)の大高忍先生が、 前作では影すら見せなかった「世界」の輪郭を描いている、 スケールの大きな作品です。 ただ、そうはいってもこの作品は大高先生にとっての 心機一転、ゼロからの作品というわけではない。 あくまで『すもも』から地続きの流れがあって、 連…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ジャンプスクエア 原作太田垣康男・漫画村田雄介『曇天・プリズム・ソーラーカー』 光と闇とソーラーカー

月刊誌、ジャンプスクエア10月号にして 一部のマニア垂涎のコンビによる新連載 『曇天・プリズム・ソーラーカー』が始まりました。 原作・太田垣康男、漫画・村田雄介。 特に僕は村田雄介先生の絵に心奪われているもので、 この組み合わせをおおいに喜んでいます。 村田雄介先生と言えば、勿論? 週刊少年ジャンプで連載してい…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

8月25日『みつどもえ』BD&DVD1巻、キャラクターソングCD発売

8月25日は「やつごの日」!あれ?何か違う? とりあえず、日にちだけは「三つ子」に合わせてみた …というわけでもないのでしょうが、本日8月25日 みつどもえ関連のBD・DVD、 三つ子のキャラクターソングCDが発売されました。 3月25日に、何かイベントでもあれば まさに「三つ子の日」という事で劇的。 カレンダーを調べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊少年チャンピオン『バチバチ』 溢れ出る熱量と敬意

週刊少年チャンピオンで連載中の『バチバチ』。 大関の息子にして元不良の鮫島鯉太郎が 横綱の頂を目指して突き進む、長篇の相撲漫画です。 6巻にして、未だ十両すら天上人に見えるゆったりとしたペースは 横綱に辿りつくまで、何巻かかるのか? そしてそこまでに熱が続くのか?といった不安もある。 しかし、今だからこそ!という時流に乗った…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

週刊少年チャンピオン、『みつどもえ』三つ子声優で巻頭グラビア!

週刊少年チャンピオン愛読者にして、 声優・高垣彩陽愛読者。 そんな自分にとって2010年38号は記念号! 私的奇跡のコラボレーションと言える、 『みつどもえ』三つ子声優による巻頭グラビアが載っているのです。 思わず2冊買っちゃったYO! 秋田書店の公式ページによると、以下の通り。 TVアニメ『みつどもえ』三つ子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊少年チャンピオン『ハンザスカイ』バン・ザ・ガイ(番場は男だ)

今年始まった新連載が概ね好調な、週刊少年チャンピオン。 『ケルベロス』を愛しつつも、他の漫画も面白く 全体的にとても楽しめています。 ジャンプサンデーマガジンチャンピオン…今、一番好調なのは チャンピオンじゃないかな…。 そんな中で、好調チャンピオンを支える新興作品の一作で とても正調のスポーツ(空手道)漫画として歩みだして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊少年チャンピオンの2010「脱不良」志向?

最近絶好調!の無差別級まんが雑誌、週刊少年チャンピオン。 『みつどもえ』『侵略!イカ娘』といった小品がアニメ化されつつも 同時に雑誌全体のイメージが、一気に 若く猛々しい、それでいて通りのいい風になってきているのは、 正調のスポーツ漫画が『弱虫ペダル』『バチバチ』 そして新連載組の『ハンザスカイ』と 全弾命中しているのが大き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『みつどもえ』ドラマCD~伝説のはじまり~

アニメ放送に先駆けて発売され、 一足先に演技が聴ける!という 『みつどもえ』のドラマCDを購入しました。 いつも通りの前日購入(むふぅ)。 みつどもえ DRAMA CD 伝説のはじまりランティス 2010-05-26 ドラマ Amazonアソシエイト by ドラマCDに収録される話は以下の通り。 1. シザーマンは思春期 2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トラバ記事for『みつどもえ。』

この記事は、声優・高垣彩陽さんが 5月20日深夜、『みつどもえ。』というタイトルで ブログ更新するのでは?という論理的な予想に基づいた 先行型トラックバックを目的としていた、のですが 後述のパターンに見事にはまってしまい、別のタイトルでしたねえ(笑)。 ちい、まあ可能性があるとは思ってたんだよ(笑)。 それはそれとして、今週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑誌の懸賞当選…当選者の実名発表は廃止すべきである(笑)

今日、スフィアのNHKホールチケットが届くという事で、 お電話して運送会社さんにおこし頂いたのですが、 予想に反し、おっきめな袋と一緒に配達されてきました。 中身は時計。なんと、およそ半年前の懸賞が当選。 雑誌の懸賞が当たったのは、いつ以来でしょう。 『モンモンモン』の腕時計以来じゃないか…? って、何故モンモンモン。そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーニング『僕はビートルズ』 期間限定、作家・かわぐちかいじの潜在情報

『ピアノの森』が掲載されている時だけチェックする(おい) 『モーニング』で、このたび 巨匠かわぐちかいじ×新人原作者藤井哲夫という 異色の隔年タッグによる新連載 『僕はビートルズ』が開始されました。 『ヤングジャンプ』で行われたように、 鳥山明先生と桂正和先生が組むようなものも、嬉しいのですが そういう巨匠タッグは…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

週刊少年チャンピオン連載『みつどもえ』・TVアニメ版の主要スタッフが意外にガチだった件

ヤンキーとバトルで殆ど練成可能、と エルリック兄弟に言わしめた(?) 週刊少年チャンピオンにて好評連載中の、 ショート萌えギャグ漫画『みつどもえ』。 アニメ化情報が出た時から、最初は「どうせOVAだろ?」 次は「どうせニコ動アニメだろ?」「どうせ韓国制作(おい)」 などなど… 「どうせ」の連発で期待を下げてきたのですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マガジンSPECIAL『ベイビーステップ』番外編にみる『ときめきメモリアル』

「週刊少年マガジンの兄弟誌」を謳う 『マガジンSPECIAL』(月刊だから月マガの兄弟じゃないの?) に、『ベイビーステップ』が番外編として初登場しました。 こうやって、本誌とも言える週マガの人気作を持ってくる事で 何百万の本誌読者の興味を喚起するやり方こそが 「兄弟誌」の所以かもしれません。 実際、ここにホイホ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

月刊Vジャンプ・コミック版『エレメントハンター』(中島諭宇樹)第1巻

前回『ねこわっぱ』の記事を書いた際 同じ電光石火の打ち切り仲間で、かつ 「俺は期待してたんだよおお」仲間という事で 中島諭宇樹先生『切法師』の名前を出しました。 その際、検索によって 現在彼が『エレメントハンター』の 漫画版を描いている、と知り …期待打ち切り仲間として名前を出した手前(笑) 一応押えておくか、と今更購入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月刊コミックZERO-SUM『共鳴せよ!私立轟高校図書委員会』ドラマCD

『コミックZERO-SUM』で紙上販売され、 昨年注文してあったドラマCD 『共鳴せよ!私立轟高校図書委員会』が届きました。 ゼロサム作品は、おがきちか作品等 単行本組なので…ヒトコマたりとも見た事のない作品の ドラマCDを買ったのは人生初。 言うまでもなく、キャスト買いです。 まるで声優オタクみたいな購入動機だなァ ↑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊少年ジャンプ『ねこわっぱ』が終わったね…(´・ω・`)

週刊少年ジャンプの新連載『ねこわっぱ』が 「新」の字も取らないうちに終了しました。 全13話、10週前後という最速クラスです。 最速と言えば、F1、シューマッハの復帰楽しみですねー。 …っと。 現実逃避してみたところで、事実は消えません。 盛り返す事もない、相撲で言えば 「電車道」クラスの一気の打ち切りでした。 僕が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

頑迷固陋と罵られようとも、週刊少年サンデーの「クラブサンデー流し」制度に断固反対する

サンサンサン、サーンデー♪ 少年、サンデー♪ と、何故かドンキホーテのテーマで口ずさんでしまう程 週刊少年サンデーを愛するルイですこんにちは。 …ちょっと最近「チャンピオンオタク」状態なので ここらでイメチェンを図ってみた。 ら、なんか異様にワザとらしかった。 週刊少年誌は、四誌とも定期購読しているので サンデーにも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヤングガンガンのバレンタイン特別付録が豪華すぎて、チョコラテ吹いた

ヤングガンガン2010年04号を、付録ドラマCD目当てに買いました。 『はなまる幼稚園』の3人娘 =高垣彩陽さんが参加しているというだけで 迷う理由はなく、そこだけ確認して買ったのですが… それ以外も、なにやら凄い事になっていました。 とにかく、キャストが華やかなのです。 これぞまさに、ヤンガンスターシステム。 観てく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊少年チャンピオン『弱虫ペダル』オタクが主人公であることの、究極の意味

週刊少年チャンピオンにおける、新興エースの座を がっちり射止めた感のある『弱虫ペダル』。 今回に限らずずうっと素晴らしい連載の『ペダル」ながら、 RIDE95「百人目」がまた、更に素晴らしかった。 ここまで110回転のケイデンス(回転数)で、 既に十分凄いのに、 今回は更に30回転上乗せしてきた、 とでも言うような…ってそ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『はなまる幼稚園』柊ちゃんと高垣彩陽さんの、強烈すぎる縁

今月始まったTVアニメ『はなまる幼稚園』。 原作自体、なかなか興味深い作品で さまざまな変遷を経て、うまい事 現在の絶妙なバランスに到達したような、努力の作品なのですが …それはまたの機会に語るとして、今回は作中キャラ 「柊」について、当ブログとして 語るべき切り口があるので、触れておきます。 ここ、「声優・高垣彩陽さん応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊少年チャンピオン 新連載『ケルベロス』が素晴らしいから、今度こそ攻めろチャンピオン!

今週号から、新春新連載攻勢のはじまった 週刊少年チャンピオン。 第一弾として登場したのは、フクイタクミ先生の『ケルベロス』です。 少年チャンピオンといえば、いわずとしれた? かつて栄華を誇りつつも、今では 四大少年誌の中で最も小規模な、 表紙がバキばっかりな雑誌。 (あと、山本梓とか) 我が修行場「漫研」さん…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

漫画版『迷い猫オーバーラン! 』 矢吹健太朗先生のインタビューが突っ込み所満載な件

SQことジャンプスクエアで、連載が開始された 『迷い猫オーバーラン!』。 『紅』などに続く、集英社のラノベ →漫画・アニメラインとしてというだけでなく、 コミカライズ版を矢吹健太朗先生が手がけるという事でも 注目が集まっていました。 矢吹先生と言えば、『To LOVEる』を終わらせたばかりであり 次にどんなものを手がけるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『放課後ウインド・オーケストラ』全4巻 持たざる焦燥も抱きしめて

『放課後ウインドオーケストラ』を4冊纏め読みました。 「どこかで話題になっていたな…」くらいの、 ザックリとした引っ掛かりで一気読み。 4巻はあっという間ですし、面白かった。 面白かったというより、もっと当てはまるのは 特異…レアだなあという印象。 1つの類型を象徴するようなタイプなので「放課後~のように」 などと、引き合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月刊コミックラッシュ2010年1月号を、ドラマCD目当てで買ってみた

世に「漫画が好き」と言う人は星の数ほどいても その「漫画好き」が読んだ事のない雑誌も、星の数ほどある。 そんな当たり前の事実を改めて実感するきっかけとして 『月刊コミックラッシュ』なる雑誌を はじめて購入した俺、自称漫画好き。 月刊 COMIC RUSH (コミック ラッシュ) 2010年 01月号 [雑誌]ジャイブ Am…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more