地獄のi-Phone事故破損→故障→交換顛末紀

iphoneを壊してしまい、新品と交換しました。
正確には、落下による液晶ディスプレイの破損。
ソフトバンクショップに持ち込んだ所
かなりギリギリの所での大バトルが展開され…
時間と精神と健康と引き換えに、凡そ5万円の追加負担を回避。
なんとか当初想定していた
「22800円」での新品交換と相成りました。
この経験談を
今後、i-Phoneを破損する全ての人に捧げます。
…いや、そんな人出なければいいと思いますけど(笑)
以降、全て脚色なく、事実そのままです。

先に言っておく!
あの人達(ソフトバンクショップ店員)は、魑魅魍魎と思え!
獰猛に、しかし冷静に、敬意と敵意を持って理屈で戦え!


今年の6月以来、iPhoneに夢中でした。
たとえ、声優・高垣彩陽さんを応援する上で
彼女の所属するユニット、sphereのモバイルサイトが
iphone完全非対応!
今後ライヴの先行予約も行うのかよ!
最新機器の切捨て反対!!!orz
…という、過酷な状況にあったとしても(笑)
iphoneをやめる、という選択肢は存在しない。
iphoneを手にしたその日から
他の機種に変更する、という考えが消えている。
それくらいにはベタ惚れ。
せいぜい通話用に別機種を購入しての
二台持ち、という選択肢が残るくらいですが
iphoneはもう、そこまで未熟な機器でもない。
モバイル対応はともかく
(敢えて機能落とせって言ってるようなものだし)
おサイフケータイに関しては、現在水面下で
面白い動きがあるようですし
致命的な弱点「バッテリーの持ちが悪い」に関しては、

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2S KBC-L2S
三洋電機
2007-12-11

ユーザレビュー:
故障と修理購入から約 ...
ラッキー旅先でこのエ ...
すばらしいですKBC ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この手のスーパーアイテムを買ってしまえば気に病む事もない。
※超オススメ。単純にバッテリーが三倍になる感覚。
 USB充電できる機器には殆ど対応。
 リチウム電池なので、500回くらいはもちますし
 放電もあまりしない。

ユーザーに多くのカスタマイズ性を残しながらも
芯に一本キッチリと通った「快適さこそ正義」という哲学。
こんな完成度の高いガジェット、そうそうお目にかかれねぇ…
というくらいの、優れモノです。断言できる。

が!!!

その素晴らしき機械も
ひとたび壊れると、途端に面倒な事に。
今回は、体験したこの悲喜劇を晒すことで
今後iphoneを壊した方への道しるべになることを願い
同時に、iphone欲しいけど
壊した時どうなんのかな~、的な不安にも
1つ回答を提示しようと思います。

・iphone画面は割れやすい

携帯電話全般、この危険性を常に抱えています。
しかもiphoneは、タッチパネル採用によって
表面の90%が液晶画面、という
徹底した小型&大画面両立アイテム。
現在の舗装された道路は、携帯にとっては凶器。
簡単な話、「落とせば、数割の確率で壊れます」。
液晶面が最初に触れたら、ほぼアウト。
iphoneを落とした事は、実ははじめてではないものの
こうして落下破損してみると、改めてその
単純すぎる事実に思いが至る。
今回、その経験を元にケースを購入致しました。
基本の基本ではありますが
高額商品であるから、なおのこと。
裸族で称えられるのは、未開文明の民族だけです!

1・iphone買ったなら、ケースも買おう!

また、このときの超個人的体験に基づいて
1.25・iphoneをポケットに入れるなら、浅いポケットはダメ!
であるとか
1.50・Bluetooth(近距離無線)のカナル型イヤホンを使っていると
どの瞬間、どこで落としたかが判別できず
かなりドキワクできるぞ!!
であるとか(笑)
そんなものも記しておきます。
Bluetooth、無線通信だけあって
数十メートル無線繋がっちゃうので…(笑)
ある瞬間に音が切れる→本体確認しようと思ったら無い!
と。この時の血の気の引き具合は半端なかったですよ。
足元に落ちているとは限らない、という。しかも夜道。
あれからiphoneを発見するまでの数分間は、
物凄いスリルのお宝探しゲームでした(笑)。

…などと今は平和に振り返っておりますが
ここで象さん(?)、或いは自動車・バイク等に轢かれた場合
かなりの確率で全壊ルートですので、お気をつけ下さい。
実は車道に落ちてた…うひぃ、危なかったorz
有線イヤホンの場合、とりあえず引っ張られる感覚があるから
ここまで愉快な体験はできないですよね。
ちょっと得した気分。
↑超結果オーライ&ポジティブシンキング

・外は貧弱ゥ、中は丈夫ゥなiphone

拾ったiphoneは、表面の画面が
蜘蛛の巣もハダシで逃げ出すほどの割れっぷり。
画面を見た瞬間は、現実感覚が乏しく
「ああ…アトラク=ナクア(蜘蛛女)の話題を出すのは
ここだったなぁ…」などと、
意味不明な事をぼんやりと考えていました。

デジカメを引っ張り出して撮るほどの精神的余裕もなく
ネットで、当時の状態に近い画面を探してみたら
画像

これが近い。
フフ、あの時の画面を触った時のザラついた手触り…
思い出すね、フフ…

orz

ネットで色々調べると
iphoneには、
・修理という概念が基本存在しない(新品交換になる)
・ヒビ一本を越えた時点で保障外(保障の意味ねぇw)
修理費用は、程度により二段階
という事が判明。
費用について公式なページでなく、人様のブログが
最も纏められている、というあたりが
既にappleとソフトバンクのアレな部分が垣間見えます。

負担が嫌なので、多少のガラス割れ程度で
使用自体は大丈夫、タッチパネル使用可能という人
=表面のガラスパネルだけが壊れたラッキーマン
は、フィルムなりを貼って凌いでいるようです。
しかし僕の場合、画面が映らない
=表面のガラスパネル、内側のタッチパネルを越え
中のLCD液晶まで壊れたアンラッキーマン
ですので、そうもいかない。
電源を入れても、白い画面が映るだけ。
液晶全滅。このままではiphone、
電力を無駄に使う懐中電灯にしかなりません。
…ある意味オシャレな気もしますが。
「えー、何、マジイカすー!
あなたiphoneなんてナウいカイキー使ってるのに
灯りにしか使ってないの!?素敵!チュ(キス)!」

みたいな(色んなツッコミ不要)。
そんな妄想にしか存在しない美女を待とうかとも
思…いやさすがにそれはカケラも思わなかったので
即交換へと行動開始。

とりあえず、充電などが使えるのかどうか
PCのUSBに繋いでみますと
中身は完全に無事である事が判明。
PCのitunesを使い、曲も写真も再生できる。
単に液晶&タッチパネルが破損している為
iphone自体へのアクセス手段&確認手段がなかっただけ。
大喜びで、itunesで気軽に行えるバックアップを開始。
数分程度で済みますし、購入したアプリケーションなり
メールなり設定なりをバックアップしてくれる。

※余談ですが、ipodの曲だけは何か間違えたらしく
 バックアップ時カラになっちゃったのですが…
 まぁどうせPCにほぼ全てのデータは入っているし
 未だ面倒で、趣味の音楽は殆ど入れられず
 殆ど高垣彩陽さん絡みの
 曲やラジオしか入れていないので(笑)
 元に戻すのも、さして大変ではないでしょう。

2・バックアップは数日置き、せめて週置きにしよう!

iphoneの場合、itunesに繋いだ際
「ついで」で行えば良いので
その手軽さは、他機種とは比べ物にならないほど。
その手軽さゆえに、ついつい怠りがちにもなりますが
これはある程度定期的に行っていた方が良いです。

バックアップも完了、後は本体を交換してもらうだけ。
朝イチでソフトバンクショップへ行き
「画面が壊れてしまった、中身は無事のようです」と話すと
おそらく費用は22800円、と言われた上で
細かい確認をするため、時間を置いてから
再度来店下さいと言われます。
iphoneを買ったソフトバンクショップに行った為
顧客情報は普通にあるような気もするのですが
身分証明書や名前、電話番号だけではなく
買った時の書類も持ってきてください、と言われました。
このあたり、店によってマチマチな気はしますけどね。
印象として、
ソフトバンクとAppleが直で繋がっているわけではないので
ソフトバンク側がビクビクしているというか…
確認を密に行わないと、ズレが出た時負担なりは
店側が負わされるのかなと。それくらいの警戒ぶりを感じました。
これまで、何かマズイ経験でもあったのでしょうか。
まあ、一応ですが
3・現金と、購入時の書類は全部持っていく

iphoneは店に預け、一旦退店。
半日不便ではありましたが、そんなものは
午後に再度訪れてからの苦労と比べれば…

・ソフトバンクショップの他人事対応

まず、朝に担当してくれた男性の店員が登場。
男性店員A「申し訳ございません、実はあの後調べました所
 どうやらこちらになってしまいそうでして…」

こちら→手元の資料の、22800円の下の段

77490円

三杯目でもなんでもないのに
手元の資料をそっと出しする店員に、
日本人の奥ゆかしさを見た。

…じゃ、NEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!

差額の5万5000円もあれば
XBOX360買って
そこで出るあやひー版のアニメ準拠phantom買って
PS3買って
そこで出る『人喰いの大鷲トリコ』
を買えるだろうがああああ!

※やけに具体的

以下、自分=ルイ 相手=店Aで。
ルイ「えーっと…(頭を指で押さえながら)
 どのあたりでそう判断されたんですか?
 午前中、22800円というお話でしたよね?」
店A「はい、わたくし個人としましては
 それでいいと考えたのですが
 (個人感想なんか知るか!wと思ったがこらえる)
 店全体の判断としまして、これはちょっと
 こちら(77490円)になってしまいそうかな、と」
ルイ「いやだから、何をもってですか?
 午前中に状況についてはお話しましたよね。
 何か虚偽の情報でもありましたか?」
店A「いえ、そういうわけではないのですが
 私どもはApple社ではないので、
 直接判断する権限はないんですね。
 で、一応Apple社から判断基準となる資料を頂いてまして
 (写真つきのカラー資料を見せられる)
 こちら=軽度の損傷と
 こちら=重度の損傷
 で比較した時、どうもこちら(重損)になってしまいそうかな、と)
ルイ「しまいそう…って、あなたがたは憶測で
 客の負担を5万円増やすつもりなんですか?」
店A「はい、しかしお客様のiphoneを確認させて頂きますと
 9箇所ほどに圧力がかかり、画面全体が割れているという事で
 このAppleの資料にある軽度の損傷の写真と比べると
 単純に、凡そ9倍の損傷がありまして…
 これではちょっと、店全体の判断としてはそうなるかなと」

ヤケに「店全体」を押してくる(笑)。

ここで見せられた資料の「軽度の損傷」写真は
確かに画面の右上半分くらいの、軽微なヒビ。
しかし一方で「重度の損傷」の写真は
iphoneが砕けているようなもの。
このあたりで、基本的な店の狙いなり
このシステムの欠陥は掴めたので
トコトン突く事にする。

ルイ「店の総意でそんな判断を下す事が
 信じられないと思っているから、今こんな
 やりたくもないクレーマーじみた事をしているわけですけど…
 こちらの資料を読ませてもらいますと
 軽度の方には『修理可能な損傷』と書かれてますよね。
 重度の方は『二つ折などの重大な損傷』。
 明記はされてないですけど、この文面でいくと
 重度の判定は修理不可能かどうか、という事になりますよね?」
店A「そうなりますかね…」
 (だから推測で店側が受け答えすんな!と思ったが我慢w)
ルイ「それで僕のiphone、どのあたりが修理不可能なんですか?
 itunesに繋げます、充電できます、ipodもPCで再生できます。
 つまり内部のCPUなりHDDには何の問題もないという事ですが
 これは、修理不可能な状態なんですか?」
店A「はい、しかしわたくしどもとしましては
 この資料から判断するしかなく、
 後から負担が大きくなりました、と
 追加請求するような状況はなるべく避けたいので…」
ルイ「…ええっと…(こめかみを押さえながら)
 それはつまり、100%軽度とは限らないから
 重度の可能性がある限り、その金額を払えと?」
店A「そういう事になりますね」
ルイ「最初に確か、どちらかといえば重度、という風に
 重度寄り、という判断をされたのだと窺いましたが
 今の説明だと、単に
 『100%22800円だと言い切れないから
 とりあえず77490円払わせておこう』
 と言っているようにしか聞こえないのですが、
 それはどういう事ですか?」
店A「あくまで当店では判断しかねるという事で。
 もし軽微であるとApple側が判断したならば
 差額分はお返しするということで…」
ルイ「そんなの、払った後で
 こちらが確認する術はないじゃないですか。
 あなた方が重度と言い切ってしまえばそれまでの話でしょう。
 そもそも数%の可能性を捨てきれない、という理由で
 77490円払わせようという事自体、信じられないですけど
 僕が観る限り、その前提自体が間違っていて
 『数%どころか、重度損傷の可能性はまるでない』
 と、資料を読んだ限り思えるんですが」

このあたりで奇跡その1発生。
なんと突如、SMSのメール着信音が鳴る(笑)。
GJ、メールくれた人超GJ。
バックアップ後だから永遠の闇に消えたけど(笑)。

ルイ「SMS…今、届きましたね。
 画面で確認はできないですけど。
 これで、修理不可能と言えますか?」
店A「しかし当店ではこれ以上の判断はしかねますが
 ご不満を持たれる気持ちはわかりますので
 この場合、お近くのApple storeでご確認頂くしか」

(#^ω^)ピキピキ

ルイ「お近くのって…そんな近くにないでしょう
 (それでも僕はギリ首都圏だからまだ許容かもしれませんが、
 地方でもこんな対応するのでしょうか)
 今僕は時間を割いてこの店に2度来ていて
 実質ライフラインを失っているような状態なんです。
 その上でまだ半日、或いは一日以上
 訪れるのがあとになってしまう場所に行けと?
 (ちょっと大袈裟に言ってみた)
 この店は販売も行っているのに
 Appleの直営ではないというだけで
 顧客をたらいまわしにしてそちらに出向けというんですか?
 しかも僕自身、ほんの少しでも
 これは重度かもな、と思えるならともかく
 全くそう思えないから今こんな事になっているわけで。
 まず納得させてください。」
店A「申し訳ございません、では少々お待ち下さい」

しばらくして、女性店員さんがやってくる。
クレーマー対応要員でしょうか(笑)
「これで稀代のクレーマー…でも、これが
ソレスタルビーイング…
じゃなかった賢い消費者なんだ」

何故か若干アレルヤ・ハプティズム気分になる。

基本的に店員さんを敬う、というのは
人生における基本遵守点なので
敬語を使いつつも慇懃無礼状態な今の自分を省みて
正直自分自身にもダメージは来ているものの
(何やってんだ、俺…的な自戒ダメージ)
といって唯々諾々と従えるはずもなく、気を引き締める。
以下、女性店員さん=店B

店B「お待たせいたしました。
 そのですね、わたくしどもソフトバンクショップは
 あくまでAppleさんの商品を…」
ルイ「すいません、そのお話から
 どういう結論に持っていきたいかは
 もうわかっているので、それはいいです。
 今問題にしているのは、まず
 資料だけを見ても、重度の損傷にあたるとは
 まるで思えない、という事。
 次に、その点でほんの少しでも
 客を納得させられていないのに
 自分達ではなく、客に出向いて交渉しろとは
 どういう事ですか、という事なんです。
 もちろん僕自身、少しでも安くすめば、という
 気持ちがある事は否定できませんから、
 偏った見方かもしれませんが
 でも冷静に考えて、どう考えても
 これが重度に当たるとは思えないんですよ。
 偏ってるなら、だから、僕を説得して欲しいくらいで。」

このあたり、喋り倒し。
クレーマーはとりあえず喋らせとけ!byクレーマー
 
ルイ「例えばこの資料の写真を見ますと、確かに
 軽度の写真は本当に軽微なヒビです。
 確かに僕のiphoneのヒビは、これよりずっと多い。
 その点でもって不安だというのはわかります。」
店B「はい」
ルイ「けれど、じゃあ残った可能性が即重度の損傷に
 なるんですか?という話なんです。
 ここに書かれている状態は
 2つ折、水没…どれもデータレベルから砕けていて
 作り直ししかない状態ですよね。
 心臓も頭もない状態…では逆に
 これに当てはまる可能性が1%でもありますか?
 という事なんです。
 失礼ですけど、iphoneは修理というのは原則なくて
 全て交換という対応をされているんですよね。
 調べてきました。
 その上で修理可能不可能という基準を設けられるのは
 些か不思議ではありますけど、この修理というのは
 勿論、ヒビが割れた部分だけを新しいガラスで
 継ぎ足して…なんて形ではないですよね?
 子供の窓ガラス修理じゃないんだから、
 (↑この辺が思い返すと失礼orz)
店B「それは、もちろんそうですね」
ルイ「表を全面外して、取り付けるに決まってますよね。
 それで、ヒビの程度で5万円云々というのが
 おかしい、と言っているんです。何か修理手段
 あるいは可能不可能を左右する部分なんでしょうか。
 元々、修理の程度を二段階しか設けていないあたりに
 問題はあるんでしょうけど
 少なくとも、この程度の故障を重度に含めるなら
 要求に迫られて、今頃とっくに中程度の損壊価格が
 作られてると思いますよ。
 中身がまともなのに8万円近くって
 本当にこれまでもこんな事をされてきたんですか?
 顧客に対して、それはあまりにも誠意に欠けると思うんですが
 客の立場ならどう思うだろう、と考えた事はありますか?」

2度目の奇跡発生。
MMSからメールが来る(笑)。
SMSとは着信音が違うのでわかるという…
MMSくれた人GJ、超GJ。
やっぱりバックアップ後だから以下略(笑)。

ルイ「MMS、きましたね…SMSもさっき来ましたけど。」
店B「はい…」
ルイ「で、どこが修理不可能で、二つ折りに相当する
 重度の損傷にあたるんですか、という話に戻ります。
 そして資料の写真がアテにならない極例ばかりで
 客に2万円と宣告した上でもしAppleに7万といわれ
 客とトラブル、或いは自己負担になる不安があるなら
 それはお店の方で確認するべき事なんじゃないですか?
 客に出向かせる事ではないですよね。
 臭いものには蓋をしろという、事なかれ的な
 対策としてわからなくはないですけど…
 そんな事をこれまでも、これからもされるんですか?
 という事なんです。
 あなた方は先ほど、Appleと直接繋がっていない
 …と仰いましたが、そうは言っても販売は受け持っているし
 単にそれはワンタッチで直通ではない、という程度で
 2度3度経由なりすれば、ラインが無いはずがないでしょう。
 その手間と比べて、客を出向かせた方が楽でいい
 という事なんですか?」

…。
俺、切れ気味になるとかなり失礼な人なんだなと(笑)。

ともかく、ここまで言い切ったあたりで
漸く、ようーやく!!
店員さんがAppleにお電話をしてくれる事に。
何故、こんな所に到達するのに
ここまで時間と精神とストレスを消耗するのか(笑)。
こちらだって、販売員さんはあくまで端末だと
わかっているのですから、単に
サッサとこうすればいいだけなのに
マニュアルとして
「店の総意として高額負担をとりあえず宣言する」
→客が従えばそこで終わり
→ゴネたらApplestoreを案内する

というこのフザけたマニュアルっぷりが
彼らそのものを、こんなクレーマーbyクレーマー
に突き合わせ、疲弊させたのだと気付いて欲しい。

唯一、この電話を僕の目の前で行ってくれたことは
感謝しています。誤魔化されずに済むので。
→で、販売店用サポートセンターなりに電話して
すんなり22800円に決定。
そりゃガラスなんて程度の差こそあれ
重度に至る要素じゃないでしょうし
液晶破損を含めるなら、当然店用の
判断資料にそう記載しますよ。
一番多いくらいの「分かれ目」でしょうから。
わかりきっているのに…なんだかなぁ…orz

根本的に、そもそもiphoneを大事に扱い
ケースなりを買えばいい話なのであって
そもそもの過失はこちらにある事なんです。
電話が終わった後、その点は話して
ご迷惑おかけしました、てのと
途中不躾になっていたら失礼しました、とは
謝りました。
だから、22800円というのは
正直、まるで負担感覚はないというか…
いい戒め?勉強代?
勉強代で新品のiphoneが手に入ったのなら
むしろ安い買い物、くらいの?

まぁそういう気持ちではあったのですが
さすがに5万円上乗せしてくると、ブチンと切れるぞと。
しかも切れると逆に理屈っぽくなるぞと(笑)。
そんな、ナチュラルボーン・クレーマーの顛末記。

でもまあ、こういうワケですから
ユーザーさんは心配せずにiphoneを買うといいですよ!
超オススメ!!iphoneさいこーう!ひゃっほーい!

逆に不安にさせてる?orz

この記事へのコメント

との
2010年05月27日 13:23
すごいですね。とりあえず全部読ませてもらいました。
実際いまぼくもガラスが逝っちゃいました。

この時期に逝ったのは非常に微妙で。
色々参考にさせてもらいます。ありがとうございます。
ルイ
2010年06月04日 02:21
それはそれは…頑張ってください。ガラス交換だけだと、少し検索すると、1万円程度で修理する方法も存在しますが…数日手元からなくなる事、保証から外れる可能性が出る事がネックです。

とにかく損壊の程度が雑すぎるのが、全ての原因なのですが。中身が逝っていない限りは、もっと極端に言えばiphoneの原型が留められているうちは、全額にならないで済むと思います。iphoneは基本素晴らしいものながら、バッテリーの持ちと画面の破損確率は紛れもなく二大欠点ですね。シールやケースで軽減できる後者は、普段から予防しておきましょう…。
すべりんこ
2011年07月12日 14:14

自分は高校生なのでいくら話をしても
アップル社に行けと言われます。

やはり親に行ってもらうしかありませんかね?
りこ
2011年07月19日 22:12
この度、息子もディスプレイ破損しまして、参考にさせていただきます。ほんと、売るだけ売って、アフターフォロー一切出来ませんというソフトバンク。
代替機を出してもらったが、同期出来ず途方にくれてる息子と22,800円の修理代と修理受付までの時間がかかりすぎイラつく私。
アップルへ行けとは言われなかっただけいいのかな。
ななし
2014年03月27日 23:18
結局、この方たちのようにApple製品を購入したという認識が全くない消費者が余りにも多かったため、iPhone4以降ホントに修理窓口がAppleStoreと正規修理業者と郵送のみになってしまいましたとさ。
めでたし、めでたし。

この記事へのトラックバック