雑誌の懸賞当選…当選者の実名発表は廃止すべきである(笑)

今日、スフィアのNHKホールチケットが届くという事で、
お電話して運送会社さんにおこし頂いたのですが、
予想に反し、おっきめな袋と一緒に配達されてきました。
中身は時計。なんと、およそ半年前の懸賞が当選。
雑誌の懸賞が当たったのは、いつ以来でしょう。
モンモンモン』の腕時計以来じゃないか…?
って、何故モンモンモン。そして何故時計ばかり。

時計との奇縁も気にかかりますが、
それにしてもその当時との一番の違いと言えば、
当選した瞬間喜びだけだったあの頃と異なり、
それと同時に個人情報の漏洩(大げさ)を危惧してしまうことなのでした。
いや、名前だけでは金も借りられませんが、しかし
子供の頃、あるいは情報に無頓着だった数十年前とは違う。
これはねぇ…前時代的じゃないかなぁ…というわけで
当選者がその身を晒して叫びますよ!

雑誌懸賞の実名発表はやめようか!まじで!

※調べればバレますが、わかっても言わないように(笑)。

ちなみに当たったのは『新新宿駅企画課あるぷすひろば』の壁掛け時計。
画像

月刊コミックラッシュ2010年1月号を、ドラマCD目当てで買ってみた
↑これの一発必中です。なんてこったい。
確か高垣彩陽さんのサイン入りグッズがなかったから(←馬鹿)
とりあえず一番彼女に近いものを応募したのですよ。
主人公のみらいが描かれていないということは、みらいの時計もあるはずで
その中で彩陽さん演じる関空はるか(黄色い髪の子)側を引き当てる
俺の引きときたら、もうどんだけ凄いのか凄くないのかわかんないぞと。
何度か書きましたが、
個人的に関空はるかの演技が好き、と言ってきただけに嬉しさもひとしお。
よーしサイン会の機会があったらこの時計持参して書いてもらうんだ(?)。

と。

ここで声優雑誌のサイン入りブロマイドを引き当てないあたりの
僕の謙虚な、距離を取った引きが
なんていうの?まさに僕のあやひーに対するスタンス
「滅茶苦茶ストーキング気質に見えるのに
実際は崇めまくって距離置く」という、そんなスタンスに近いっていうの?
…なんてジョークはほどほどにして。

もし、ここで声優雑誌側を引き当てた場合、
さすがの僕も記事にせず、胸にしまったままだったかもしれません。
世に出ている雑誌という点では、どちらも違いはないとはいえ
声優雑誌は、僕の仲間にしてライバル「高垣彩陽ファン」が
普通に皆買っているわけです。それはさすがに臆病になってしまう。

偶々ブログを開設しているわけですが
そこまでしていない人も、実名がブレーキとなり
当選した喜びを語ろうにも、名前を晒すのは警戒してしまうから
とりあえず匿名掲示板で自慢してみる…といった
切ない喜び方しかできない事もあるでしょう。
これは、どうなんだと。
当たった喜びは、素直に表現させられるようにしてあげたい。
そう考えた時に、雑誌懸賞の実名発表というものは
あまりにもメリットに乏しい…どころか、
デメリットが大きいのではないか、と思わざるを得ないのです。

子供の頃、腕時計を当てた時はとても嬉しくて
友達に自慢してみせたものです。
それはまるで、力士が番付表に載った
自分の名前を観て喜ぶが如し
…力士になったことないから、相撲漫画の受け売り(笑)。

バチバチ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店
佐藤 タカヒロ

ユーザレビュー:
良くも悪くもベタです ...
心底震えが止まらない ...
熱さMAX!!!!! ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

『バチバチ』最高や!知ったのは
ビッグコミックオリジナルの『おかみさん』でだけど!(笑)


つまり、名前が出て嬉しい人というのも確実にいる。
なら、彼らの名前を敢えて隠す必要もないでしょう。

しかし、エロ系雑誌ならどうするのか!!(なぜか力説)
いい大人は徐々にそういうものに警戒するもんじゃあないか!
あやひーが自分関連のグッズに応募したくてもできないじゃないか!

…最後のケースは置いといて。

そんな時のために存在する代案、
「当選は発送をもって代えさせていただきます」もあるとはいえ、
それはそれで不透明さが残るだけに、
できる限り発表自体はしてほしいのです。
発送をもってパターンと、署名を必要としない投函レベルの品が組み合わさった場合
ぶっちゃけた話、配達員が懐に入れても
気づく方法がありません!本当に!

なら、素直に
「ペン(ニック)ネーム表記、表記がない場合実名」でいいじゃないかと。
いやむしろその何がいかんのかと。そう思わずにはいられない。
実際にそうしている雑誌もあるかもしれませんし、
手間も極端に少ないですしね。全雑誌そうしてください!!

ちなみに、こうした場合のメリットとデメリット。

○メリット
・実名公表の気兼ねなく応募できる事で、応募数の増加が見込める
 これはどれほどの差が出るかは微妙なところですけど、
 心配事を減らしてあげることが悪い事なわけがない。
 特に雑誌の懸賞というものは、
 基本アンケートハガキで応募するものですから
 データを集める上で障害になりうるものを外すという意味があります。
×デメリット
・転売に対する抑止力が弱まってしまう?
 オークションに毎日出品される、プレゼントもの。
 しかし雑誌に実名があるとなると、
 気持ち的に尻尾を握られているようなもので少し動き辛い…
 かも、しれません。正直出品者はそんな事気にしない気もしますし
 なんなら、当選者の名前を品に直接書いてしまえばいい気もしますが。
 
・ひょっとしたら、名前がかぶってしまうかもしれない
 当選発表に俺の名前が載っていたのに!来ないじゃん!
 …という問題が発生しうるのがデメリット。
 そんな事言い出したら、実名でも可能性は残るんですけどね。
 都道府県、年齢、あるいは電話番号の下2桁…
 それらの情報と組み合わせる事で、
 殆ど重複の可能性はなくなると思います。
 さらに、「俺○○ってニックネームで応募したモン!」
 という嘘つきクンが

 いるか?(笑)

 極端な話、編集部側と応募した本人にしか知り得ない部分ですが
 ゴネられた時の為に、ハガキを保存しておく必要が出てしまうかな。
 その辺、低い可能性とは言え
 要らぬ荷物を背負わざるを得ない面はあるかもしれません。

その他、例えば雑誌にIDを刻む事などで
一つ一つの雑誌を個々に判別できるようにする手もあります。
前述のエロ雑誌はこうですかね!なんで知ってるのだろう!(笑)。
ただ、この場合の基本は「雑誌を買う事それ自体がプレゼント応募」。
年賀はがきのお年玉番号のようなものですから、
アンケートのデータ収集を目的とするやり方とは根っこから異なりますし
部数が多い雑誌ほど、無駄に費用がかかってしまうでしょう。

こう考えていくと、実名掲載というのは、つまり
読者側に気を使わず費用も手間ももっともかからない…

雑誌上位、お大名様感覚の名残なんですよーーー!!!!
※文の流れ的に大げさに言っています

今は競争の時代、言葉だけでなく、文字通り「お客様は神様」の時代です。
客が気持ちよくハガキを投函できない部分は、すべて変わっていく必要がある。
正直言って、とっくに適応していて欲しい事ではありますが
もういい加減、実名オンリーによる懸賞当選発表は廃止して頂きたいな、と
切に願っております。あ、名前調べないでください(笑)。

まあしかし、それはそれとして
新新宿駅企画課あるぷすひろば (CR COMICS)
ジャイブ
水越 保

ユーザレビュー:
鉄道ファンのみなさん ...
ウンチク語るマニアは ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

買うの忘れてたけど、
こんな直筆CASIO時計まで頂いちゃったら、そりゃコミック買わないといかんな(笑)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック