ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS トラバ記事for『あけまして2010。』

<<   作成日時 : 2010/01/03 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

あけましておめでとうございます。
年末年始は色々忙しく、やけに駆け足で日々が過ぎていきました。
丁度この時期に、我が家のTVやPCネットが
全然使えねええええ!!orz
という現代人大ピンチな時期がありましたが
これもしょっぱなからついてない!と思うより
この時期に膿が出てよかったというか。
アニメだけで考えても、新番組第1話の時期にTVが死んでいたら
向こう三ヶ月、アニメを観る意思は失せていたかもしれませんしね。
…その分『ささめきこと』の最終回あたりは、
泣きながらノイジー画面を見ていたわけですけど…。
ポジティブにいきたいな、と。

昔と比べ、年末・年始にあわせ
街全体が静まっていくような感覚は、減少していて
例えば家を出て少し歩けば、コンビニの光に出会う。
けれど四季を含め、やはり日本という国は
「区切りを区切りと感じやすい場所」
であることは、確かなように思いますから
それを享受できる立場として、しっかりと
節目節目を感じていきたいものです。

本当は昨年末に回顧したかったことではありますが
2009年は、ブログを開設した年でもありました。
しかも、声優応援ブログ。
数年前の自分に
「実は俺未来から来たんだぜ、その証拠に…」と
この事実を伝えても、
間違いなく昔の自分は信じないと思う(笑)。
自分を形成する芯には変化がないはずなのに
こんな、想像もつかない事が起きる
(というか、自分で起こしている)不思議。
今年も変わらないままで、変わっていきたいものです。

さしあたっては、抱き枕を買うかな…(笑)。
↑間違ってる気がする

あけまして2010。

当ブログは声優・高垣彩陽さんを応援するブログですので
その面でも抱負を。
頭でっかちな面がある自分にとって、彼女の感受性は
1つ1つ、ハッとさせられると同時に
自分のバランスをとってくれる存在でもある。
「考えるな、感じろ」という言葉がありますが
個人的には、それだけでは物足りない。
沢山考えて、たくさん感じたいし
片方が片方を更に支えて、より「愉しい」と感じられるようになりたい。

ネットで知り合いを見渡すと、論の立つ賢い人ばっかりで
相対的に見ると、そうでもない気がしますけど(笑)
冷静に考えて、僕も「考える」タイプではある。
その中でも自分なりに、感じる事について
疎かにしてはいないつもりではありますが
(もうこの意識が若干カタいw)
高垣彩陽さんという人を憧れに
更に自分の中で、2つのバランスを高めていきたいなと。
彼女に「感じる」力を貰いながら
自らの「考える」力も磨いていきたい。
それはずっと、応援ブログとしての継続課題です。
ただ可愛い、好きだ、ファンだというだけでなく
その憧れから何を得られるか、という事に関して
甘えず、貪欲に色々吸収していきたいと思います。
今年も当ブログの太陽として、燦燦と輝いていて欲しい。
向日葵も懸命にグルングルンとそちらを向きましょう。
って、それもう殆どソーラーパネルじゃねっていう…。

まあ、つまり、一言で言えば

今年もあやひーかわいいよあやひー

という事ですね。
今年も、ダメだこいつ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
突然すみません。skyforestと申します。
初コメさせて頂きます。
興味深くブログを読ませて頂きました。
08年行われたミュージックレインGirls秋の収穫祭で、高垣彩陽さんの歌を聴いて恥ずかしながら涙した私です。
ファンに対する姿勢、真面目で謙虚な姿勢、古風で涙もろいところも含めて大好きです。
非常に高垣彩陽さんに対する熱い気持ちが伝わりましたのでコメントさせて頂ました。
長文失礼しました。
skyforest
2010/01/11 18:50
skyforestさん、コメントありがとうございます。
秋の収穫祭に参加されましたかー、収穫祭仲間ですね…(遠い目)
あれは対比効果的にも、後にも先にもないようなイベントでしたね。
サンシャイン劇場なんだから、マイサンシャイン歌うだろ!とか
想像していた頃が、昨日の事のように思い出されます。
彩陽さんの「アメイジング・グレイス」の歌い方
特に「やさしい愛の てのひらで
 今日もわたしは うたおう」のあたりは
今も脳裏にこびりついて、離れません。
あれから色々歌われましたけど
やはり、叙情的で、日本語も使われる
本田さんバージョンの「アメイジンググレイス」
そして「祈り〜you raise me up」。
この2曲は飛びぬけていたと思います。
僕も強く迫ってくる情に泣きました。涙仲間ですね(笑)。
涙だけでなく、全身総毛立つような感覚を味わいました。
僕も彼女に惹かれたポイント、様々ありますけど
間違いなくその大きな1つが、あの日の、あの歌だったろうと思います。
「この人は特別なんだ」と思った瞬間だったかもしれませんね。
上記の2曲は、何があっても、いつか音源化して欲しいのですが…うむむ。

>長文失礼しました


ところでこいつ(当ブログ)を見てくれ
こいつ(当ブログ)をどう思う?

すごく…長いです…

というわけなので(?)、全然気になさらず(笑)。
ルイ
2010/01/12 08:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
トラバ記事for『あけまして2010。』 ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる