ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛すべき「不謹慎」がなくなるその日まで〜CDやDVD等の発売やイベント開催の延期・中止について〜

<<   作成日時 : 2011/03/18 04:19   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震以来
実際に輪番停電なども行われていますし、節電意識などもあり、
PC使用を控え気味にしている中、久々更新ですー。
直接災害に遭われた方の回復を祈り、失われた命を悼むのは当然の事として
当ブログが「声優・高垣彩陽を応援するブログ」である以上
今月行われる予定だった、様々な出来事の中止なり延期について
想いを馳せずにはいられない昨今なのですが
彼女に限らず、様々なエンターテイメントが中止・延期となっております。
その理由には、物質的な理由も、精神的な理由も絡んでいるのでしょう。
今回は主にその後者…「不謹慎」「自粛」に象徴される部分について。

僕が人生を賭けて応援する所存であるところの高垣彩陽さん関連としては、
今月発売予定のCD『たからもの』は延期となり、その発売記念イベントは中止。
同様に彼女が所属するスフィアのニューアルバム『Spring is here』は、
発売はされたものの記念の握手会は中止。今月末、出演予定だった
AFES…アニソンフェスティバルも中止となりました。
他にも『みつどもえ』をはじめとした関連商品なども延期がなされています。

イベントに関して。

楽しみにして下さっていた皆様には大変申し訳ありません。
私も久しぶりに皆様とお会い出来る機会、握手できる機会を指折り数えて楽しみにしていたのでとても残念です。

しかし、余震や停電等の様々な影響を考慮して、やはり皆様が安全にいていただかなくてはと思います。

この決断が、誰かの命を、そしてあなた自身を守ることだと思って、ご理解いただきたいと思います。

互いの「会いたい気持ち」をあたためて…また別の機会で笑顔でお会いしましょう!

もしかしたら、大きく地震の影響を受けた地域にも、楽しみに待っていて下さった方がいらっしゃるかもしれません。
そう思うと、胸が痛んでなりません。


スフィアのニューアルバムの握手会に関しては、
そもそもスマートフォン無視の応募システムのままだったでしょうし、
そこまで当選の期待も持っておりませんでしたが
高垣彩陽個人のイベントに関しては、
ここで言うのがちょっと恥ずかしいくらいの
『たからもの』の予約を行っていた身として
金銭的にも、精神的にもダメージはかなりのものだったりします。

※金銭的には永遠の秘密だ!(笑)

しかし、全ては命あっての物種。
彼女が無事であり、またこのような機会さえあるのなら。
いや、無くたって、彼女の物語が発信され続け、
僕にそれを感知する事ができるのなら…
本気で彼女を数十年単位のスパンで応援しようと決意している以上
その事自体は、我慢もできる。
…などとタイピングしながらも、心は凹んでおりますが(笑)
我慢は可能なのです。
例えば彼女がイベント当日、病気になってしまった時を考えれば
その身が健康である以上、遥かにマシとも思います。
彩陽さんが書かれた「様々な影響」…
流通の負担、電力の消費、交通の危険、開催地の安全責任…
そういったものでの中止・延期、甘んじて受け入れましょう。
ただそんな中止・延期の中には、上記の理由には留まらない
精神的な影響というものも必ずあり、それが僕の心を複雑に波立たせる。
それが不謹慎、その意識からの自粛といった「空気」の問題です。
その空気に乗るのも、その空気に刃向かうのも。
自分がそのどちらの空気にも違和感を覚える事から、
心がもやもやとするのです。

※以降は、精神的な「影響」に特化した話となります。
実際は、その部分を突破した上で、現実的な
電力・安全・流通問題などとのギリギリの兼ね合いで
各種興業や商品販売などは決定されます。

不謹慎
[名・形動]つつしみのないこと。また、そのさま。ふまじめ
きん‐しん【謹慎】 [名・形動](スル)《古くは「きんじん」とも》
1 言動をひかえめにすること。また、そのさま。

僕の基本的なスタンスは
「当事者以外の過剰な自粛ムードは経済活動を弱める。
 それは結果的に復興を遅らせる事に繋がる」これに尽きる。
辞書に「言動」とある通り、それが具体的な経済活動に限らずとも
人が社会と分かちがたく結びついている以上
それは「笑い」を中心とした、言葉であったとしても
そこで失われる活気は、人間の活動に必ず影響すると思っています。
故に「不謹慎」は…基本的に好ましく思ってはいないのです。

しかし、ネットで一部見受けられる
「不謹慎何するものぞ」という主張もまた好まない。
「不謹慎」なる言葉を思う時、その美しさに感動もするのです。
この考えの基本は
「あなた」の事情を「わたし」に(逆も然り)適用する、
という事ですから…その想像力の有り様に
人間という種の特質と偉大さを感じ、心打たれもする。
不謹慎だ、と感じられる事は
とても尊い、社会的生を得た人間の証と思います。
だから、敵視する事も好まない。

今回、数万人規模の被災にあわれた方がいる為
顕在化していますが、全ての毎日には
「不謹慎」に相当する「何か」が存在します。
誰かにとっての最高の一日が
誰かにとっての最悪の一日である事は、よくあって…
というより、基本全てに当てはまる事と思います。

では、その全てで自粛をするのか。しませんよね。
多くが「喉元過ぎれば〜」である可能性も、否定はしませんが
それは、起こった悲劇も、誰かの悲しみも
今ある「有り難さ」に変え、前に進むという
ヒトの強さからくるのだ、と僕は思っています。
ただ、今この瞬間はその「誰か」の数が文字通り、桁違いに大きい。
ならば、それらの「あなたたち」を想い
「わたしたち」が不謹慎を感じるのも、決しておかしいとは思わないのです。
でも、何年も、何十年も経った時
電力をはじめとした物質的問題以外の事情で
「行わない」という選択はありえませんよね。

表現が難しい部分ではありますが、言いたい事は

「この不謹慎ムードは、時間とともに薄れなければならない。
それが死を、悲劇を軽んじるものであってはならないけれど
拘泥する事が重んじる事とイコールではない」

という事になります。
つまり、twitterなどでも何度か呟いたのですが、
不謹慎というものは、人間の、綱引きの相手。
徐々に弱体化していく相手への敬意を抱きながら
その想いも背負い、綱を引き切る
人類の戦いの相手。そう捉えている。

だから、不謹慎ムードを声高に振りかざす方は
それはヒトが所属すべき団体ではなく、いつか消える
消えなければならないものである、という前提に立って欲しいし

不謹慎何するものぞ、と興業開催を叫ぶ方は
それはヒトの想いから生まれた、消さなくてはならないものであっても
決して悪ではない、尊重すべき相手だという前提に立って欲しい。

ともに、いつか流れ行くものだという意識さえあれば
その、ともに目指すゴールに向けて
「今はまだ少し早い」という粘りと
「その痛みも分かるが、それでも進むべきだ」という前進と…
その綱引きとなり、互いを敵視する事にはなりえない。
プロ野球開催なども、問題になっておりますよね。同じ事です。
その意識に皆が立った上で、
不謹慎を押し切る、留める戦いに加わって欲しいと強く思います。

時期の早い遅いの違いは、
その綱引きの推移によって違いがあれど。
いつか、エンターテイメントは雄々しく復活の声をあげるでしょう。
僕はどちらかといえば「急進派」に属する人間と自覚していますが
遅れたとて、文句は言わない。
それを経済効果だけで早める事に正義がある、と主張するのは
人間としての「絶対の正義」には思えませんので。
ただ、その時が来た時。
衣食住に直接関わらない、それらの産業に携わる方は
誇りをもって、かつて空気を満たしていた「不謹慎」を
忘れるのではなく、抱きしめて前に進んでくれれば
そこに乗る「有難う」のエネルギーは、物凄い力になると思っているし

ぼくの応援する声優・高垣彩陽さんは
そのエネルギー変換効率において、誰にも負けないものがあると
確信しています。だから応援しているのです。
そのエネルギーを直接浴びる日がくる事を願いながら
今は、「不謹慎」を抱きしめながら、慈しみながら
倒すべく、綱引きを行っていきましょう。

とりあえず、AFESのチケット返金は募金してしまおうっと。
『たからもの』は…東北の方で欲しい方には、
イベントで会った時にあげましょう!
予約しすぎた分を!(笑)だから、
その機会=イベントを楽しみに待ちましょう!

たからもの(初回限定盤)(DVD付)
ミュージックレイン
2011-03-30
高垣彩陽

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by たからもの(初回限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


http://twitter.com/rui178 呟いております。
高垣彩陽さんの「感度」には遠く及びませんが
アホな事を言う時も、有り難さを感じていたいものです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛すべき「不謹慎」がなくなるその日まで〜CDやDVD等の発売やイベント開催の延期・中止について〜 ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる