ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS 高垣彩陽・豊崎愛生出演、長編アニメーション作品『ジュノー』を目にする事はできるのか

<<   作成日時 : 2010/05/06 08:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

スフィアの全国ツアーをはじめ、最近露出の多い、
当ブログ一押しもといオンリー押しの声優・高垣彩陽さん。
しかし、あくまで彼女のコアは演技・芝居。
最近沢山見たり聴いたりできるー、などと喜んでいる場合ではありません。
僕はここ一ヶ月ほど、ずっと一つの心配事を抱えているのでした。
…『ジュノー』って、そのうち観られる機会あるの?orz

画像


長編アニメーション作品『ジュノー』は、
シンドラーのリストや、その日本版として有名な杉原千畝さんよろしく
実在した医師、マルセル・ジュノーの人生を追いかける事で
そこから学ぶ、という映画。

ものすごく饒舌なあらすじ
ものすごく饒舌な予告映像からわかるように、
展開にヒネリがあるタイプではありません。
というか、もう全部語ってしまってるよ(笑)?
主人公の少女2人は、要はジュノー医師を見つめる為の
視聴者の代わりの「観測者」。
2人いるのは、会話劇の形式で回す為。
そして意識だけがタイムスリップするのは、
ジュノーの生き様を、あるがまま描きたいから。

「面白い」展開を考えると、
少女2人を、ジュノーはじめ過去と干渉できなくしてしまうと
そもそも交流線が全く生まれない(一方的に学ぶだけ)為、
まるでドラマとしての波が起こらない。
現在側に、ジュノーから得たものを持ち帰ることで進行するような
家庭不和なり、喧嘩なり・・・そういったドラマの芽を用意しないことには
ちょっと考えにくいストーリーなのです。
ただ、そこはこの作品が「面白い」より
大事なものを目指している、という事で納得できる。
種類としては「教育映画」という括りに入るでしょうか。
宗教映画ではないし、間違っても商業(娯楽)映画でもないですしね。

この作品の商売っけの無さは、タイトルで既に現れています。
『ジュノー』…ないでしょ、マーケティング戦略的には。
現代において、「検索に引っかかりやすい」は立派な条件ですが
『ジュノー』って。それのみって。
巡洋艦とかファッションとか、色々引っかかりすぎて困っちゃうよ。
ハウス名作劇場でも

『愛の医師ジュノー』

くらいのタイトルにはします。
その辺、批判したいのではなく
そもそも医療NGOさんから動いた企画、という生まれに正直で
タイトルレベルから、色気をカケラも見せない割り切った姿勢に
ある種の好意を覚えたりもしているのですが…


しかし。しかーし。

その割には、アニメーションの主要スタッフが
商業系アニメでおなじみの名前ばかりな点が、
僕のような人間にも興味を抱かせる
不思議なアクセントになっているのでした。
〈スタッフ〉
統括指揮 津谷 静子
プロデューサー 光延 青児・岩崎  誠
監督・絵コンテ・演出 木村 真一郎
脚本 山田 靖智
キャラクターデザイン・総作画監督 岩佐 とも子
美術監督 西 俊樹
美術設定 綱頭 瑛子
美術 草薙(KUSANAGI)
彩色設計 柳澤 久美子
CGI 福田 陽
撮影監督 塩見 和欣
編集 森田 清次(森田編集室)
音響監督 高橋 剛
音楽 朝倉 紀行
音響効果 今野 康之
音響制作 ダックスプロダクション
(平田 哲・高井 琢磨)
制作デスク 比嘉 勇二
制作プロデューサー 山崎 成人
アニメーション制作 スタジオ雲雀


…ど、どういう事なの…
スタジオ雲雀アニメでおなじみの、黄金メンツ。
加えて
〈キャスト〉
マルセル・ジュノー 家中 宏
美依 豊崎 愛生
優子 高垣 彩陽
ダグラス・マッカーサー 小川 真司

画像


なんと今をときめくアイドル声優ユニット
『スフィア』からも2人が参加。
あやひー&豊崎さんの声と、岩佐とも子さんの
柔らかく可愛らしい絵柄の組み合わせって、
単純にアニメとしても魅力があります。
タイトルレベルからの、徹底した商業意識皆無作品のはずが、
妙にアニメ好きからの需要が見込める名前ばかりという不思議。

木村真一郎監督はじめこのスタッフ、そして
高垣彩陽、豊崎愛生というと
勿論思い浮かぶのは、2008年傑作の一本
『ネットゴーストPIPOPA』。
実際、彩陽さんは木村監督の信頼厚く登場率が高いものの
豊崎さんの線は、PIPOPAからしか想像できません。

※ミューレ声優に纏めてしまいたかったのでしょうか。
 本来の木村監督なら、そこは矢作紗友里さんのイメージだけど…
 ま、邪推ですね。

ネットゴースト ピポパDVD-BOX 1
ワーナー・ホーム・ビデオ
2008-12-10

ユーザレビュー:
良作だと思います!私 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

キャラクターをライヴで育てる、ライヴで回すという部分に
特別な魅力を持っていて、単話の脚本に
時折凄まじいキレを見せていた、素晴らしい作品です。
『コードギアス 反逆のルルーシュ』あたりは、システマティックに
キャラクターを三角形四角形でつなげ続け、
広い世界を獲得した
理屈度と計画性の高い作品ですが、
比べて『PIPOPA』は
自然とキャラクターが育っていくことで、
狙いのようなものが乏しくとも、各々が自由に息づいている
・・・という、ナチュラルな物語としてのよさを持っていた。

単純に、彩陽さんが関わっているというだけで
どんなしょうもない(失礼)作品でも追いかけよう、と思うのに
加えて、2008年『true tears』に次ぐクラスで愛していた
PIPOPA組となると、もう、何がなんでも観たいわけです。
岩佐さんの柔らかいタッチ、みたいみたーい。
予告編を見る限り、草薙(KUSANAGI)による背景美術も
相当気合が入っている様がうかがえ、とにかく観たいのです。

しかし、現時点では観られる保証はない。

orz orz orz

広島市での上映会の後、全国なり海外を回るのか、
4月30日のお知らせにこうあるとおり
2010年04月30日(金) 
文部科学省から映像作品等の審査結果が届いた。文部科学省選定
という評価をいただきました。日本赤十字社推薦と合わせて、自
信を持ってオススメできる作品という評価。スタッフ全員で大喜
びの一日となりました。

文科省、赤十字というあたりの名前によって
まかり間違って(?)NHK教育あたりで観られる日がくるのか。
それはわかりませんが、現時点で観る方法は
平日に広島に乗り込んで観る!みたいな・・・
オロローン、近場の人しか選択できねえよorz

普段関東圏ばっかり!と歯噛みしているであろう
中国地方在住のアニメ好きの皆さんは、
今こそ僕らをむちゃくちゃ悔しがらせることができるわけで、
ぜひ観にいって、おもちゃを買ってもらったスネ夫ばりに
自慢して欲しいくらいです。頑張ってください。
ジュノー後進地域(?)である関東勢としては、
とりあえず商業ソフト化も簡単にはイメージし辛いだけに、
なんとか目にする機会が生まれる事を祈りつつ、
随時注意し、追っかけていこうと思っています。
ナムナム…

5月10日追記

Dr.ジュノー。

どうも、本家あやひごろを先駆ける
あやひごろトラックバッカーのルイです(笑)。
まるでそろそろ記事にすると読んでいたかのようだね!
いや、実は5月11日前後にあるかな、とアタリはつけてたんですけどね!
広島の旅がジュノーがらみである事も、
この記事を書きながら想像していた通りです。
今後も、ただあやひーかわいいよ的な事に留まらず
彼女の物語を読んでいこうと思います。

でも、結局中国地方以外どうなるかわからないんだよなぁ…
ナムナム…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっくら広島まで足のばしてみるか、と思ったらド平日ばかりとは。
わりとマメにいろいろ告知してくれる高垣さんのブログでまだ触れられてないのも気になりますが、
商業的に重要ではなさそうなので高垣さん自身が情報貰ってないのかなーなんて思ったり。

それにしても全然知りませんでした。Google Alertsの役立たずめが(笑)
ほーじろう
2010/05/06 11:12
まさにほーじろうさんの慧眼通り、彩陽さんもブログで触れましたね。上映時期に合わせていたのでしょう。実はそれも計算して、ちょっと前あたりかな…とタイミングを揃えて書いた記事でもあります(笑)。

また同時に、商業作品以外への姿勢は色々難しいというのも確かですよね。しかし元々「ひめゆり」な彼女としては、キムシン経由で素晴らしい縁が築かれているわけで、ひめゆり→声優→初主役→キムシン→ジュノーというサイクルには、ちょっと感動してしまいます。いや、そんな重たい戦争映画じゃないかもしれないけど(笑)。
ルイ
2010/05/11 02:34
はじめまして。
本ブログ初めて拝見しました、高垣彩陽・豊崎愛生出演、長編アニメーション作品『ジュノー』を目にする事はできるのか」ですけど、去年の8月6日にちょうど、NHKでやっていたということを知ってしかし、みれませんでした。
たまたま今日2013/08/25に神のいない日曜日とかいろいろあるので、気づいて、見てしまいました。
アニメとしての評価は(ご覧になられたのであれば)おそらくこのページのかたが詳しいと思うのですが、
ストーリとしては、私、日本赤十字社の社員で、高校公民科教員・および学校図書館司書教諭の免許ホルダーでして大学の専攻は法学部。国際法などもやっていたので、ジュネーブ条約含め国際法的なものを学びました。
公式の説明どおり、そういう説明、戦争の問題点見たいのを二人の中学生に咀嚼させつつ、お堅い戦争・医療映画、教育映画としての面だけではなくまさに昔の「ハウス名作劇場」的な楽しみ方もできました。
今、私自身は、これは、商業系アニメ好きの大きなお友達だけでなく、小学校高学年から、中学前半くらいまでの子供に視聴覚教室とかで見せてあげたいなという内容に思えました。
ちなみに、買おうとすると50000円かかります(上映聴覚資料なので)でも、もしかしたら、2012/08/06初上映で、一年で再放送、日本赤十字社でも見れるようですし、神奈川日赤でも上映件を取得しているので、案外、関東の町の公民館などで見れたり(それが本来系ですよね)、また再放送をやったりするかもしれませんね。
一応、版権、上映権貸し出し、自治体への購入以来、公共図書館への購入依頼、母校での上映依頼等働きかけしてみようと思っています。日赤に働きかけてみようと思います。
何がしか動きがあったら、またお知らせします。
秋葉原に歩いていける会社員(20代)
2013/08/25 02:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
高垣彩陽・豊崎愛生出演、長編アニメーション作品『ジュノー』を目にする事はできるのか ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる