ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS 『true tears』Blu-ray BOX 追加予約・入金申込受付開始!!

<<   作成日時 : 2010/01/15 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月10日、予約・入金が締め切られた
true tearsのBDBOXですが
1月15日から20日まで、再度の(最後の?)
追加予約・入金申込がはじまっています。
複数回「これが最後!」と購入意欲を煽る事を
好ましく思えない方もいるでしょう。
しかし、個人的には喝采をあげたい
見事な展開です。

公式サイトによると
この度、映像特典に追加があったことを受け、お客様より「この商品仕様ならば、予約および購入した」というご意見を多数頂きました。予告されていない商品仕様の変更により、お客様にご迷惑をおかけし致しましたので急遽、期間限定で追加の予約と入金の受付を実施致します。お客様には、ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。


…と、いうことなんですけどね。
勿論こんなの、9割タテマエ

断言するな(笑)。

いや、10割といわない所に人間性をみて欲しいくらいで(?)
まず、そんな「お客様」が本当にいたのか、という所から気になります。。
追加映像特典のメインは、13話オーディオコメンタリ。
しかし、現時点で

誰がオーディオコメンタリするかもわからないのに、
そもそも当初から「新作エピローグ映像」という
最大の特典は存在したのに、
それをスルーしてしまえるような人が、今更
「誰かもわからないオーディオコメンタリが
ただ一話分あるから、欲しくなった」
なんてありえるのでしょうか?


こう考えると、どうも腑に落ちないですよね。
まあ正直に言ってしまえば、僕はここに、言葉は悪いですけど
「作り手と受け手の共犯関係による、架空の人格」をみているし
それこそを、大絶賛したい気持ちなのです。

まず、受け手側にとっての「お客様」の意義。

今回の若干苦しげな「最後の言い訳」は
これまでの言い訳より、ちゃんと実数の伴う言い訳です。
買う気がないと、言い訳する意味すらない局面なのだから
ここで「お客様」になった人は、ほとんど
本当に買ってくれるでしょう。
しかし先述の通り、
新作エピローグや富山紹介という魅力的な特典をスルーした人が
たかが一話のコメンタリによって、スイッチが入った…という可能性は
まるで想像できない。
(特定声優ファンならまだしも、誰かすら未発表)
つまり、その殆どは

特典追加によって買いたくなった、という架空存在を創出して
買おうとする、実は単に予約・入金しそこねた
或いは盛り上がりを見て今更欲しくなった人達


ばかりであるのは、誰でもわかる単純な話だと思います。
ここまでギリギリにならないと、
自分にとってどれほどの作品かも気付かないのか…とも思いますが
しかし、実際に諸々手違いがあって購入できなかった人もいるでしょうし
(まあ、手違いならほとんどの場合、メールしたら解決するんだけどw)
色々ニュースになって、今更知った!orzという
ドンカンさんもいるでしょう。
本当は、そこまでtrue tearsに対する「気付きのセンサー」の感度を
下げている事自体が、もう…という気持ちもない事はないですが
ネットに疎い人などもいるでしょうし、そこまで厳しくは当たれない。
何より、以前書いた通り
自分にとっての「本当に好き」なのに
それと気付かずに予約をしなかった人がいるとしたら、という事を
大変恐れ、危惧し、心配してもいます。

という立場を取っていますので…気付きの遅さを詰るより
そういった人が1人でも減る事を、他人事ながら
大変喜んでいます。これ本音。

次に、作り手にとっての「お客様」の意義。
実際にそんな「お客様」がどれほどいたかはわかりません。
しかし「告知してなかった特典」という絶妙な理由は
作り手にとっても「言い訳」たりえる。
この「お客様」の存在によってはじめられる、企業としての
理由付けが備わった追加予約は、具体的には

オークションでの転売目的組を淘汰する。
しかも、搾取した上で。


じつは現時点でも、ヤフオクなどで入金済みのBOXを
オークションに出品している人はいます。
(もう見たくもないので貼り付けたりはしません)
予約入金を既に締め切った「完全予約受注限定生産商品」なので
あとから必ず需要はあるだろう、
買い損ねた人が出るだろう、と見越し
予約をした、意地汚い転売目的者は「必ずいる」。
残念ながら、この世界はそういう世界です。

で、本当はこういう人に対し、お金を入れる人も許せなくて
それは、相手の存在肯定する事になるんですよ?
というのが、僕の中の潔癖クンの言い分ではある。
しかし何を言ったって、本当に欲しいのに
予約自体を知らず、買い逃してしまったかわいそうな人
その全てが潔癖に、強くあれるわけではない。
何がなんでも欲しい!というそんな人の気持ちを
完全に否定するわけにもいかず、
「…必要悪だな…」などと呟いて、
納得するしかないのが、これまでの状況でした。

しかし、この追加予約によって状況は一変しました。
今オークションなどに出品している、不届者のほとんどは
単に「予約入金2000突破に協力してくれて乙!」に
成り下がる。そんな所でムダに定価以上を搾り取られる事もなく
予約期間以降に知った人は、今回予約すればいいのです。
それは、転売成敗であると同時に
売る側からすれば、本来買わなかったであろう層も巻き込んだ
ダブ取りの大技でもあって…

グッジョブ!転売ざまあみろ!と(笑)。

そんなわけで、今回の追加予約・入金は
理屈の上では、あまり考えられない
「コメンタリを理由に買いたくなる人」を
欲しい側は演じ、利用し
与える側は黙認し、利用した。
そんな、とても美しい共犯関係による
見事な顛末だったなあ、と。
2度も使える大技でもないでしょうから
予約しそこねた人、迷って結局予約しなかったけど
周りの盛り上がりをみて、やっぱり買っておこうかな・・・と思った人

是非ご予約ご入金を。
僕は高垣彩陽さんほど優しくないので
強く押しますよ(笑)。あとで後悔しないように…。

残る問題は、僕自身がもう1セット買うかどうかという事だ(笑)。
↑追加予約で踊らされてる奴

いや…保存用とか正直意味わかんないんだけど
僕が買っておいて25000円で売ってあげられるようにしておけば
数ヶ月後の転売被害者を、1人減らせるかなぁ、とか…

どんだけ気を遣うの(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『true tears』Blu-ray BOX 追加予約・入金申込受付開始!! ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる