ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS そらのおとしもの キャラクターソングアルバム〜そらの音楽祭〜

<<   作成日時 : 2010/03/09 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

関連商品の売上げもなかなか好調、
確定情報こそ出ていないものの、アニメ2期は
殆どキマリなんじゃね、と囁かれている『そらのおとしもの』。
今月は原作新刊、PSPゲーム、イベントなど目白押しな中
その一つ、キャラクターソングアルバムを購入。
さすがセブンネットショッピング…確実に前日に届くぜ…
Amazon?ハハ、画像をブログに手軽に乗っけられるから貼ってるだけさ。
賢い大人は新作CD・雑誌はセブンネットショッピング!
これでキマリ☆←回し者乙

そらのおとしもの キャラクターソングアルバム
コロムビアミュージックエンタテインメント
2010-03-10
TVサントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


当方、いい加減宣言するのもしつこいと思いつつ
そのしつこさが自虐趣味的なイミでクセになる為
毎回繰り返している通り(長)
声優・高垣彩陽さん応援ブログなので
生徒会長・五月田根美香子さんのキャラソンが入っているというだけで
購入する事は確定しておりました。
しかし、今回は別の事情…と言っていいものか

TVアニメーション「そらのおとしもの」大感謝祭 〜「そらのおとしもの」青春ヒットパラダイス〜

に参加させてもらうため、その権利を得る為にも購入。

この辺の、この人(自分)の面倒くさい考え方は
以前書いた事があるのですが
チケットを取るに値する存在でなくてはいけない、と思っているらしい。
取れないケースの反動として。
元記事で触れている通り、そんな感覚は幻想であって
他人を律するために使えるものではない、とわかった上で
敢えて自分を律する為だけに使っている、自分ルールです。
その面倒くささを楽しんでいる、と思ってやってください。

このイベントに関しては、1300人キャパのうち
半数強を確保した?先行予約では落選者が結構出つつも
一般発売が完売って事もなく。
おそらく、ライブハウスのスタンディング1300人だから
「今更買っても後ろだし…」という感覚になるのでしょうが、
つまり、チケ取る分には誰に遠慮する事もない状況なので
別に、自分ルール的なイミでの「権利」も、不必要なんですけど。

とはいえ、一応自分の中の納得の為です。
EDについても触れている
2009年10月期選考でも、OPED選考に選んでいるし
もうOKだろう!
ただのあやひーファンとしてだけでなく、
ここまで条件揃ってるなら、参加してもいいだろう!

※だから、いいも悪いもありません

まあそういうワケで、どういうワケかわかりませんが
参加宣言代わりにキャラソンアルバムも律儀に触れておくんだぜ。
そういえば、EDコレクションでもやっておけば良かったなぁ…
まぁ、結構かぶちゃったんですよね、上でリンク貼ったED記事と。

「キャラクターソングアルバム」というのは若干嘘を含んでいる、
と言うと少々言葉が強いでしょうか。
ただ実際、そんなに純度の高いキャラソンアルバムではない。
既にTVサイズでは存在していた、桜井智樹の「チクチク・B・チック」と
イカロスの「fallen down」のフルバージョンを除けば
このアルバムの為に新規に録られたオリジナルキャラソンは
そはら、守形、会長、トモ子、ニンフだけ。
主役2人の新規キャラソンもありませんし
5曲と言うと、実質ミニアルバムと言った方が良さそうな曲数。
そこを、サントラ未収録のBGMを合間に挟む事で
フルアルバムの体にまで、「持ち込んでいる」といった方が正解。

まぁ、僕らは2曲しか入っていない1000円越えのシングルCDを買う
バカな国民なので(笑)
新規録音5曲+2フルバージョンを3000円で売る事自体を
殊更に責めよう、という気はさほど強くはないんですけど。
でも、あんまりあこぎな事やってて、購入層にそっぽ向かれたら
自分達の首を絞める事になるので、その辺はうまく
バランスとって搾取(おい)してあげて欲しいな、と思います。
このCDアルバム形態ならまだしも

『そらのおとしもの』 DVD 第7巻 仕様変更のお知らせ

これはさすがにマズいんじゃないのか?(汗)
特典話を別売りOVA(OAD)なり2期用ストックなりに、
後から変えるってのはダメだろう…値段と釣りあわないし
イベント映像も、権利の関係か参加者の半分以上は収録できない様子では
とても空気を再現したものにはなりえない。
これは、仕様変更に伴い価格も下げて然るべき。
第1巻は1話だけ、という作品もありますけど
その場合、それなりの価格ですからね…

普段「(汗)」なんて使わない俺が
思わず使っちゃうくらい、ちょっと大名商売が行き過ぎてヤバイ感じなのですが
アルバムに関しては、日本のバカ高いCD市場においては
2500円か3000円かという違いでしかないので、それほどの問題ではありません。
ていうか、あやひーのキャラソン一曲で3000円余裕です!(いつもの本音)

さて、全曲をご紹介…って、サントラ未収録BGMはいらないな。
BGMってなんですか?YMOのアルバムですか?というくらい
合間のBGMには興味がないので、キャラソンだけ触れます。
BGM
ソニー・ミュージックハウス
2003-01-22
YMO

ユーザレビュー:
BGM"Music ...
テクノデリックとなら ...
賛否を噴出したあるば ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ちなみに、僕はYMOのアルバムの中で『BGM』が一番好き。
曲としては『テクノデリック』の「TAISO〜体操」が好きなんですが〜。
…でっていう(笑)。

TAISO〜体操

ブルマ!という響きに
『そらのおとしもの』に通じる何かを感じる。
※病気です


1. チクチク・B・チック (CD Full Version) 歌・桜井智樹(保志総一朗)

文化祭の回にて、本来演出のピークは
イカロスの「fallen down」に集まらなくてはいけないハズなのに
どう考えても、その前のこの曲でヒトヤマ迎えてしまったという、
『そらのおとしもの』という作品全体に漂う
「そこまで精緻に組まれているわけでもなく、
上手くいってるわけでもないんだけど、
全体的に好意に値する」っぷりを象徴する楽曲。
「本気でバカやってる」ぶりが美しい。
まさかの長尺、4分35秒(笑)。
何せ、妙にアレンジがいい。
作中でイカロスが吹いている法螺貝が、妙に脱力感を生み
また、なんでかドラムが妙にいい。
アニソンは打ち込み主流な為、ドラムに冷たい世界なのに
(ギターには逆に優しいよね)この曲のドラムは素晴らしいです。
ドラムは、えーと

…ば、ばかな…この歌詞カード、バックミュージシャン情報がねぇ…!orz

というわけで、演奏は永遠の謎なのでした。
メインは歌い手の声優さんであって、皆興味ないだろう…
ってのは、わかるんですけど
こういう所しっかりしていかないと、アニソン業界
そのうち自分達が困る事になるよー。
モータウンはそれで大変な目にあったんだから(大袈裟)。
永遠のモータウン [DVD]
東北新社
2004-11-25

ユーザレビュー:
演奏シーンを楽しみま ...
音楽ファンは見るべし ...
陰の立役者達への慰労 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

※知りたい人はこの『永遠のモータウン』を観よう!
 これは泣く!まじで泣く!僕は号泣した!
 …でも、そらおとに関係ない!(笑)。

とにかく、バックミュージシャンのクレジットは
全世界の全作品で徹底されてほしいな、と思います。
って思いっきり脱線しましたが
保志さんのハジケた歌いまわしと
原作者、水無月すう先生のダメな歌詞が結びついた
至極で地獄の4分半。
この曲を一曲目にしてくるあたり、大したものです。
大したバカって意味ですが(笑)。

しかも、何故か4分前あたりで曲調が劇的にに変化し
リゾート状態になるっていう。わけがわからない(笑)。

3. キミにChop!!! 歌・見月そはら(美名)

高垣彩陽ファンとしてこんな事を言うのは非常に不本意なのですが
(なんでだよ)
凄くいいです。うーん、凄くいい。

現在の複数ヒロイン作品、並列ヒロイン構造や
ハーレム構造、と僕は呼んでますけど
かつて取ったもん勝ち感のあった
「幼馴染」属性が一周して弱っちくなっている、という説があって。
勿論極論すると作品次第の話ではあるのですが
幼馴染であるというだけで物語に上がる権利を得られる一方
幼馴染であるという事実がもたらす安心感であったり、
そこで築かれた固定された距離感が、物語開始からの
ドラマチックな展開・積み上げにおいては
逆にマイナスに働くことが多いといいましょうか。

特にこういう、空から天使が降ってくる
=非日常襲来パターンは
幼馴染が日常そのものを背負うことが多くなるんですけど、
そもそもの話
「非日常が来なかったら、この物語始まりすらシネエ」わけで。
つまり、土台分が悪い。だって非日常に振れる事が
作品のレゾンテートルに近いんだもの。
ここに反旗を翻したかったら「Fate」の間桐桜ばりに
仕掛けを仕込まないと、なかなか「日常を支える幼馴染」
だけだと、竹やりでB29に挑むようなものです。

で、『そらのおとしもの』はその典型と言えるような作品で
そはらさんは、間違いなく設定的に徒手空拳なのですが、
その徒手空拳である事を、ポジティブに活かしている。
だからこそ、必殺技が「チョップ」であるというのが味わい深いのですが
(何もオプションもっていない事の象徴だから)
曲名もそれに倣っているし、
歌詞が全力で、こういった作品構造における
幼馴染かくあるべし!という宣言になっており
大変感銘を受けました。

なんであのコにばっかり優しいの?
たまにはこっそり泣いちゃうよ

振りまわされてキリキリマイ…それがどーした!
キミのことなら誰よりも知っているもん負けないもん
こんな程度じゃへこたれない 元気出して
フレッフレッわたし!

正しい、正しすぎる。
「弱い幼馴染」は、ここまで徹底する事で
存在を確立する事ができる。
『おまもりひまり』の幼馴染・凛子も参考にすべき、って脱線。

美名さんは、特別上手い人ではないけれど
過呼吸気味に、まっすぐ打ち出す歌い方が
戸松遥さんにも若干似ている。
こういう人が、この曲のような純情一本槍路線を歌うと
そりゃ当然、ハマります。いい曲だなあ。
幼馴染属性の属歌として認定しよう。

属歌って何?あ、「ぞっか」って呼んでください(笑)。
国家的な意味で。

5. Neo=Frontier Spirit 歌・守形英四郎(鈴木達央)

これなんてエレファントカシマシ?

イントロの余りのエレカシ臭に大爆笑。
鈴木達央さんは、EDコレクションでは八面六臂の大活躍を見せたものの
音が高くなってくると、部長っぽさをキープするのは難しいようで
だから、合唱やデュエットで低音を支える使い方が効果的だったのですね。
ソロとなると、そういうわけにもいかず表に出るしかない。
そして、表のメロディを「守形」の声のままでやるのは、ツライ。
それが極端に出ているのが、サビのメロディ。
そしてそのメロディをアカペラで謳いあげる、イントロが
なんかこう、部長とか英くんとか言う以前に
…まあ、エレファントカシマシだと(笑)。

※最近だと、THE BACK HORNぽい

歌は下手じゃないし、曲も歌詞もいいのですが
(部長のまっすぐさが出ていて)
サビはどうにも、部長にはナカナカ聞こえない。
メロディが気を使えば、もっと英くんらしく出来たと思うんですが
鈴木さんも、「難儀なパス来たなあ」と思ったことでしょう。

この曲はベースが魅力的。
いや、ドラムも相変わらずいい。同じ人かな?
疾走感のあるロックを、かなりノリ良く演奏しています。

7. Princess 37564 歌・五月田根美香子(高垣彩陽)

こ れ は ひ ど い(笑)。

タイトルの時点で、既に厄い(やくい)匂いはプンプンしていたこの曲、
ある意味「チクチクBチック」的な価値観を
煮詰めて、振り切っちゃった作品。

つまり、「Bチック」は
「ダメな曲なのに、壮大」というギャップに味があった。
では「37564」はどうかというと、
キッチュで軽快なガールズポップ、という「明」「軽」の要素に
「富と暴力に物言わせ地上余すとこなく恐怖で支配」
「歯向かうもの蹴散らして君臨してみたい」
「群がるアリを次々踏みつぶしてみたいわ〜」
などなど、ドス黒く野望ど直球な歌詞、という
「暗」「重」の要素を組み合わせ
ギャップを突き詰めた作品になっています。

そもそもが
「女の子は誰もがお姫様(プリンセス)に憧れる権利があるし、
事実お姫様である事が許される」という
一般論を出だしとして
「五月田根美香子は女の子である」

「女の子だから、彼女も夢見るお姫様である」



「世 界 征 服 を 許 し て ほ し い 」

…この論法、最後の段階で、何か凄く飛んでるんだけども(笑)
とにかく、会長の夢を
「世界中の夢見る女の子」と同列に並べてしまった為、
キュートにドス黒いという
恐ろしい化学反応が起こってしまった。
軽快に「paint it black」とか歌わないで下さい(笑)。
メロディが軽い分、一瞬聞き逃してしまって直後
「…んあ!?」となる部分ばかり。
一瞬、普通の夢見るティーンソングに聞こえるのが恐ろしい。

高垣彩陽さんの歌唱が素晴らしいのは、言うまでもない事実。
歌い方も、最後の最後でちょっと音を引っくり返したり
とても表情豊か。彼女は一つ一つの小節も、ちゃんと物語にする。
(神様〜〜〜ぁ♪の「ぁ」であったり
 素敵ね〜〜ぇ♪の「ぇ」であったり)

やっぱりマイサンシャインやSAの頃より、
地声音域が微妙に広くなっていて
普通の歌声とファルセットの間に、地続き感が出ている。
これによって、総ファルセット任せな感じが減っており
メロディを乗りこなす感覚が、一段上がっています。
ナンテコッタイ、まだ成長するのか←嬉しそう

高垣彩陽応援ブログのルイさんとしては
歌の中で名前を呼ばれたことが嬉しかったり。

「屍累々」

それで嬉しいのか、いいのか俺(笑)。

9. 反則メタモルフォーゼ 歌・トモ子(藤田咲)

純正のアイドルポップスなのですが…
銭湯回で1度出ただけで、しかも完全に
智樹の意志コントロール下による量子変換存在なので
トモ子という独自人格がいるわけでもないのに
EDの「チャンピオン」に続き、2曲目を歌う
トモ子、藤田咲さん。どうなってんのこの優遇(笑)。

僕の中では、すっかり「ソフトな金田朋子さん」と認定されつつある
ハジケた味付けが魅力的。
まあ、トモ子はなんといっても「チャンピオン」のラスト
「ライラライ…」が面白くて
あそこで大爆笑してしまったのだけれど。
こう、初音ミクの反動なのか
「人間でしか表現しえない部分」にガンガン踏み込んでますねえ。
いいことです。「イエイ!」の言い回しなどが好き。
藤田さん、ミクを経てひょっとして成長しようとしている?
ミクを置き土産にフェードアウト…
って可能性も見てたんですけど(すいません)。

11. 許して sweet heart 歌・ニンフ(野水伊織)

どっかの充電ちゃんトレーニングEDのような曲名。
あちらの「お願い」ではなく「許して」であるあたりに
首輪に繋がれつづけたニンフの哀しみが見えますね(ホントかよ)
歌詞も、まっすぐにニンフの心情を歌ったもので
「空に逆らっても」というフレーズがわかりやすくて良い。
これぞツンデレの属歌
…は、釘宮理恵さんの歌とかいろいろあるから、保留(笑)。

藤田咲さんより
初音ミクっぽい歌いまわしなのは何故(笑)。
EDで「夏色のナンシー」を歌った人ですけど…ううむ。
いや、さすが最近の声優さん。歌も悪くない。

悪くないんだけど、自分を可愛く聴かせる歌い方を
わかって、通して選択している、というかな…
そういう意味では、まさに80年代アイドル的で
カバー曲はやはり適任だったのでしょうけど
…まあ、僕は虚飾のない彩陽さんみたいな存在に
惹かれる性質なので…自分の武器をわかってるな、と。
そういう判定になります。
キャラ先行より、野水伊織先行と感じる。
キャラクターソングが増えていく中で
今後、どう差を設けていくかが気になります。
これは、近いタイプの豊崎愛生さんなんかも同じなんですけどね。

基本生音比率大目のキャラソンの中で、
かなりデジタルな曲調というのも、やはり
「夏色のナンシー」〜「野水伊織」
という個性に合わせてのものでしょう。
確かに、デジタルに適していると思う。

13. fallen down (CD Full Version) 歌・イカロス(早見沙織)

Bチックさえなければもっと目立ったであろう、悲運の曲(笑)。
いや、いい曲だけにね。

こちらも野水さんほどではなくとも
歌い手先行、「イカロス?」と思わなくもないのだけれど。
曲がいいからそれほど気にならない。
素直に「早見沙織」という気もするのだが
それを言い出すと「我が家のお稲荷様」のEDも同じような印象…
野水さんたちと同じ
キャラより本人が先行するタイプだけど、歌唱そのものが
図抜けて上手いから、気にならないようになっている?
早見さんは、間違いなく「めちゃウマ」ですが
キャラソンへの姿勢は、あと数曲追いかけてみたいところです。

まあ、僕の場合、屈指のキャラソンマスターである
彩陽さんにキャラソン耳を鍛えられているので
ちょっと厳しい見方なのかもしれない。
とにかく、フォーリンダウンという曲単体としては
素晴らしい。その一語。
イカロスがこんな抑揚で歌うか?とか思うだけですね。
バックコーラスが素敵すぎる曲。

全体的に、キャラクターにしっかり即した歌詞世界で
(気を使いすぎじゃね?というくらい)堪能できました。
さあて、これとEDコレクションで、歌イベントの予習は完了と言った所。
実に楽しみです。一番楽しみなのは
ゆけゆけ川生で37564を聴けるぞ、と。
「fallen down」で早見さんの本気歌唱も聴けそうですし。
本当は、彩陽さんも最得意の歌い上げる系で
彼女の「本気」歌唱を見せ付けて
他目的でやってきた客を、がっつり掴んでしまえばいいと思うのですが
まあ、それはそれで。
気が向いたらイキナリyou raise me upとか歌ってください(笑)←ねえよ

あとは、DVD最終巻の仕様云々で
変なミソがつかなければいいなぁ…。

3月19日追記
会長的。
当然この記事を書いた時から、
トラックバック用として想定していました。
まあ、本当はCD発売の10日前後を狙ってたんですけどね…。

リハーサルも行われた(別日リハか!)という事で
楽しみ楽しみです。
既に公式サイトにて
ED曲は全曲披露!そして全曲生バンド!

と、いう大変期待できる情報が出ていて。
生バンドは嬉しいなぁ。
そして、ED全曲という事は…あれ?
川口浩やるの?(笑)
嘉門さん来るの!?皆でカバーするの!?
どっちにしても、ドキがムネムネしてきたぜぇー!!←そこで?

ED曲「は」という助詞の使い方に、日本語の奥深さを感じますが
通常の解釈だと「他の曲も、全曲じゃないけどやるよ」
と、なると思われます。
果たして会長的な37564は歌われるのか!?待て明日!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
野水伊織さんイベント情報(凛子役)
ゴールデン・ウィーク本日、野水伊織(九崎 凛子役)の直筆サイン入りブロマイドお渡し会が開催#%E:684%# &nbsp; 開催日時:5月3日(月・祝) 15:00〜 ...続きを見る
おまもりひまり動画「おまもりひまりの動画...
2010/05/03 16:17
そらのおとしものSR(そらのおとしものガチャガチャ)
そらのおとしものSR ...続きを見る
そらのおとしものf「そらのおとしものフォ...
2010/09/06 11:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そらのおとしもの キャラクターソングアルバム〜そらの音楽祭〜 ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる