ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS 消されるなこの企画、忘れるな我が望み〜ゼーガペインの奮闘をtrue tearsファンとして眺める〜

<<   作成日時 : 2009/12/05 01:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

前回、接戦の末に『true tears』が最多得票を挙げ
ブルーレイ化プロジェクトが進行するきっかけとなった
ネット投票、その第二弾が開催中。


「あなたの力でBD化プロジェクト
 ランキング第二段<アニメ編・リターンズ>」


前回『true tears』と激しい攻防を見せた
『ゼーガペイン』が、その勢いそのままに現在独走中。
『とらドラ!』が、そこに追撃をかけている
…という戦況のようです。

元々、投票のできるノミネート作品自体が
「隠れた名作を網羅!」という類でもなく
在宅アニメソムリエから見れば(笑)色々隙だらけ。
『とらドラ!』『空の境界』『かみちゅ!』あたりは
黙っていてもBD-BOX化されるような気がして仕方ない。
勿論、それに値するだけの素晴らしい作品達ではあるのですが
敢えて今、この無形の力に頼ってまで形に!!
という必然性と緊急性があるかは、疑問が残ります。
『ノエイン』くらいなら、まあわかるけど…うーん。
『人造昆虫カブトボーグV×V』をBOX化した方がいいですよ?

コホン。

一応、現時点での2トップ、それぞれのメリット、デメリットを分析しますと
・ゼーガペイン
○前回に引き続いての投票→一時の熱情ではない?
 DVDが元々色々不完全なので、完全なソフト化は望むところ
 &それを理由に買い控えられた、という解釈も可能
   (true tearsの画質問題と同系)
×DVDの売上げが、二の足を踏ませるに十分。
 2クール
 元々サンライズ作品にしては作画がイマイチで高画質の価値が(笑)

・とらドラ!
○DVDや関連商品の安定した売上げ実績
 高いクオリティ、安定した作画
×DVD販売したばかりなので、主要な若者層が
   財布の紐を再び緩めてくれるか(つまり、時期尚早)

『とらドラ!』は、僕は『ソフトtrue tears』と捉えていて
ソフトな分掴みも多く、人気にもつながりましたが
アニメ評論系で、とらドラをtrue tearsより上位におく人は
よほど売上げ史上主義でもなければ、単に観る目が欠けていると…

(以下、ファンの激しい意見なので削除)

コホホン。あーあー、落ち着け落ち着け(笑)。

…。

『ソフトtrue tears』な『とらドラ!』も、素晴らしい出来で(コロッ)。

※いや、僕は『とらドラ!』も好きですよ?
 ちょっとぬるい(優しい)とは思ってるけど。

当然ブルーレイ化に値する作品ではあるのですが
やっぱり、敢えて今?という印象は拭いようがないですね。
一方『ゼーガペイン』は、敗者復活戦の様相ですから
前回にも存在した、随一の必死さが加熱しっぱなし。
加えてtrue tearsの企画が動き出しているので
具体的な目標が目の前にある、というのも大きいでしょう。

こちらの記事によると
2作品交渉して、1作品のみしかテーブルに乗らなかった。

『true tears』と同時に『ゼーガペイン』もぶつけてはみたようで
それは以前、観測記事を書いた時に、僕自身
ここまで2強イメージに支配されれば1位も2位も大差ないとは思いますし

と書いた通りなので、納得のいく行動ではあるものの
しかし、企画は通らなかった、と。

今回『true tears』が完全入金限定生産である事を考えても、やはり
ネット投票への警戒心が出ていると思います。
それはそうですよね、リアルに金をかけて売るのはメーカーなのだから
ネット世界の「数字」に逐一動かされていてはキリがない。
加えて言えば、『ゼーガペイン』は2クール作品である為
単純計算で、『true tears』よりもかかる費用は倍。
1クール作品『true tears』の結果(数字)を見てから動き出そう、
くらいの慎重さは、企業として当然求められるものでしょう。
というか、そこで2作品ともOKしちゃったら、それはそれで
とても不安です(笑)。
真剣に考えていればこそ、という事。

さて、僕ら『true tears』愛好者としてはどう動いたものか?

ある種の戦友意識でもって『ゼーガペイン』を励まし投票する
…というのが、基本とは思うのですが
一方で、今すべきことはそれじゃない、という気持ちも少々。
基本的には、『ゼーガペイン』評価してますけどね。
先日もこの記事
最近では、ブルーレイ投票で『true tears』と覇を競った
『ゼーガペイン』(最近?)。あの作品は、まさに
「ルーティンとしてのED」の存在価値と、同時に
「定型崩しとしての特別ED」の価値を最大限に活かしてみせた
ED演出の極地とも言える作品でした。

などと、無意識のうちに話題にしてますし。

でも、今する事はゼーガペインヨイショじゃない。
それは、あの作品を特別と見定めた人達が行うものでしょう。

僕らはとにかく、自分達の為すべき事を為す。
それは購入意志まではない作品に対し、
応援意識程度で投票する事ではなく
確実に『true tears』を予約し、確実に入金する事。
その数字でもって、次の一位が交渉のテーブルに乗った時
投票の数字が、どれほどの「リアルな信憑性」を持つのか
先陣を切った僕らが証明しない事には、何が一位を取ろうが
先には繋がらないのではないでしょうか。
今後もこの類の企画が続くように。(消されるなこの企画)
それでいて、一時の情に流され
本当の想いを見失わないように。(忘れるな我が想い)
とっても『ゼーガペイン』なタイトルを引用することからも
僕自身、ゼーガの応援意識ムンムンなのですが
今は、敢えて投票はしません。
僕たちは、先に行って道を拓きます。

てなわけだから!予約して、入金しましょう!!orz

と、そんな『true tears Blu-ray BOX』ですが
映像特典が追加されたモヨウです。

■DVD収録の各話チャプターメニュー
■「雷轟丸とじべたの物語」ピクチャードラマ


「DVD収録チャプターメニュー」に関しては
DVDを買っていない人には、意味がわからないでしょうが
『true tears』のチャプターメニューは編集レベルがとてつもなく高く
1つの表現作品としての価値があります。
特に10話、12話のチャプターメニューは必見で
『そのままの僕で』をBGMに流す10話
『セカイノナミダ』をフルコーラスでBGMに流す12話…
特に、12話チャプターメニューの出来は凄絶。

本編を観る時間のない時、何度
チャプターメニューを見て涙を流していた事か…(笑)。
本来は比呂美のテーマソングであるはずの『セカイノナミダ』が
「これまで踏ん切りをつけられたはずなのに、つけられないまま
 ここまで来てしまった、仲上眞一郎の心象」
に置き換わって、強く胸に迫ってくる。
特に「おぎゃあ」前の、眞一郎が
愛子とのキス等を回想する部分は
本編よりも長めに「そこ」を描いている分、
これまでの何も選べなかった自分を悔やむ、眞一郎の情が
グッと迫ってきて…涙腺決壊。

「雷轟丸とじべたの物語ピクチャードラマ」については
ムック本で、「最後の1ページ」以外は全て公開されているので
あれに音声(眞一郎の声かな?乃絵という手もありますが)
がつくだけ、と考えると…少々弱いかな、とも思います。
かといってその「最後の1ページ」が登場するとなると
物凄い価値はありつつも…ねえ。
それって、作品否定にも似ていて(笑)。
やはり、最後の1ページは想像し続けるものである方が
美しい、とも思います。

まあ、なんにせよ、特典が増えて困る事は何一つないので
全て歓迎します。歓迎は、します、が…。

意地でもオーディオコメンタリ入れてこないなぁ…(笑)。
西村純二監督は『シムーン』DVDにおいて
普通にコメンタリ参加していたので
(飄々としていて韜晦っぷりが面白い人です)特にあの人が

「俺様の作品は映像本編においておみ完結する!
コメンタリなどというノイズは!
この全てにおいて完成された作品には!
いらん!の!!じゃああ!!!」


と、いうタイプの人には思えない。←そりゃそうだ
まあ、そういうことを言い出していいくらいの
「映像の中に全てがある」作品ではあるのですが
(脚本不出来とか言い出すのは、読めてないだけです)
しかし、敢えてこのファイナル・フォームで出すからには
オーディオコメンタリを望む気持ちは、特殊なのでしょうか…
僕が声優・高垣彩陽さんを敬愛しているから
そちらからのバイアスがかかっている?

でも、極論彼女が出演していなくても
延々西村純二監督が語り通すだけでも、僕は良くて(笑)
つまりは「高垣彩陽ファン」である以上に
「truetearsファン」なのですよね。
意味不明のIFながら、彩陽さんがtrue tearsを裏切り
敵方につくなら(敵って誰だよw)
涙ながらに、僕はtrue tearsの旗持つだろうなあ、と。
それくらいのファンである自分が、オーディオコメンタリを望むのは
ただただ作品の充実、それを望む気持ちだけだと思うのです。

まだまだ「追加特典・オーディオコメンタリ」を期待しますし
もし発表されないまま、発売されたとしても
再生して、まずコントローラで
副音声切り替えボタンは押してみようと思います(笑)。
↑結構、この虚しい行為の経験ある人多いんじゃね?

まだまだ頑張れ、true tears!!
えくすてんど♯2はまだか、true tears!(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゼーガBD化作戦:光の輪 冬の陣
 ゼーガペインBD化最終作戦の発端、BDA「あなたの力でBD化プロジェクト」第2弾は12/1開始。早速の応援blogリンク集です。夏のリンク集に掲載させていただいたblogへもTBお送りします(_o_) ...続きを見る
むいむい星人の寝言
2009/12/05 23:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
消されるなこの企画、忘れるな我が望み〜ゼーガペインの奮闘をtrue tearsファンとして眺める〜 ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる