ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS 晴レルヤ…超!A&G+の善意が見えるようだよ 『高垣彩陽のあしたも晴レルヤ』開始!

<<   作成日時 : 2010/10/05 13:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、声優さんのラジオが終わってしまう…
といった嘆きを目に耳にするたびに、遠慮して言わなかった事として
「終わるって事は、始まっていたという事じゃないか!」
という感覚がありました…そう、嫉妬だよ!
そもそも俺の応援する高垣彩陽さんには、冠ラジオがなかったんだよ!
しかしそんな嫉妬にまみれた日々よさようなら、なんと高垣彩陽さんが
超A&G+にて、一人ラジオを持つ事になりました!It's time now!

あしたも晴レルヤ!!

ちょうどソロデビューに向けてレコーディングが始まったくらいの時期…
「高垣彩陽って何?」
という課題にぶつかって、沢山悩んで、《自分》というものと裸で向きあってみようと必死でした。
実は、自分のことは自分が一番知らないのかもしれません。
結局きちんと答えが出たわけではなく、今でもずっと模索中なのですが…

その時にひとつ思ったことが、「一人のラジオをやってみたい」という事でした。
その場で他の誰かに意見を頼るのではなく、自分で受けたものを、自分からまた発信して行く…
その中で、自分らしさや、自分の考えてること……
ラジオという場所で、聞いて下さる皆様との繋がりを経て、私の中で自身の輪郭もはっきりするのではないかな…
と思ったのです。

でも、もちろん「やりたいから出来る」わけでは無いので、こっそりあたためていた気持ちでした。
そんなあたためてた気持ちもあって、運良く引き合わせていただけたのか…
このようなご縁に恵まれました。
このような機会をいただけたことに感謝です。

ご本人のブログが素晴らしく、特に僕らに何を言うほどの事もないのですが
勿論彼女を評価し応援し愛読する者としても、嬉しい事なのです。
高垣彩陽のひとりごと』もあるだろう、という指摘もあるでしょうか。
そちらとの違いは、単に時間が短いというだけではなく
一番は「リアクション」にあると思います。彼女はそれを求めているはず。

『ひとりごと』は、己をそのまま発信する行為。
そこでも勿論「言いたい事を纏める」「伝え方」
など、学べる事は多いはずです。
しかしディレクションがあり、お便りがあり…
そんな中で、投げかけられるお題や発信に対して
リアクションを行う事で、形作られる
自分でも気付かなかった自分というものがある。
彼女が求めているのは、そういう事でしょう。
人は、誰かに認識される事ではじめてそこに存在する…
なんて考え方もありますが、それと同様に
己という存在も、外から投げかけるものを打ち返す事によって、
そしてそれを繰り返す事によって形作られるのではないか。
基本在り様が賢い人なので、そういった考えが生まれたのだと思います。

例えば僕が彩陽さんをここまで敬愛するに至った彼女の言動といったものも
彼女自身が構え、言うぞ!やるぞ!と思ってから
言った、やった事ばかりではない。
咄嗟の受け答えの中で、
「ラグもなく自然にこんな事が言えて、やれてしまうのか!」
と驚かされた事は数多いわけです。
お笑い芸人さんでも、いや例えば
落語家の「笑点」なんてまさにだと思いますが
当意即妙なお題を与えられる事、
それへの切り返し方でその人が出る。
それは、練って生み出した「持ち芸」と
根っこを同じにするものながら、また別の物。

以前『CANAAN』関係のラジオ
『ネネのねぇねぇちょっと聞いてよ!』という番組があり
あれが最も近いスタイルだったのではないか、と思います。
あの時、彩陽さんは勿論
「ネネ」というキャラクターとしてラジオをしていたものの、
作中にネネというキャラクターのパーソナルが表現されている部分はなく
殆どの裁量が与えられていたことでしょう。
一応「元気」「言いたい事は言う」という方向性はあったようながら
ネネが起こったという日常の出来事は、彩陽さんに起こった事であり
思った事もまた同じく、彩陽さんの思った事だった。
「つまり、ちょっと元気で丁寧すぎない高垣彩陽」がネネだったわけで
実質僕は、ネネラジにそういった喜びを感じていたと思います。
しかし、今度はネネという薄衣一つもない。

彩陽さん自身、「裸で向きあおう」と書いている通り
あるがままを表現する機会を、心が求めていたのでしょう。
彼女が本気だから、裸云々を茶化したり、余計な事は言わない。
ただ、僕自身彼女を外部から観察し、熟読した結果として
彼女が追い求めている「高垣彩陽」の素晴らしさを知ったと思っているので
僕は、それを殆ど屈折される事もなく、直射日光で浴びれる事が嬉しいし
彼女もそういった僕らのリアクションを受け止める中で、
自分というものを、外から観られている自分というものも含めて
ゆっくりと掴んでいけばいいな、と思っています。

現時点では、番組のコーナーどころかメールアドレスもわからない為
番組それ自体について語れる事は少ない。
ただ、メールを出そうではありませんか。
自分のメールを読んで欲しいと、色々上手い形を模索し
数多く出すのも、まあ良いでしょう。
でもそれ以上に、ただメールを出していこうではありませんか。
それがきっと、読まれる読まれないを無関係に、
彼女自身を形成する事に役立つはずです。
個人ラジオというのは、そのあたりを
共演者の方に気を使わずに行えるから素晴らしい!
(逆に言えば、そういったラジオで気を使わないのは滅茶苦茶ですが)

基本的に、考え方そのものが凄い人なので
(それは天然的な意味でもそうですが、何より尊敬する点としても)
「面白さ」は知りませんが、良いラジオになると思っています。
生放送ではなく、時間的に収録ラジオとは思いますが
基本収録を止めてばかりでもないでしょう。
だから、彼女のその時その時の反応が沢山味わえるはず。

晴レルヤ…そう、反射と思考の融合をここで試みる時。
って、俺ガンダム00にすっかりやられちゃってるなぁ(笑)。
しかし、まさに!なタイトルと思います。
思考しすぎるほど思考する人が、彼女の中のバランスを求めて、
ステージを登る為の、反射のきっかけを求めていた。
それは『リフレクティア』でもあるわけで…

今回の番組がいいタイミングでやってきた事を考えても、
本当に彼女の道は、縁という名の花々に覆われている。
勿論、僕らが知るのは気持ちいいくらい繋がった縁たちで
その影では、縁がなかった…といった
悲しい事もあるとは思いますが、しかし
高垣彩陽という人が、縁に包まれているその様を観ているだけで
世の中捨てたもんじゃない、と思わずにはいられないわけで…
今回のラジオ決定も、同種の喜びを得る事ができました。
超!A&G+さん、ありがとうございます。
彩陽さんも、出して恥ずかしいような自分なら
そもそも僕らみたいな支持者が、
何より自分くらい理屈っぽい人が尊敬に至るわけでもないので
勇気をもって、反応をとって出ししていって欲しいものです。
本当に、楽しみだなあ!!!
第1回の放送は10月14日・木曜日 25時05分から!

余談
声優雑誌などを買う度、僕はアンケート等に
「高垣彩陽の連載」を求めていたのですが
その内容は、やはり『ひとりごと』的なものではありませんでした。
良く書くのは、「大御所声優さんを呼んで話を聞いていく企画」。
つまり、ただ彼女のかわいい写真が観たい、といった話ではなく
それこそ彼女が相手から得るもの、それへのリアクションで
より良い彼女を形作る事を期待していたから、
そういう事を書いていたわけですが…
形は違えど、一つ叶ったな!と思います。
そして、いつまでも上記のようなラジオ形式も夢想しておきます(笑)。
年齢差を逆にした「おしゃべりメロン」的な番組を…





http://twitter.com/rui178 をやっておりますが
木曜深夜がラジオ実況twitterになりフォロワーが減るのは既に確実(自虐)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
晴レルヤ…超!A&G+の善意が見えるようだよ 『高垣彩陽のあしたも晴レルヤ』開始! ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる