ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤングガンガンのバレンタイン特別付録が豪華すぎて、チョコラテ吹いた

<<   作成日時 : 2010/02/09 08:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヤングガンガン2010年04号を、付録ドラマCD目当てに買いました。
『はなまる幼稚園』の3人娘
=高垣彩陽さんが参加しているというだけで
迷う理由はなく、そこだけ確認して買ったのですが…
それ以外も、なにやら凄い事になっていました。
とにかく、キャストが華やかなのです。
画像

これぞまさに、ヤンガンスターシステム
観てください、このキャスト。贅沢すぎるぜ。
画像

作品を言われないと、思い出せないという
声優に疎いアナタの為に、代表作付きで
紹介してさしあげましょう!

あの!『Fate/stay night』間桐桜役
下屋則子さん!
あの!魔法少『極上生徒会』蘭堂りの・プッチャン役
田村ゆかりさん!
あの!『そらのおとしもの』イカロス役
早見沙織さん!
あの!みなみ『天元突破グレンラガン』ヨーコ役
井上麻里奈さん!
あの!とっとこハ『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』ツヨシ役
間宮くるみさん!
あの!ARIA『灰羽連盟』ラッカ役
広橋涼さん!
あの!魔法先生ネ『ネットゴーストPIPOPA』秋川勇太役
佐藤利奈さん!
あの!マリア様がみ『シゴフミ』フミカ役
植田佳奈さん!
あの!狼と香辛『明日のナージャ』ナージャ役
小清水亜美さん!
あの!『こどものじかん』鏡黒役
真堂圭さん!
あの!『true tears』石動乃絵役
高垣彩陽さん!
あの!『かみちゅ!』ゆりえ様役
MAKOさん!
あの!ひだまりス『今日の5の2』平川ナツミ役
阿澄佳奈さん!
あの!初音ミ『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』小鳥桃葉役
藤田咲さん!

ふうふう…豪華さがわかっていただけたでしょうか。
言いかけて消したほうのタイトルは、気にすんな!←
代表作がてんで代表作じゃないじゃん、的なツッコミは
作品の質だけで代表作を決める俺と
作品討論する覚悟を持ってからツッコんでいただこう!
↑横暴マイナー野郎なので放っておきましょう

これから始まる『WORKING!』と
かつて終わった『バンブーブレード』等を
登場させていることがとても良くて。
どうしても、雑誌の誌面を華やかにする為に
現在アニメ放映中、または今後アニメ放映する作品に
情報・企画が集中してしまいがちな中にあって、
「かつてアニメ化された」という功績も等価に扱い
連載中作品をひと括りにする事で、綺麗に祝祭感が出ています。

女性シバリなので、ヴァンプ将軍がいないのは仕方ないですし
(ウサコッツってメス扱いだったのか…w)
『咲』のタコスは中の人(釘宮さん)が忙しそうだし…と
ドラマCD登場アニメ全作品全話を観ている僕も、せいぜい
『バンブーブレード』はさとりんより、キリノ部長じゃねえのかなぁ…
と思う程度で、ほとんど異論のない
素晴らしいセレクションになっています。

本編は、ヤンガン作品の方向性にあわせ
バトルサイドと、日常サイドの2話構成。
計52分という時間も、ちゃんとしたボリュームです。
基本、作品ごとに1話と2話に振り分けられているものの
ウサコッツがまさかのリャンメン出演で、大活躍(笑)。
特にバトルサイドな第一話での悪役演技は
『コメットさん』の熱烈なファンとして
ツヨシくんが「のこしたおばけ」の演技をしているようで
↑マニアックすぎ 
感涙もののレア演技なのでした。

男性キャラが皆無、という点を逆手にとって脚本も遊び気味。
本来、パートナーがいないと無力な
結・クロも何故かパワー全開。
特にクロの「ひとりシンクロ!」には笑いました。
それはシンクロじゃないよ(笑)。
また『黒神』では
「もうこの叫びばっかり聞きすぎて、
他のセリフ思い出せません…orzカンベンして下さい…orz」
というくらい食傷感のあった
「イクシード・メガエグゼ」も、久々に聴くと
何故か懐かしかったり&嬉しかったりして
不思議な気分になりました。
あ、正確には「イクシード・チョコエグゼ」か(何だそれ)
…って、
僕別に『黒神』好きじゃないのに
(最終話は好き。吉田玲子さんだったかな?あれは枯れてて良かったですねえ)
こんなに印象が支配されてるという事は、
脚本家が『黒神』を上手くいじっていたという事でしょう。

肝心の高垣彩陽ファンとしても、2話のタイトルコールを柊が担当し
「ばれんたいん・ちゃーんす」という(言い方が若干アタック25)
謎のエコー気味エフェクトが妙にツボだったり
皆が「ハ・ワ・イ!」とコールしている中
1人で「ワ・イ・ハ!」とコールしているおっさん柊がウケたので
満足。
更には、最後の2分を使ってのスタッフ・キャスト紹介も
佐藤利奈さんがお上手で、そこも満足。
つまり、中身それ自体も十分愉しんだわけですが…
それはともかくとして、売れて欲しい!
と願わずにはいられません。

これは、同一雑誌内でアニメ化作品を複数抱える雑誌において
新しいスタンダードになりえる付録ですよ。
だから、成功して欲しい。
雑誌という括りの中で、世界をつなげる企画自体は
これまでも、例えば週刊少年ジャンプの表紙であったり
同じくジャンプ、ほかにも電撃文庫、サンデー&マガジン等の
オールスター系ゲームで存在してはいたのですが、
ゲームでは企画が大きすぎて小回りが利かないし
絵だと、単に別の作家が描いて当てはめているだけなので
集結感に乏しい。
ところが音声だと、声の下に全作品が綺麗に横並びし
等価に存在を主張するわ、
コストも手間もアニメやゲームほどかからないので
雑誌付録として成立するわ、といいことづくし。
是非とも!是非とも、ヤングガンガンの定期企画になるとともに
他の雑誌もパク参考にして頂きたいのです。

ただ、売れてくれない事には企画は続かないし
他雑誌もパク参考にはしないでしょう。
だから、買ってもらいたい。
正直、既に某動画サイトにUPした不届きものもいるのですが
(せめて2週間待てよ…なんにもわかってねえな…
 ※いや、二週間経ってもダメなんだけどさwそれはそれとしてw)
その動画をクリックしてしまう程度に
各作品、各声優に興味があるなら、素直に買ってください。
「みんなでコメしながら聴きてーんだよう」的な妄言(笑)は
雑誌を買って、ヒラヒラ振りつつ動画鑑賞してから言ってください。
小学生卒業以上は、例外なくそうしなきゃダメです。
「ダメ」って、いつになく強い言葉使ってますけど…

だって、340円ですよ?
雑誌込みで、このキャストの50分オリジナルドラマがついて
340円。ここは昭和中期の物価か…。
これが数千円の買い物なら、各々「そこまででもない」
などの言い分もありましょう。
でも、この値段じゃ成立しませんよ。
興味があるなら、素直に買って
ヤンガンの部数…は、急には伸びないけど
実売率を上げまくっちゃってください。

ここに出ている作品、声優さんに興味があるなら
言うまでもなく。
そうでなくとも、この企画が成功することで
のちのち、あなたのお気に入り作品or声優が
恩恵に預かるかもしれないのです。
なかなか、終わっちゃったアニメ作品の演技なんて
聴けないものですよ〜…この贅沢さをかみ締め
それを当たり前と思わず、続くように
皆でヤングガンガンを買おう!ホレ本屋!今すぐ本屋!

↑完全にスクエニの回し者

それにしても、340円でこのキャスト・時間…
普段、ドラマCDに3000円出してる俺たちって
なんなの、とシラフに返ってしまいますね。
ていうか、ドラマCDの為だけに
ゲームブックDS アクエリアンエイジ Perpetual Period(限定版)
ブロッコリー
2010-02-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

アクエリアンエイジのDSゲーム、しかも限定版を買おうという自分が
何かこう、強烈に哀れに思えてきますよね…orz
観ろよ、このカードゲームもやった事ない俺が、いちキャスト目当てに
限定版買う滑稽さ…orz
下を見ると、なんか安心するでしょう?by下
340円くらい、ほいほーいっと、YOU出しちゃいなさいYO。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤングガンガンのバレンタイン特別付録が豪華すぎて、チョコラテ吹いた ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる