高垣彩陽2ndシングル『光のフィルメント』発売!

ひか(↑)りのー。ひか(↑)りのー。
おっと失礼いたしました。鼻歌が止まらなくて。
11月17日、声優・高垣彩陽さんのニューシングル
『光のフィルメント』が発売されました!ドンパフー!
2010年11月をスフィア単位で見れば、日本武道館、フォトブック、
メンバー全員のシングルなどニュースは盛りだくさんながら
あくまで「高垣彩陽支持者」として観た場合、
これは日本武道館にも勝る、今月の目玉なのだ!

光のフィルメント(初回生産限定盤)(DVD付)
ミュージックレイン
2010-11-17
高垣彩陽

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 光のフィルメント(初回生産限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


今回のシングルは「プロの、エンターテイメントの1枚」となりました。
前回のシングル『君がいる場所』はデビューシングル。
どんな歌手であれ、「最初の1枚」は強く物語性を帯びるというのに
ましてや想い溢れる、高垣彩陽さん。
当然、記念すべき1枚目のCDは
彼女の全てが詰まった、己の名刺であり、所信表明でもある
とてもパーソナルなぬくもりに溢れた作品になった。

彼女はその高い技量によって分かりづらくなってはいるものの
根本的に「心の人」なので、それは正しい選択でしょう。
ただし、この方向性「だけ」で通すには、基本的には
自ら作詞や作曲を行う事で、パーソナル性を付加し続ける必要がある。
前作で行ったように、共作という形でも
究極的には、彩陽さんが作詞なりに関わっていくのが正しい形かもしれない。

ただ、現状はそうなっていませんし
また、高垣彩陽という歌手の技量や表現力を眺めた場合
敢えて、その方向性だけに固執する必要はあるのか?
といった問題も生まれてきます。
彼女の優れた表現によって
伝達者としての側面を強調する事も、また大変魅力的。
この道しか「選べない」人なら、選択は是非もないものですが
彼女は別に、歌えないから「寄りそうような歌にします」というか…
それのみに縛られる必要は、全くない。
そうなったのは本人の資質、それ以上に
これまで積み重ねてきた、本人の努力の日々によるもので
「高垣彩陽の武器は、一つじゃない」。

そんなわけで、前回のパーソナル色から一転して
今回は彩陽さんの「表現者」としての素養が
思い切り前面に出た1枚、と言えると思います。
高垣彩陽の進むべき道は、その轍は
この2本の線が基軸となるでしょう。
どちらを選ぶか、またはどちらよりを歩むか…
新たな曲が生まれる度に、僕らはそれをドキドキしながら追う事になる。

さて、肝心の曲について。
今回は「2曲目ヤマ」の構成です。
…10曲を超えるアルバムほどではなくとも
彩陽さんの場合、シングルも3曲収録。
2曲だと、表と裏!と単純な話で終わりがちながら
3曲は、「波(ストーリー)が生まれる最小単位」とも思います。
単純に言うなら、『君がいる場所』が
最初に掴みを入れて、2曲目でクッと落ち着け
3曲目で一気に盛り上げる構成、と考えた場合
『光のフィルメント』は、そのピークは1曲目でも3曲目でもなく
2曲目に隆起し、3曲目でじんわりと熱を発しながらも
フェードアウトしていくような…そんなイメージになるでしょうか。

『光のフィルメント』単体だと、もっと発散するメロディラインでもいいかも?
(特に、最後の一節。「君を」だけでなく「守りたいから」
 の「いから」あたり、もう上がっていっていいと思いません?)
…と、言う気持ちもないではないのですが。
間髪入れず流れる2曲目『Be with you』が1音目から全・開!な為、
全体のバランス、波(物語)として捉えた場合綺麗に収まる。
シングル曲なのに、2曲目が「顔」でいいのだろうか?
CMとかにも流れないし…という気はするけれど(笑)
再び「波」で考えた場合、
2曲目に合わせ、全体の水位を下げたのではなく
2曲目が素晴らしかった為、全体の水位が上がり
このバランスが形成された、と考えれば
ネガティブに捉える意味はなくなるでしょう。

『光のフィルメント』は、アニメ『伝説の勇者の伝説』2クール目ED。
何度か彩陽さん自身語られている通り、作品に思い入れがあり、
それぞれがすれ違ってからの本編の物語に近い歌詞もあって、
あまりに感情が入りすぎ、抑えて!
というディレクションを受けたという一曲です。
僕は、彼女の本質が「心」にあると確信しているので
抑えるとかもうバカ!もうバカ!…という気持ちもありますけど(笑)
ただ、それは僕らのレベルから見た「抑えて」であって。
彼女の感情の放出量からすれば、抑えてもそれは
我々の感覚では「発散」に限りなく近い。

この曲を聴くポイントは、そこだと思います。
流麗なメロディ・ラインで苦しい所もなく、
気付けばリピート中毒になってしまうほど「聴き易い」曲ではある。
けれどこの曲、例えばボーカロイドが歌っているわけではない。
人が想いを込めてアタックしている。
他2曲と比べ、綺麗な分そこが伝わりにくいと思うのですが
敢えて一小節ごとに、そこを意識しながら聴いてみるといいと思う。
最初の印象よりはずっと、抑えられたとは言っても
一つ一つに思いが込められた、感情的な歌だと気付くはずです。
僕がその発見をする上では、『伝説の勇者の伝説』のイベントで
生の歌唱を目に、耳にできた事が大きい。
「あ、この曲、最初聴いた印象よりアタック強いんだ」
と気付いた時から、曲の印象が底上げされた印象がありますので
是非その辺想像力を駆使して聴いてみてほしいですね。
PVの飾り気のなさも、この曲からともすれば隠れがちな
「感情」を強調しているように思います。

『Be with you』は…素晴らしい!とにかく素晴らしい!!!
いいんですかね、声優さんの2ndシングルの2曲目に入れちゃって。
サビのパワーは勿論、Aメロのリズムの刻み方もかなり表街道。
何故か、僕はこのリズムを聴いていると
飛行場のテレビドラマを思い出してしまうのだけれど(笑)
単純にディーヴァ曲として、普遍的なエネルギーがある素晴らしい曲です。
これ、タイアップのつけ方ややりよう次第で
高垣彩陽を押し上げる一曲になった可能性があるので
なーんか、こう、「ここで使う」事は
勿体無い気もしないでもないのですが(笑)。
出し惜しみは良い選択ではないですよね。

彩陽さんの現状の「売り出しかた」は
シングルだけじゃないよ!と言いますか。
3曲目のカバーコーナーに代表される、
「全体が楽しみ」:な人なので、2曲目に
こんな隠し玉があるのも、その印象を底上げする効果があるでしょう。
ただまあ、それにしても、今回この曲に関わった

作曲・飯田清澄さん。
アレンジ・齋藤真也さん。
ディレクションの菅原拓さん・城一真さん
チームとしては「directiv」さん。

このチームは大事にした方がいい…
彩陽さんの歌声に、軽さと力という
相反する要素を付与してくれる、とても素晴らしい組み合わせです。
歌詞はかなりまっすぐな、恋愛歌。
それも、楽曲の普遍性に手助けしていますねぇ。

『Oh Happy Day』。高垣彩陽恒例、3曲目カバーコーナー。
高垣彩陽ファン、おおかたの予想は
『Amaging grace』ではなかったかと思います。
以前イベントで歌われた、.本田美奈子さんバージョンの
感動的なカバーを忘れられない人も多いはず。
ただ、今回はやはり1枚目のパーソナル方面というよりは
全体、良い意味で商品的に計算された1枚ですから
その時収録された『You raise me up』とある種同質な
重みを持つ、アメイジング・グレイスは避けたのではないでしょうか。
結果的に、今回は陽性のエネルギーを持つ
『天使にラブソングを2』劇中ゴスペル、『Oh Happy Days』と相成りました。
まっすぐに日々の幸せを歌うのは、まこと彼女らしい。

ゴスペルは黒人霊歌、生活の喜びや悲しみを
そのまま直裁に、神に捧げる魂の歌で
ソウルミュージックなどの生成に大きく関わった、
根っこのジャンルの一つ。
レイ・チャールズは、「聖」のゴスペルを
「俗」のリズム&ブルースと融合させ
ソウルを発明した、そんな言説もあります。
その特質は、誰もが口ずさめる事にありますから
(そりゃそうですよね、皆が教会で歌うのだから)
メロディに余りヒネリがないのが特徴となっている。
この手の歌は、全体的に似た構成を持つ事が多く
ゴスペル的素養を持つポップミュージック、
元ビートルズ・ジョージ・ハリソンの代表曲
『マイスウィートロード』も、キーを下げたら殆ど同じですよね。
それはもう、そもそもが現代の
オリジナリティを求めるポップミュージックとは
生成目的が違うからして「ベタ」「似た曲」は
何の批判にもならない、という歴史から来ています。

My sweet lord - George Harrison

ジョージ・ハリソン歴史的名盤『All things must pass』の冒頭曲。
これのキー上げバージョンを彩陽さんに歌ってもらっても良かったなー。
「ハレルヤ」「ハレルヤ」言ってるし。

オール・シングス・マスト・パス ~ニュー・センチュリー・エディション~
EMIミュージック・ジャパン
2001-01-24
ジョージ・ハリスン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オール・シングス・マスト・パス ~ニュー・センチュリー・エディション~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


高垣彩陽という人は、基本的に
高い能力が、自分の邪魔をする…というと言葉が強いけれど
できる事が多いゆえに、逆に本当の長所も
器用さの中に含まれてしまうというか…
そんな側面があると思います。
役者としては声色が多いがゆえに、声色は結果に過ぎず
何よりキャラクターによりそっている、
彼女の本質的な情を軽く観られる事もあるし
歌でいえば、七色の歌声状態のキャラクターソングの実績により
聴き手どころか、彩陽さん本人までも「高垣彩陽の歌とは」を模索する事になったし
ハイトーンのファルセットという武器が代名詞になった今は、
今度はそこに「縛り」が入る。

苦労が絶えない人です(笑)。しかし
今回は、ゴスペルソングという選択をする事で
彼女の力のある地声領域を活かした歌になっています。
高音も魅力的ながら、それを支える
低い音でのハッキリとした力、滑舌は
高垣彩陽を語る上で、欠かすわけにはいかない要素。
『You raise me up』の印象と組み合わさる事で、
彼女の全体の印象がまんべんなく補強されるようになっています。

最初に2本の轍と書いたり、今You raise me upとの兼ね合いで考えたり。
そう、高垣彩陽という歌手は『君がいる場所』と『光のフィルメント』、
この性質の異なる2枚の組み合わせで、
スタートラインに立ったのかもしれませんね。
この先、カバーに日本語詞も含めるのか、といった
様々な選択はあると思いますが、基本はここで開帳。
足場を整えた彩陽さんの、今後の歩みが実に楽しみであります。

とりあえず、日本武道館では何歌うのかなああ!


http://twitter.com/rui178 
時々壊れた機械人形のように彩陽さんの事だけ語っていたり
全然関係ない事を呟いたりしています。

"高垣彩陽2ndシングル『光のフィルメント』発売!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント