ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒愛しい!?声優ユニット・スフィアの初レギュラーテレビ番組【スフィアクラブ】衝撃的開始!

<<   作成日時 : 2011/07/17 16:23   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

4月の幕張ライブで発表されていた、スフィアの地上波冠番組
【スフィアクラブ】が、いよいよ放送開始されました。
初回から、ポジティブな意味での「意味不明さ」で押し切った15分間は
彼女たちのバイタリティと表現力を前面に押し出す
ファン目当て…に見せつつ、実はおそらく
全くの一見さん目当ての作りなのでした。
とりあえず、僕個人は目を背けたくなるほど楽しかった←褒めてます

LET・ME・DO!!(初回生産限定盤)(DVD付)
ランティス
2011-07-27
スフィア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by LET・ME・DO!!(初回生産限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

主題歌はスフィアの新曲!

スフィアクラブ 公式サイト(日本テレビ)

声優・高垣彩陽さんを応援して3年。
その間、声優ユニット・スフィアを結成したり
そのユニットが日本武道館を満席にしたり
ソロデビューしてCDが1万枚を売り上げたり…
色々驚く事が多かったものです。
しかし地上波番組とは、やあ、驚く事ばかりだ。

スフィアクラブ!
アニメ、ドラマ、ライブの3つのパートで構成されます!
スフィアの色々な面がぎゅぎゅっと詰まったカラフルな番組です!


今回テレビ番組を受け持つという事で、こちらの興味は
「どこを向いて作っているか」にありました。
地上波のテレビと言う、いわば「アウェー」の場にどんな体で乗り込むのか。
内輪を、アニメ好きを取り込むのか?
一般人に向け、アニメとは・声優とはという
異文化コミュニケーションの大使のように阿るのか?
監督・脚本が【THE・3名様】【33分探偵】などの福田雄一さんという時点で、
単なる宣伝番組にはならないのだろうという予感はありましたが…
結論から言うと、最初に書いた通り
やはり「全くの一見さん目当て」の作り。僕はそう思います。

異論はあるでしょう。

「第1回放送なのに、自己紹介もしていなければ
スフィアという存在についての説明も、
ナレーション一声、テロップ一文字たりとも存在しないのだから
既にスフィアを知っている人以外には、
何が何だかわからないのではないか?」

その通りだと思います。実際、そういう主張も良く目にします。
ただ、個人的にはわからない=わかる人向けという単純な話とは思わない。
何より象徴的なのが、説明部分を用意しなかった…どころではなく
「作中で互いの名前を呼ぶシーンがなかった」という事。

気付かれたでしょうか?冠番組の初回であるにも関わらず
15分の間「戸松」「遥」「寿」「美菜子」「高垣」「彩陽」「豊崎」「愛生」…
それらの愛称も含め、一言たりとも誰からも口にされていない事を。

OPで一度それぞれの名前が出た以外、作中の小芝居でも
「君」「新人」「キャプテン」…相手の名前を呼ばない。
(勿論名前が出たOP部分でも、「主な出演作品・役」なんて項目は存在しない)
キャプテン(高垣)を筆頭に、気を引き締める「新レスリング部」部員のコットン(寿)、あっきー(豊崎)、そして新入部員のお松(戸松)。

OA情報には名前があるように、考えられていないわけではないのです。

更に。
そのOPで、各自が楽器なり、スポーツのボールなりを持っているのですが
ギターを持っているのが、豊崎愛生さんではなく高垣彩陽さんなのですよね。

例えば大人気作品【けいおん!】という情報を活用するなら、
まずギターは豊崎さんに持たせるでしょう。
それが彩陽さん、しかもギターの種類もレスポールでなくストラトキャスター。
一方、寿さんはキーボードを抱えているのですが
このギター側の意識の低さを観るに、その符合も偶然と考えた方が良いと思います。

つまり、この【スフィアクラブ】という番組は
出演作品は勿論、それぞれのキャラクターどころか名前までも
「既存の情報」というものに全く頼っていないのです。
説明がないまま、例えば「○○ちゃん」と
普通にスフィアの関係性を持ち込んだ芝居を行った場合なら、
その関係性の積み上げを知らない人だけに外様感覚を与えた事でしょう。
けれど、全く情報を使わない、ゼロからの番組は
ある意味では、応援ブログまで行っている僕すら含めた
全ての人に等しく外様感覚を与えている、と言えるわけです(笑)。
まったくのゼロから全てをはじめます、と宣言している。
そんな「ファン目当て」があるとは僕には思えません。
関係性こそが、ファンが観ていて一番楽しい所でしょう?
それを使っていないのだから。

これは、スフィアに対し自信があればこその選択でしょう。
例えばファンを引っ張ってきてライヴを行えば、その観客の熱狂や歓声で
その場の「俺の知らない所では人気なんだな」感は演出できる。
コントパートで言うなら「ドッ」という笑い声SEがそれに相当しますよね。
素人録り風番組なら、作家の笑い声なんてのも鉄板ですか。
それらは別に反則でもなんでもなく、
場を温める事で受け入れを行い易くする、普通に存在するテクニックです。

しかし、それが存在しない。ドラマパートに外部音はないし
ライヴも無観客ですし、それどころかミックスもかなりの録ってだしで
音を重ねての誤魔化しも行っていない。
冒頭のアニメパートで、声優としての表現力を。
ドラマ(コント)パートで、SEフォローなしの、体当たりの演技力を。
ライブパートで、観客補正やミックス補正のない、そのままのライブを。
それらを見せて「何か面白そうだな」と思わせ
「スフィアクラブ」とインターネットで検索させる…

言ってしまえば、それこそが最大の目的の番組と思います。
だから作中で、キャラクターどころか名前までも表現する空間がない。
この選択が、どう出るかはわかりませんが
ドラマパートで名前を全く出さなかった、という意味は強いし
それに合わせたライブの生具合など、少なくとも
その志向性はハッキリと宣言された挑戦的な第一話だった、と思います。
とにかく、各方面に体当たりで、全力で挑みますと。
そこに興味を抱いたなら、検索してくださいと。


始まりました!!
アニメ、ドラマ、ライブ…
3つの角度からお見せするスフィア。

しかし全ては【表現】ということで繋がっていると思っています。
新しいチャレンジにもめいっぱいその瞬間を楽しんでぶつかっていきました!


ネット時代だからこそ取れる選択ですが、その「表現優先」の方法論は
逆に「アイドルという型」から語られる事が多い一般ユニットとは
うまく差別化が図れる、という計算もある事と思います。
こちらは実力主導なのだ、と。

とりあえず、番組のベクトル分析はここまで。
高垣彩陽応援者としては、スフィアライブでの寸劇パート同様に
基本道化に回される事の多い彩陽さんらしい役回りで…
本気で演技をするその熱が面白かったなと。
さすがの声の通り具合。
オーバーリアクションを堪能できる為、これはこれで楽しいものの
スフィアとしての仕事ではなく、高垣彩陽個人として表に出る時の
純粋さであるとか、女の子らしい部分も使って欲しいとも思います。
とはいえ、実際
彩陽さんのポジションは、あれで物凄くハマっていました。
確かに道化においては、明らかに他の人より上手いのだもの…。
シュール芸を行う上で、彼女のなりきる、やり切る姿勢を活かさない手がないのは
まぁ、やむを得ないと言えるでしょう。
スフィア内ではどうしても、そういった役割が強くなる。
新レスリング部キャプテンとして、扇風機とプロレスをし
首をネジ折るその勇姿…
スフィアの皆さん、特に彩陽さんに、かつて一世を風靡したプロレスラー
バンバン・ビガロの名言を捧げます。

「俺はホウキとでもプロレスができる」

プロレスの「試合を作る」表現力をを端的に表現した素晴らしき名言ですが
扇風機と戦った貴女達は、立派な表現レスラーです!”
↑それ、嬉しいの?

番組を観ていると、スフィアのアウェー感を思い
いちファンとして、目を背けんばかりの痛々しさも感じましたが
しかし、その痛々しさ…嫌いじゃない。
「寒愛しい」と記事タイトルにした通り、
そんな空気を全力で創り上げる彼女たちの「本気度」は
十分堪能させてもらいました。
こういったシュール芸は、徹底が全て。
ワンカットでも、それが崩れていては茶番になってしまう部分。
変な表現ですが「良く滑っていた」と思います。
番組の詰め込み具合、張り詰めた緊張感を観るに、
この番組の作り方ならば、15分番組というのは正解なのでしょう。
30分この作りだと、寒さを通り越して暑さを感じる…なんて段階を超えて
凍死しかねないと思いますから(笑)。

ライブパートが1番のみ、という点に残念さもありつつ
前述の通り、検索を目的とした作りなのだと思いますから
それは、歌についても同じ事が言えるのでしょう。
とりあえず、番組に一本筋の通った狙い、志向性が存在する。
それだけで、十分喜ぶべき事なのかもしれません。
この先、その番組の実力要求の作りに
どこまでスフィアがついていけるのか…楽しみにさせてもらいましょう。

あと、個人的には、どこかで彩陽さんの歌唱を聴かせるシーンが欲しいなと。
新聞記事を読むに、プロデューサーさんは
日本武道館ライブをご覧になったという事ですから…
彩陽さんの【You Raise Me Up】をご覧になったという事ですよね!?
是非活用してください!

http://twitter.com/rui178 呟いております。
http://twilog.org/rui178 適当な単語で検索してみてください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寒愛しい!?声優ユニット・スフィアの初レギュラーテレビ番組【スフィアクラブ】衝撃的開始! ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる