ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS トラバ記事for『バンクーバー!』

<<   作成日時 : 2010/02/14 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

普段、ただの一行コメント返信は書けないぜ、と、
ムリヤリ起承転結をつけようとしている、
声優・高垣彩陽さん応援ブログなのですが…
さすがにこの強力なお題には背きようがありません(笑)。
バンクーバー五輪、はーじまーるよー、なのです。

バンクーバー!

かつて、ラジオで
「夏と冬の五輪は4年周期で行われている」
つまり夏五輪→四年後→冬五輪→四年後→夏五輪
という珍説素敵な(フォロー)発言をしていた
彩陽さんも、すっかり五輪の仕組みを理解して
楽しまれているようです。
良かった良かった。
…地味に失礼だな、俺(笑)。

そういえば、『CANAAN』ネネのラジオで
五輪ダジャレを採用された事もありました(笑)。
それでわかるように、って事もありませんが
五輪自体はかなり好きですし、年齢を重ねるごとに
冬季五輪の方が好きになっていたりします。
それは、かつて生まれた場所である札幌で
冬季五輪が開催されたから!!!
…と、いうわけでもないのですけど
まあでも、そういう生まれってのも関係あるのかな?


虹と雪のバラード トワ・エ・モア

ちなみに、これが札幌五輪の公式テーマソングです!
オリーンピックとー♪
素晴らしい!素晴らしい名曲!
この曲は、どこかに俯瞰して、
上空から札幌を見下ろしているような
感覚があって…それって、まさに「雪」として
街を見ているのかな、とか。

札幌生まれとして、
こんな郷土ソングがあるのは嬉しいなあ!


ただ、本当に好きな理由は、
夏季と比較すると、まだ
「金の匂い」がしないから、かもしれません。
それに、夏と比べマイナーなスポーツが多い、というと
アレなんですけど、ただそれって
現代五輪からマーケティング要素を省いた所の本質である、
知らないスポーツの展示会というか
まだ観ぬ輝きを目に出来る、いい機会でもあって。
彩陽さんはフィギュアスケートを応援されていますが
僕個人は、そういった
「普段観ようがない競技」を第一に注目していきたいと思います。
リアルタイムは難しいかもしれないけど…orz

フィギュアスケートは、特に男子が
2000年前後に、とてつもない進化のピークを迎えましたから
あの時代のファンだった身として、何か
ムダに目が肥えてしまって…
ヤグディン、プルシェンコ時代ですけど
あの時代は一体なんだったのだろう、と
たまに思います。

女子のレベルは順調に上がっているみたいですが
うーん、ジャンプの回転不足判定などが
イマイチ気に入らない…
文化として高めていく意味でも、採点方式は
あまりコロコロ変わっていただきたくないし
もうちょっと減点ではなく、加点気味に
彼・彼女たちの「美」を応援したい気もします。

そういう意味では、昔はあったそうですけど
ジャンプのない、スケーティングだけの表現競技を
復活させるのも手なのではないかな、と。
勿論、かつて行われていたような
円を延々と(だ、ダジャレじゃないんだからねっ)回るものでは
視聴者がおネムになっちゃうので、
単にジャンプに頼らない、表現の世界。
プロのスケーターたちが「オンアイス」などで演じている、あの世界。
こう、競技という性格上当然といえば当然ですが
ジャンプが失敗した瞬間オワタ状態になるのって
なんかこう…折角一つの曲の表現なのに…寂しいなって。
観る側も、ビクビクしながら観ますし。
それが開放感に繋がって面白いというのもまた事実なのですけど
それ以外の、純粋スケーティング技術比べも見たいなぁと。

などと言ってはいるけれど、要は
ジャンプが失敗した瞬間、いたたまれなくなって
TVチャンネルを変えたくなってしまう、自分の
弱すぎる心の現われ、その誤魔化しなだけだったりして〜…。

んー、日本ガンバレというか、どこの国の選手もガンバレというか
もう皆ガンバってるだろうから、いいもん見せてもらいます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トラバ記事for『バンクーバー!』 ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる