ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS いつ放映されるかサッパリわからないが、アニメ『ケシカスくん』が地味に面白い

<<   作成日時 : 2010/02/09 10:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

現在、声優・高垣彩陽さんが出演している作品の中で
代表的なものと言えば『ケシカスくん』のボウズですよね。
…。…ゴメン嘘つきました。
堂々と言い切ればそのまま押し切れるかなーと思ったけど
自分で自分を赦せなかった。
訂正して、それは普通『はなまる幼稚園』の柊です(渋々)。
※『はなまる幼稚園』も柊も大好きです!(笑)

ですが、個人的には『ケシカスくん』かなり楽しみです。
深夜アニメでないどころか、おはスタという朝番組内アニメという事で
まるでチェックしていないアニメソムリエさんも
ある程度いるのだとは思いますが、
悪い事は言わない。観ておくんだ。
…って、変に持ち上げるほどのものでもないんですけど(笑)。
しかしまずは挑発的な事を書いて、食いつかせないとね。

君達は!
アニメオタクを名乗りながら!
夕方や朝のアニメを簡単に意識から外し!
番組内アニメをなかったかのようにする!!!

orz
あれ、どうして書いた自分が大ダメージ受けてるんだろorz

ま、まあ、全部観るなんて荒行、
そうそうできるものでもありませんし
ある区切りを設けるのは、当然の事ですけどね。
最近不況のあおりが2年遅れくらいでやってきて、
深夜アニメの本数も減ってきてますから
そこで生まれた余裕で、ちょっと観てみては如何でしょうかと。
ええ。そこをなんとか、旦那。フヒヒ。
↑急に下手に出る

僕は元々、音楽も凄く好きな人間で、
特に昔の「3分芸術」という考え方にシビレていました。

※突然脱線したけど、後で戻るよ!

当時のヒットの鍵を握っていた、ラジオ局にとって
かけやすい、などの理由で、
50年くらい前までは
「ポップミュージックは3分以内に」という
暗黙の不文律が存在していたんですね。
アイディアが沢山あっても、それを削って3分に詰めるからこそ
そこには、俳句のような美しさが出るし(「引き算の美学」)
実際詰めてみれば、多くの曲なんてそれくらいで収まるのでした。
つまり、3分以内に収めようという感覚が根底にあるからこそ
時たまそれを突き破るような長大な曲が映えるわけで…
詰めの意識もなく、5分6分を常識としている今のポップは
間違ってしまっている、と

ブログそのものがプログレも真っ青の
超長尺インプロビゼーション野郎が、自分棚に上げて
ヒットチャートに文句言いまくっているので、1000文字割愛


…なんですよ!!(文句終わり)
と、いうのはおいといてですね。
その削りの美に対する憧憬があったから、週刊漫画なら16なり18P
TVアニメなら20分少々、という外枠の存在する世界に
強く惹かれたのだと思います。
削る意識があってこそ、取捨選択の末生まれる作品は光ります。
ゲームがPS2以降一回落ちた(僕の感覚で)のは
部屋(容量)が広すぎて、予算などの個別事情でしか
削る必要に迫られなかったことが、遠因だと思ってますし。

…で。
その感覚でいくと、この番組内アニメの
「90秒」という世界が美しい。
『マリー&ガリー』の5分未満の時間は、ちょっと僕には
帯に短し襷に長しな感覚があり、あまり
美を感じられませんでした。
(しかも、それで1週間1話というのがどうも…)
どうせショートアニメなら、ここまでいくと
骨組みしか残らず、大変に味わいがあります。
15秒アニメ等になってくると、出オチ要素が強くなるので
また別物で、この90秒というのは
物語の、起承転結の形を残せる
ギリギリの「際」という感触があるんですね。

しかも『ケシカスくん』の場合、ほとんどの場合
ケシカスくんの「ノーン」でオチるという定型を持っている為
そのノーンにどうつなげていくか、という、
「削りの美」だけでなく、「逆算の美」もあって。
ゆえに毎回の脚本が締まっており、
アニメ好きとしても、音楽好きとしても、
大変満足できるのです。

べ、別に、あやひーが出てるってだけで
観てるんじゃ、な、ないんだからねっ!
↑主張があるならここでどもるな

だから「『ケシカスくん』はまるで
バート・バカラックの曲のようだね!!
と思って観ているのですよ。

おお凄い、書いた本人が「ウソつけ!」って思っている(笑)

で、岩田さんの演技も彩陽さんの演技も素晴らしいし
正直、本当にかなりのお気に入りなんですけど、
唯一最大の弱点がありまして…

放映される日がサッパリわからないorz

高垣彩陽さんの月例演技チェック 2010年1月版

↑の記事では、
…って、なんか隔週っぽいよ?よくわからないから
不安で毎日録画してますがorz

というように
「多分隔週だとは思うんだが、確実にそうとも言い切れないので
毎日録画している」という姿勢を取っていて。
これって、ちゃんと調べるなりすればどこかに答えはあって、
単に僕がgoogle先生と疎遠で
調べてないから、知らないだけだとも思っていたんですよね。
そうしたら、なんと出演者の彩陽さんもやらかしてくれました。

ぱんだねこだるま。
そして今週はおはスタで『ケシカスくん』が流れる週ですので、お見逃しなく〜♪


翌日(笑)

今朝…。
皆様こんばんは!
朝おはスタを観て、「ひゃー!」っとなった高垣彩陽です!

夕べのブログに今週は『ケシカスくん』が放送されると書いてしまったのですが、今週は『ペンギンの問題』が放送のようです。
変則的な放送のようで…
知らなかったとはいえ、勘違いしてブログで皆様にお伝えしてしまい、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんでした。


あやひーも隔週放送だと思っていたようですよ?
っていうか、出演者が自分の出演作品を告知して
朝起きて待っていたら、出演者が
「さあ今日もこの時間!…ペンギンの問題!」
とか言ったと。…血の気が引くでしょうね、これは(笑)。

まあ、心配することはないんですよ!
どうせ、いつ放送するかわからず毎日録画してますから!
(『ペンギンの問題』は、個人的にちょっと
 塗りが気になっちゃうんですけどね…)
告知しようとしてくれた、そのお心遣いがありがたいのです!
あやひーやさしいよあやひー!
あやひーかわいいよあやひー!

(以下、あやひー○○あやひータイプの賛辞が
 100個続くのでまた割愛)

しかし出演者も混乱してしまったという事で
いよいよもって、完璧な「変則」状態に突入。
僕は諦めて毎日録画を続けますが、皆様におかれましては
まず、月曜の「おはスタ」2部を録画してみてはいかがでしょう。
月曜に放映された週は、金曜まで放映されます。
(最後にケシカスくんが「明日も観ろよ!」って言うから)
そこでアタリハズレを判定すれば、苦労も少ない、というわけです。

…これで週の中でも放映したりしなかったりしたら笑うけどな(笑)。

少し前に、ジーベックが制作していた、
『ロックマンエグゼ』の番組内アニメが、凄くクオリティ高かったんですけど
映像化されないシリーズがあった…みたいな事もありましたし。
これもその辺怪しいので、序盤逃したからいいや、などと言わず
とりあえず観てみてくださいよ。
普通に面白いから。

ここまで長々書いて「普通に」どまりなのかっていう…
まあでも、「引き算」の感覚を共有できる方なら
大まかには通じるんじゃないかな、と思いつつ
ビビリ症の僕は、今週はもう放映されないだろう、と思いながらも
おはスタの毎日録画を続けるのだった〜。

※というか、昨日(月曜日)
彩陽さんの予告があったのにも関わらず
『ペンギンの時間』が始まった時、
「うわ!?ひょっとしておはスタ一部に引っ越した!?」
と真っ青になったのは、ここだけの話。
このビビリ野郎!orz

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつ放映されるかサッパリわからないが、アニメ『ケシカスくん』が地味に面白い ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる