ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS 『1.5.8.(ONE.FIVE.EIGHT.)』コミケ限定販売って嘘だよね…?(´・ω・`)

<<   作成日時 : 2010/08/05 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

声優・高垣彩陽さんの定点観測用基地(?)です。
最近の彩陽さんは、怒涛のソロデビュー前後を乗り越え
『夢みる太陽』という、そのものあなたの事じゃないか、
とツッコミたくなる漫画に乙女心をときめかせているご様子。
VOMICで音声つきで楽しめるようで、
主役を演じるのは、彩陽さんが「可愛い相方」という
『ささめきこと』での相方、高本めぐみさんなのでした。奇縁ですねー。
…しかし!夢みるばかりじゃいかんのです!
高垣彩陽応援し隊(センスが古い)としては、
彼女の声優としての行末も気になるもの。
今彼女のキャリアの上で、重要ではなさそうで重要な作品が
生まれようとしているのであったー!あったー!(リフレイン)

1.5.8。
そんな乙女脳な私が大興奮したお仕事が!!

ランティスさんのオリジナルプロジェクト『1.5.8.』という作品に、アイウェン役で出演させていただきます!


1.5.8
タイトルが特徴的すぎて、間にドットを打てず
アドレスを綺麗に取れなかったりしているようですが(笑)
「ランティスが贈るオリジナルドラマCDシリーズ」だそうです。

…ドラマCD?ドラマCDが、彼女のキャリアにとって重要なの?
そう思われる向きもあるでしょう。
既にTVアニメでも何度も主役級を射止めてきた、彩陽さんにとって
この作品の何が重要になる(かもしれない)のか?

それはもう、この作品が「逆ハーレム」だ、という点。
言葉を改めるなら「紅一点」。
女性声優さんは、次から次へと新人さんが入ってこられます。
その早いサイクル、厳しい競争社会にあって
ある種のボーナスステージというか、特殊技能を要求するのが
「少年役」そして「逆ハーレムの主人公」だと思います。

少年役はいわずとしれたところで、
それ用の名声を得た方達の名前を
安定して、そこかしこで観る事になる。
わかりやすく、特殊技能ですよね。

一方逆ハーレムの主人公はというと、
基本的には女性声優の通常役である
「かわいい女の子」と差がないので、括ってしまいたくなるのですが、
しかし、実際はそうでもない。
先日終了し、秋に2期が放映される『薄桜鬼』の主人公が
『機動戦艦ナデシコ』以来、15年選手にもなろうかという
桑島法子さんであるのも、一つの証拠。
最近では、この手のポジションは井上麻里奈さんが多い印象もありましたが
やはり『彩雲国物語』(これ良かったなぁ)など、桑島さんの
紅一点位置は、特別な魅力がある。
この位置は、ただ可愛いだけではダメなんですよね。
勿論作品次第、キャラクター次第ではあるものの
基本的に、脆さ、儚さというものを
わかりやすい媚びではない、言葉の端々で見せる必要がある。
少年役ほど明確に技術体系が異なるわけではない分、
底しれず、奥深い世界です。

で、そこに高垣彩陽さんが踏み込もうとしている。
今年は少年役に関しても、『ケシカスくん』のボウズであったり
様々な挑戦を行っている彼女。

※『今日の5の2』のツバサくんはさぁ…萌えキャラだから!(笑)

やはり実践に勝るトレーニングなし、という意味で
個人的に、彼女が「このポジション」を演じられる事に
おおいなる興味と期待を抱いています。
ユーザーの基本需要は男性声優さん側にあると思うので、
半歩後ろで(笑)うまくポジションを見つけて欲しいものですね。
公式ページにも「プロジェクト」「シリーズ」という言葉があるとおり、
また、彩陽さんが
この作品が、今後どんな展開をしていくのかお楽しみに!

と仰っている事からも、ひょっとしたら
「さらなる」企画への期待も膨らもうというもの。
シリーズごとに主演総入れ替え、みたいな無体をしでかさない限り
このシリーズは、男性声優のファンには勿論、
高垣彩陽ファンとしても注目に値すると思います。
恋愛ヒロインものと比べ、
わかりやすいスポットライトは浴びないかもしれませんが
その位置にこそ、価値がある!

…と、盛り上がってみたのはいいものの。

ドラマCDがこの夏のコミックマーケットにて限定発売です!
チェックしてみてください!


限 定 発 売 で す !
(あやひーの声がスローモーションになってる感)


   ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒) あばばばばばば
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/    ∩―−、
.(  ヽ  |∪|  /    / (゚) 、_ `ヽ
 \    ヽノ /      /  ( ●  (゚) |つ
  /      /      | /(入__ノ   ミ   あばばっあびゃばびゃばば
 |       /       、 (_/    ノ
 |  /\ \       \___ ノ゙ ─ー
 | /    )  )       \       _
 ∪    (  \        \     \


↑発狂している

…いや…コミケ限定なの?「先行」じゃなくて?

現在は通販などもあり、流通に困る事はあまりないと思うので
「限定」する事に意味があるとはあまり思えない。
「ここでしか買えないから!」と、コミケに行った客が
思わず手に取る効果があるのかもしれませんが…
しかし、言うても「プロジェクト」で「シリーズ」でしょう?
最初から囲い込みをして、絶対数を減らす事に
メリットは乏しいように思うのですが、いいのでしょうか。
個人的にコミケに親しんでいないから困っている、
というのもあるけれど、結構普通に戸惑っています。
あとで前言撤回して、通販してくれたりしないのかな?(笑)
コミケに参加する可能性も含め、このあたり注目し続けたいと思います。
頑張れ、ミス乙女脳!このポジションを掴む
…っていうか、バリエーションの一つとするのです!



http://twitter.com/rui178
呟いております。気軽に話しかけてください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『1.5.8.(ONE.FIVE.EIGHT.)』コミケ限定販売って嘘だよね…?(´・ω・`) ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる