ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS トラバ記事for『パティシエール』 『夢色パティシエール』に高垣彩陽が出た…

<<   作成日時 : 2009/11/15 07:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

声優・高垣彩陽さんを応援するブログであるという事は
基本的に、彼女を形成する全体が好きなのです。
パーツだけで応援できるほど器用でもないので
応援するという事は、即ち彼女の未熟な部分も
肯定材料ではある。…とはいえ!トハイエ!!
全肯定するわけじゃないんだぜ!!
今回は高垣彩陽さんを、ガツーンと批判しなくてはいけない!!

さてっ!
明日は日曜日!!
実は先週に引き続きなのですが『夢色パティシエール』に出演させていただきます。
レイコ先生役と、あゆちゃんと、しょうくんの声をやらせていただきました!!

お。
お。
お。
おせぇーーっ!!Σ(´Д`lll)

別に彼女のブログを「お仕事ブログ」なんて揶揄はしません。
しません、が…ならば事前紹介はお願いしたかったですねぇ…
ポケモンの出演回まで、必死で観た身としては
この『夢色パティシエール』は意表をつかれてショックでした。
俺があやひーの出演作品を見逃す、だと…!?orz
そのうちレンタルか何かで補完するしかないなっと。

まあ、責任転嫁みたいなもので
基本的に、自分のセンサーが及ばない事が悪いんです。
ここは素直に反省して
「こう考えれば可能性に気付けたはず」と考えてみましょう。
そうすれば今後、あやひごろに頼ることなく
自力で、ある程度高垣彩陽ゲスト出演作品を予想できるはずなのです。
アニメ業界も、結局は人と人の繋がりですからね。
この考え方は、誰のファンであっても愉しむ為のポイントです。

まず『バトルスピリッツ』の裏番組なので
『パティシエール』は無いだろう、と思っていたら
『バシン』でなく『ダン』になっているのだから
気兼ねする必要なかったんだな、という。前提条件のミス。
次に音響監督さんはたなかかずやさん。
『ウミショー』でお世話になった事もあるし、無い線ではない。
決め手としては、制作会社はスタジオ雲雀。
…こ、こっちかぁ…orz
『VVV』『PIPOPA』『充電ちゃん』と縁があります。
制作元請はトムスながら、
雲雀も関わっている縁で
傑作『スケアクロウマン』に参加してくれたら
大喜びだったのですがね。大好きだったので。

…ともあれ、先ほど観た『夢色パティシエール』では
幼児、幼女、女先生と
かなりユーティリティなお仕事をされておりました。
声優・高垣彩陽の「際」はあくまで「考える役者」であって
どっぷりと入り込む事で、演技の巧拙を語る気も起きなくなるような
「キャラクターそのもの」になる事こそが
彼女の真の魅力。
とはいえ技術が低いとはまるで思いませんし、滑舌もいいですし
声色自体も単純におおいので、こういうゲスト出演や
或いはレギュラー放送でも、兼ね役などで力を発揮する役者でもある。
(そういえば『充電ちゃん』の1話で小学生やってたっけな…)
物凄く深く関わる事で魅力が出る一面と
物凄く表面的な、声色・技術で魅力が出る一面。
この極端な深い浅いの二面で光るのが
高垣彩陽という声優、という分析ですが
今回は後者の典型、という事ですね。
こういうユーティリティな仕事も、見かけると楽しいものです。

Q・結局声が聴けたらなんでも楽しいんですね!

A・その通りです。文字は全部照れ隠しです。←オイ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アニメ「夢パティ」第7話。
先週の続き。 土壇場での発想が逆転劇を産んじゃうんだぜ。 日本シリーズでの、阿部しんのすけの逆転サヨナラ弾のように。 カフェ、あれはやりすぎだが、それをカバーするいちごはもっとやり過ぎ。 悠木碧の本性がこれだったらゾッとするわ。 (ちなみに精霊は幼稚園児には見 ...続きを見る
ガンバボーイ2号のGuerrilla R...
2009/11/16 10:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トラバ記事for『パティシエール』 『夢色パティシエール』に高垣彩陽が出た… ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる