ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS 高垣彩陽さんのブログお引越し記念、第一期あやひごろ大辞典

<<   作成日時 : 2010/04/29 02:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

高垣彩陽さんのブログ「あやひごろ」が、
この度アメブロに移転する事となりました。
旧記事も新ブログに移転されるでしょうが
今回、ひとくぎりとして旧あやひごろを読み直してみました。
その記事数、433!意外に数えるの疲れた!orz

ぶろぐはじめました。

ブログ開始は2007年11月16日。
女性らしい、柔らかみを出す為のひらがな主体。
挨拶、顔文字、!の多用、ブログタイトルの定型ナドナド
最初から今に至るまで、彼女の基本はそのまま。
さすがの一貫性。
文章同様、そんなところにも彼女の人となりが良く出ています。
一瞬定型化しかけて速攻消滅したのは文末の
「○あやひ○」くらいですね。
名前は馴れ馴れしいとか、また彼女の事だから
自分でこれは気持ち悪い、なんて思ったのでしょうか?(笑)

読み返していて少し意外だったのは、その内容。
僕の中での『あやひごろ』のイメージは
悪い意味ではなく、「お仕事ブログ」で。
仕事への姿勢を垣間見る事ができる場、という認識でした。
しかし改めて初期あやひごろを読んでいると、
食事や集まりなど、プライベートな事も多い。
勿論、仕事が増えた事によって生まれたシフトとも言えますが
当初は彼女もブログとの距離感を
懸命に測っていたという事でしょう。

では、各月の記事数をチェックしながら
僕のブログ開設前までの、
特に注目すべき記事などをピックアップ!

2007年11月 記事数14
 16日から開始したのに、そしてあの文章量なのに見事な更新数。
 出だしという事もあり、自分はこういう人間なんですよ!という
 紹介意識が強く感じられ…って言おうと思ったけど
 彩陽さんは基本、今に至るまでそういう人ですね。
 ふわふわとろ〜り。
 では彼女の考え方の基本である一期一会を重んじる姿勢が、
 けいたいでんわ。
 では、彼女のキャラクター付けの一つ(笑)
 携帯電話についての姿勢が明らかにされました。
2007年12月 記事数22
 年の瀬や年明けは内容が濃い『あやひごろ』ですが
 初めての年末という事もあり、大充実。
 2007年のごあいさつ。
 はあやひごろ史上に残る名文。
 やはり彼女は「削る」より「あふれる」方が性に合う。想いも文字も。
 いのり。
 では現在に至る坂本真綾ラブ関連としてエスカフローネ愛を紹介。
 お知らせがあります。
 では『S・A』の芽役に決まった事を報告されているのですが、
 報告それ自体より、言われずとも当たり前の事とはいえ
 
いつもご縁の無かった作品の漫画は、結果が出た後に見ると切なくなってしまうので……ご縁があってよかった!

 やはり声優さんはそうなのだな、と改めて気付かされました。
 一つの役に出会う裏で、それよりずっと多い
 役に選ばれないという経験があって。
 だからこそ、一つ一つを当たり前と思わず愛を注ぐ。
 彼女の在り様がちょっと見えた文章だったりします。
 ふわふわもこもこ。
 コートの持ち主が三木眞一郎さんであるというのは
 その後のラジオなどで明らかになっております。
 はんせい。
 また、こちらでは家族の体調を慮る様子が書かれておりますが
 その前日の文章とあわせて読むと、いかに前日
 何も気付かないでお母さんを引っ張りまわしていたか(笑)
 が窺え、彼女の心情にシンクロしやすくなります。素敵な親子愛。
2008年1月 記事数14
 ようやく記事数が月の半分以下に!(笑)。
 おとうとくん。
 では、D.C.USSのご報告。
 この時点での彼女は、その後朝倉音姫が殆ど主役となり
 かつ、極めて苦しい芝居を連発する事になるとは
 気付いていないのであった(笑)。
 はっぴょうかい。
 ドレスが、また日の目を見る機会はあるのでしょうか。
 先日発表になったソロ活動で、何かしら機会があるかもしれませんね。
 彼女のピンクドレス姿を刮目して待て!?
2008年2月 記事数10
 更新数はそれまでよりかなり落ち目。
 この時期、初の富山行を行ったものの
 ラジオがまだ更新されていなかったので、報告するわけにもいかず
 また、彼女の知名度無関係の代表作『true tears』のアフレコ収録も
 この時期に終わった…と記憶しているのですが
 それも口を開いたら総ネタバレ、想い溢れてしまうでしょうしね。
 あまあま。
 では、自身のブログ更新頻度について反省。
 気にする事ないのに。
2008年3月 記事数12
 この月は、僕がはじめて『あやひごろ』を、というか
 初めて声優さんのブログを覗いた記念すべき月。
 …あれ?4月頭だったかな?とにかくこのあたり。
 『true tears』の素晴らしさに魅せられていて、
 少しでも作り手が作品に対して何を言っているか、
 どう思っているかが気になって探していたのです。
 公式サイトにある、インタビューの素晴らしさと
 同時に、何度か取り上げた事もある
 あやひごろベスト記事
 おわってしまいました。には大変感動させられました。
2008年4月 記事数9
 初のヒトケタ(笑)!
 『true tears』と、そしてDC2SSの芝居、
 更にそこに変化球としてPIPOPAでの様々な芝居が絡む事で
 演技者としての評判が、
 一気に高まりつつある時期だったように思います。
 忙しかったのでしょう。
2008年5月 記事数12
 五月病。
 「五月病」の事を「さつきびょう」と呼んだ事について。
 ラジオで口にされた時、浅沼晋太郎さんが驚いておられましたが
 まぁ、あの時はそれより自分をさして
 「ブルジョワー!」と言った事の方が衝撃的でした(笑)。
 …しかし、これが1年以上後
 『そらのおとしもの』で『五月(さつき)田根美香子さんと出会う
 布石だったとは、誰も気付かないのであった…。え、そうなの?
2008年6月 記事数12
 やはりこの月と言えば、
 パパママ。
 での「親不孝宣言」、その翌日の反省に尽きる(笑)。
 おかえり。
 ではDC2SS最終回について。
 まさしく「パワーを使う」という表現が相応しい演技でした。
 これ、別の角度から眺めると「パワーを使うような演じ方をした」とも言えて
 人によっては可愛く、綺麗に泣いてしまいかねない所を
 ガチンコの極北のような演技で…楽しませて頂きました。
2008年7月 記事数10
 たなばた。
 
最近弟が「料理楽しい!」とか「これ俺が作った」と料理の写メを見せられ、かなり焦っている高垣彩陽です。


友達の家で教わりながら皆と作っているそう…
ひー!!!
ますます危機感を感じます…

 …この危機感はどこにいったのだろうなぁ…(笑)。
2008年8月 記事数13
 ほっこり〜。
 で、でたー!「自称富山親善大使」という宣言が登場。
 のちの南砺市観光大使に至る夢の実がここに。
 あなたはだれ…。
 では忌火起草をご紹介。
 当時遊べる環境になかったもので、涙目でスルーしておりましたが
 改めて読んでみると、彼女自身なかなかの想いを抱いての作品だった様子。
 『true tears』のおかげでPS3も買った事だし、これを機に遊んでみよう。
2008年9月 記事数12
 この月は、なんといっても高垣彩陽さん一人旅デビューの月。
 富山行。
 あやひごろ最長クラスの文章は、とにかく感動的な体験を
 言葉にして、刻んでおきたい!そしてその素晴らしさを知ってもらいたい!
 という想いに溢れているのでした。
2008年10月 記事数16
 久々に記事数が月の半分を超えたのは、
 誕生月であると同時に様々なイベントがあり、
 表に出る機会が多かったからでしょう。
 バシンのイベント、翌月の収穫祭の告知や準備、
 そして何よりマグマニ川崎の単独イベント。
 届いてたらいいな。
 このようなイベントの定期開催を期待したいものです(笑)。
2008年11月 記事数14
 放心中。
 で報告しているのは、ミュージックレインガールズ 秋の収穫祭。
 前の月の単独イベントに並び、お宝度の高いイベント2連発。
 こちらはミュージックレインガールズ単位、つまりのちのスフィア。
 スフィアが活躍を続けるほどに、あの時イベントに参加した人は
 年寄り気分で懐かしみ、自慢できるようなイベントと言えるでしょう。
 
あんなに沢山拍手をいただけるなんて信じられず…嬉しいのと、驚きでてんぱってしまって、折角皆様が気持ちを込めて山崎さんと私に送って下さった拍手を途中で断ち切ってしまって、申し訳ありませんでした。
なんて皆様に失礼をしてしまったのだろうと、とても後悔しました。
凄くびっくりで、凄く嬉しかったんです!!
本当にありがとうございました!!

 この時のスタンディングオベーションは、
 作為の色がまるでない、素晴らしいものでした。
 どうしてもスフィアの中のソロパートだと、流れというものが存在し
 次のメンバーに引き継ぐ為、そこで留まってはいられない。
 だからこそ、秋の収穫祭での、彩陽さんが思わず打ち切ってしまった
 あの拍手ですら、これまでで最高のものになっている。
 彼女がソロで活動するという事で、
 きっとこの時以上の拍手が味わえるでしょう。近いうちに。

 半年以上前から特別に意識はしていましたが
 このイベントでもって、スペシャルな人なんだと確信したので
 これ以降は、ブログ開設までトラックバックはしていなくとも
 実質全部の記事に脳内トラックバックしていて、
 書くことがあまりない(笑)。
2008年12月 記事数17
 このあたりから、印象としては
 僕がトラックバックをはじめてからの『あやひごろ』と
 まったく同じ香りがするといいますか…
 慣れたのかな?或いは今と同じ売れっ子状態だから?
 上記の通り、僕の意識がこのあたりで更に切り替わった為?
 おそらくその全てなのでしょうが、特には
 基本的に私信的なものは前口上に、
 後は仕事の報告に、という形が定まったのでしょうね。
 ちょうど収穫祭が終わり、スフィアが動き出す前段階の時期でした。
 2008年のごあいさつ。
 では、写真に本物の落し蓋が登場。イイハナシダナー。
2009年1月 記事数15
 秋の収穫祭と、春のチョコ祭りの間のこの時期
 スフィアの皆さんの話だと、
 はんせい&ほうふ。
 ミュージックレインの新年会が開かれたこの時期に
 正式にスフィアの話を…聞いたとか…?
 あれ、2008年の忘年会という話だったかな?
 とにかく、のあたりでスフィアというプロジェクトが正式に動き出し
 それを反映して、彩陽さんの発言も
 色々と含むもの、期するものが窺えるのが
 こういうものを後から読む事の面白さですね。
2009年2月 記事数13
 スフィア結成月!!!…で、いいのかな?(笑)
 CDデビューは4月、結成月は2月。のはず。
 スフィアです。
 緊張と不安と喜びが良く感じられる文章。
 当日に軽くブログを更新し、そこから「詳しくは明日」的な事を言って
 その後想いが溢れて数日後になるのが、既に彼女のお約束。
 ファンはわかっているから、急がなくていいのさ。

 ヤサシイウソ。
 では、各所で話題沸騰!なバッグについての彼女の姿勢が出た一言。
 
「荷物詰め過ぎ」というご意見が多いです…。
ですが、チャックの部分が破けてしまっただけなのでまだまだ使えます♪

 いやいやいや(笑)豊崎さんがいっつもチャックあけっぱなしを
 気にしておられます。あれが一般的な反応(笑)。
2009年3月 記事数13
 さみしいなぁ。 
 2008年の『おわってしまいました。』に続く春の別れ。
 声優さんという職業柄、3ヶ月に一度こういう事が起こる中
 卒業シーズンと相俟って、春はセンチメンタルになる事が多い模様。
 しかし、我々は彼女の作品への、役への姿勢を愛しているわけで
 こういう弱音は、いい弱音!っていうかこの写真かわいいね!←おい
2009年4月 記事数16
 めぐるめぐる。 スフィアCDデビュー月という事で、デビューイベント等もあった月。
 店頭イベント的なものはコレが初めてで
 スフィアのデビューイベントは、
 僕の記念イベント系デビューだったりもします。
 パーン。
 ここで久々に、彼女のストラップ…じゃなかった携帯電話が登場。
 この時期、下田麻美さんの超ラジ!では動画の中
 動く携帯(笑)もお目見え。パンストラップの圧倒的な存在感を武器に
 様々な声優さんの話題になるのでした。
2009年5月 記事数14
 だむっだむっ。
 
練習中、自分の番が終わって一息つき…、勢いよく椅子に座ったら後ろの壁に後頭部を強打した高垣彩陽です。


ゴンっ!!!って音がしました(笑)
かなり痛かったですが、それよりもおかしくて笑いが止まりませんでした。
はるちゃん…心配かけてごめんね!

 これでご自分がドジっ子ではないと言われましても…な
 「いつもの」(笑)出来事。
 最近ではデュラララ!の取材中、頭から落ちたそうで
 スタッフブログにも書かれております。
 気をつけて…も、こうなるんだろうなぁ…。
 この月はなんといってもスフィアの最初の「ライヴ」?
 コンサート的な、チケットを専用で売る大きなイベントがあった月。
 この時の『祈り〜you raise me up〜』はさぁ…本当に素晴らしくてさぁ…
 「俺はあそこにいたんだぜ!」なんて叫んで
 プレミア感を自慢するのも悪くないのですが
 それより多くの人に聴いて欲しいので、はやく音源化して下さい。 
2009年6月 記事数15
 せいてんなり。
 ラジオ『夜ナ夜ナハッスル』でも話題になった
 高垣彩陽ひとりあそびコーナー(笑)。
 ざわわ。
 では、沖縄慰霊についての彼女らしい言葉。
 戦争は主義が絡むので云々、と言い出す人もいますが
 彼女の捉え方は至ってシンプル、
 誰かには必ずその誰かを大切に想う誰かがいるのだから
 その生命が失われるのは、悲しい事。だからなくなるといい。
 非常に、らしいなぁ。
 今読み返すと、これが8月に『涙そうそう』をカバーした事に
 つながっているような気もします。 
2009年7月 記事数18
 もっと好きになっていい?
 もっともっと好きになっていい?
 この月は3度目の富山、じょうはな座イベントの記事で
 前後編状態。2つ合わされば最長記事。
 前年の富山行と競う最長記事…富山が関わるt凄くなる(笑)。

以降はトラックバックをしていっているので、割愛しますが
数だけは辞典?として出しておきましょう。
2009年8月 記事数13
2009年9月 記事数12
2009年10月 記事数19
2009年11月 記事数10
2009年12月 記事数20
2010年1月 記事数18
2010年2月 記事数17
2010年3月 記事数13
2010年4月 記事数20

計433!
一ヶ月での最高は記事数22!最低は9!
月平均14.677!(開始した2007年11月を0.5月として計算)
12をかけると176!
惜しくも一年の半分には届きませんでしたが
(アメブロで、今月中に記事7つ書くと突破しますw)
そのブログの書き方や性質を考えると
物凄いペースであることがわかります。

旧あやひごろさん、これまで楽しませてくれて、ありがとうございました。
新あやひごろさん、これからもよろしくおねがいします。
まあ、僕は新も旧もなく彩陽さんを応援するから
関係ないんだけどね!って時間かけて調べておいて自己否定!?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
продвижение <a href="http://vtope.com.ua">раскрутка сайта</a> и оптимизация
Jakushev32Vasilij
2011/02/08 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
高垣彩陽さんのブログお引越し記念、第一期あやひごろ大辞典 ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる