週刊少年チャンピオン 新連載『ケルベロス』が素晴らしいから、今度こそ攻めろチャンピオン!

今週号から、新春新連載攻勢のはじまった
週刊少年チャンピオン。
第一弾として登場したのは、フクイタクミ先生の『ケルベロス』です。
画像


少年チャンピオンといえば、いわずとしれた?
かつて栄華を誇りつつも、今では
四大少年誌の中で最も小規模な、
表紙がバキばっかりな雑誌。
(あと、山本梓とか)

我が修行場「漫研」さんでの
辛く愉しい毎週の少年雑誌チェック遊戯
今週の一番」では、伝統的に
「お前ら少年チャンピオンに甘いんじゃね?」と言われたりしています。
でも、本人たちにそんな意識はなくて
試しに600回から620回までで、チャンピオン作品が取った回数を見ても
…7回…多いな?(笑)

コホン。

えー、チャンピオンに甘いのですが←おい!

甘いというか、「勿体無い雑誌」なので、
それが色々な面で影響している気もします。
物凄く面白い連載も載っているのに、それが全体イメージに波及しない。
今でさえ守りに入るような部数じゃないくせに、
バキやドカベンを表紙にした、保守の香りを雑誌側が出してくるから
全体の印象がナカナカ刷新されません。
一部はとても面白いけれど、一部は本当どうしようもなくて…
その辺の「どうしようもない」ものとの
相対評価が無意識の内に行われ
チャンピオントップ勢に甘いのかな、という気もしないでもない。

けれど、チャンピオンの面白い作品は、本当に面白い。
少なくとも、今少年誌で最も熱い連載『弱虫ペダル』があって
弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
渡辺 航

ユーザレビュー:
少年漫画として、自転 ...
マガジンのほうよりマ ...
「バカにするな、バカ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

※ワンピース?あんな化け物、例外ですよ、例外(笑)。

今少年誌でもっともいかがわしい、ハッタリの効いた漫画
『ギャンブルフィッシュ』もある。
GAMBLE FISH 1 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
青山 広美

ユーザレビュー:
素晴らしい作品ギャン ...
顔見せ週刊少年チャン ...
もろに追従ライアーや ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

そこに最近では、スポーツもので『弱虫ペダル』だけではない!と
これまた灼熱の、相撲再評価マンガ『バチバチ』が登場。
バチバチ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
佐藤 タカヒロ

ユーザレビュー:
熱さMAX!!!!! ...
何度も読みたくなる相 ...
面白いけれど少し、展 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

(エンジェルボイスなんかも面白いんだけどね。ルーキーズ的で)

他にも短編でキラリと光る『幻仔譚じゃのめ』
原典を見事に新訳する事に成功している
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』
(車田先生の聖矢がたまに始まると、
 どっちが本物かわからなくなるw←)
萌え系の小品では『みつどもえ』
などなど。数は揃ってきていて
あと数発!という感じもあるのですよ。
思わず応援しちゃいますよね。
今がまさに、勝負時なんです。

→ところが、こういう時に限って
秋の新連載がしょうもなかった。

秋新連載がしょうもなかった!!(二度目)

もう、秋の新連載に関してはね…
漫研でも、さんざん
「週チャンの新連載や打ち切りはダーツで決められる」
などと揶揄してはきたんですが、もう、ほとんど正解だろと。
『出陣!!武将頭高校排球軍』はね、
軽く週刊少年マガジンの『ぼくらの戦国白球伝』あたりを思い出しつつも
ギャグに振り切れないのが逆に良くて、
スポ根ものとしていい構造を持っている作品を
突っ込んだら負け状態の変態たちで行う、という所に
味わいがあって、面白かったのだけれど。
『ガリガリ』と『ネコチワワ』を同じ時期に連発するって
もうね、バカかと。アホかと。
両方ゆる不良系なんだからせめて競わせて1つ選べと。
そもそも競ったらどっちも淘汰されて然るべき出来だろと。

そんなしょっぱい新連載攻勢の中、定期的に出てくる短期集中連載は
(というか、そもそも連載と集中連載の線引きが曖昧)
『ヘレンesp』とか『任侠姫レイラ』とか、味わいがあって
読みきりでも『アフロボマー』とか、シュールさが気になったし
つうか、それを言い出すなら
『トリガートリガーハッピー』の人どこいったの?orz
※コマ割とかも刺激的で(若干アメコミ調?)
 かなり面白かったのに…タランティーノ的で
…などなど、才能がいないわけじゃないのに、何故か
誰がどう見ても、才能順にチャンスが与えられている気がしない
そんな謎の愛すべき?雑誌、少年チャンピオンは
とてもレベルの高い、M的快感を与えてくれる雑誌なのでした。

とはいえ。
さすがに今春の新連載は、重い腰を上げるようで
次週は『無敵看板娘』の佐渡川先生
(『パニッシャー』は大凡作でしたねえwあれで懲りて
 日常に回帰するなら、まあイケるのでは)
そして1週目は、面白かった短期集中連載のうち一本
『ジョギリ屋ジョーがやってくる』をマイウェイに描ききった鬼才
フクイタクミによる『ケルベロス』というわけです。
秋口からずっと『弱虫ペダル』が絶頂期で頑張ってくれている今
追随する作品群を用意できなかったら、殆ど犯罪です(大袈裟)。
秋は全力ですっころんだので、今度こそうまくやってもらいましょう。

と、いうわけで。
前置きが長くなりましたけど…
この『ケルベロス』が
とても、とてもいいですね、というお話。
『ジョギリ屋』のイメージからはガラッと変身、
連載用の王道契約ヒーローものにシフトしつつも
地力はしっかりと感じさせてくれます。
ジョギリの時は手塚短編なんかをイメージしていたのに
連載となると、『うしおととら』の
藤田和日郎っぽかたりもして、未だに底が見えません。
この才能、大事に育てて欲しいものです。
ダーツで簡単に打ち切っちゃダメよ~。

さて『ケルベロス』ですが、ちゃんと計算がある上で
感情も乗っていて、スバラシイ一話でした。
『ジョギリ屋』という作品は、説明を放棄した作品というか…
『そういうものだ』という
言い切りで押し切るエネルギーがある作品で。
それはそれで、味わいがあって良かったのですが
さすがにそのままで新連載は難しい!という事になったか
今回は、まず感情移入対象である主人公の
戦う理由、動機を詰めよう!としたのでしょう。
そこで

「絶対に負けられない戦い」とはどんなものか?

という問いかけをガッツリ行い、
突き詰めるあたりが、凄いなと。
巷では某サッカーがらみで大量に消費された言葉ですが
この作品の主人公、十三塚景は基本「非暴力不服従」
・・・って、そう書くとガンジーみたいでなんか違うな(笑)
一応殴って、逃がして、怒りの矛先を全部我慢してやり過ごす、と。
ともかく、自分の望みを通すには
力は要らない、という事に気付いていた。
画像

これは、間違った主張ではありません。
特に現代社会では、そう。
この平和な社会で、力がなくても守り通せる事は、沢山あります。
かなり不器用な生き方ですが、
それで景がこれまでの生きてこれた事自体
「強さなんかいらない」の1つの証明になっている。

しかし、その上で。
力がなくても守ってこれた何年もの日々を、前提とした上で
「力がないとどうにもならない」状況をドカンと置いてくる。

つまり
「絶対に負けられない戦い」なんて、殆どない。
↑これを前提条件で出してくるのが凄い
しかし同時に
「絶対に負けられない戦い」は、
誰にも、必ず、確実に、どこかで、ある。
それが彼にとって「ここ」だった、という話。

画像

この、長年己を形成してきた価値観を
絶対的な力、というものでぶち壊される衝撃。
魂レベルから「力が欲しい」と望む気持ちが
読者の胸にも迫ってきます。
今『デビルマン』のような物語を描くなら
このレベルまで、強烈に動機を詰めないといけない。
その事を理屈で詰めながら、感情で押し切った
すばらしさ。
画像

墓守となる事が今後何を意味するかなんて、関係がない。
今まさに大切な幼馴染の命が消えようという
彼にとっての「是非もない時」、その説明を遮ってまで
性急に「力」を望む。それはそうでしょう。
自分のこの先を案ずる事なんかより大切なものが、この世にはある。

思い出すのは『コードギアス 反逆のルルーシュ』第一話。
銃口を向けられたルルーシュが、自らの終わりを感じ
「ナナリー…!」と叫んだ、あの時と同じような
魂の底からの力への渇望を感じ、心が震えました。
しかも、景の場合、ルルーシュ以上に諦めず
ケルベロスの声があろうがなかろうが、突っかかったでしょう。
まさにこれこそが、少女を守る少年に必要なモチベーション。

「力がなくてもそこそこやれちゃう現代で、
敢えて力を欲するってのは、
ここまでいかないと、嘘だ!!」

というフクイ先生の叫びが聞こえてくるようです。
昨今、ここまで主人公の動機が「離陸」する事に対し
血反吐はくような一話を組む人は、いなかったですねえ。
物凄い、厳しい自覚です。感服しました。

第一話、62Pという事で
贅沢を言えば、敵を滅ぼすあたりまで
描ききって欲しかった感はありますが、
じゃあ前半を詰めたらどうなるか、というと
最も大切な、景の動機
そこに関わる、ヒロイン友恵との絶妙な空気が削がれるだけなので…
基本はやくはやく!な僕も、今回は望みません。
大切なのは景の生き方の確認と、友恵との空気。
この女は俺が守らなきゃ、という実感。
その2つが達成されているので、言う事ない一話でしょう。
これが、現代のヒーローマンガに求められるテイクオフだ!!
なんかもう、あんまりにも気に入ったので
他の良かった部分も書いておきます。

・画

感情の乗った線入りまくりの画がある一方で
手癖ですが何か?みたいな、ラフな表情画なんかもあって
物凄い起伏。
画像

…の時の友恵の描き方いいです、力感なくて。
メリハリが効いてるんですよね。
全編濃い筆致だと、暑苦しいですし。

・呼び方
画像

回想シーンでの呼び方は
景「友恵」
友恵「景」
なのに、本編では
景「鶴原」
友恵「十三塚君」になっていて…
でも、観ていてわかる通り、疎遠になったわけではない。
これは思春期を経て、距離が余りになさすぎた
幼馴染の異性と、男女としての関係を再構築するにあたっての
ステップなんですよね。細かい!
呼び方は距離をとっても、大切さは変わっていないという…
それが互いにとってそうだ、というあたり
キュンキュンします。

・ありがとうよ
画像

実は物凄く好きなコマ。
ここで「ありがとうよ」って書ける人、
藤田和日郎先生以外にいたんだなぁ…
まあ、あの人だと「ありがとよう。」か(笑)。
もう、このコマだけで2人の関係が滲み出てきますよね。

・タダおかねえぞ
画像

それ以上友恵に何かしやがったら
タダおかねぇぞテメぇ!!


タダ「じゃ」が無いのがねぇ。
人が本当に激昂した時って、こんなもんでしょう。
そしてお互い危機的状況になって
呼び名が「景」と「友恵」に戻っているという

・・・・・・・・・・・・おわあああああああああ!!!
(発狂している)

素晴らしい作家の、素晴らしい新連載第一話です。
よし、チャンピオンよくやった!秋は許す!
残りの連載もしくじるなよ!
僕はチャンピオンを贔屓します!←

"週刊少年チャンピオン 新連載『ケルベロス』が素晴らしいから、今度こそ攻めろチャンピオン!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント