ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS いきいき富山館 恋する城端 アニメの聖地 南砺市・城端展

<<   作成日時 : 2009/10/10 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

有楽町駅前の「いきいき富山館」で
10月14日まで開催されている
『恋する城端 アニメの聖地 南砺市・城端展』
に行ってきました。

聴いちゃいなちゃい。
あとあとっ、今日有楽町『いきいき富山館』では城端の井波屋さんのがや焼きというお菓子の実演発売をしているそうです!
私も先日城端でお土産に購入したのですが、美味しくて我が家であっと言う間になくなりました!!
香ばしくてどこか懐かしい味が癖になりますよ〜♪オススメです!


到着時、あやひごろは読んでいなかったのですが
観光大使の天の声が聞こえたので
物産館の方で、がや焼き等を購入。
試食したけど、和菓子だけど甘いポップコーン的でもあるというか
食が進むお菓子でしたね。賞味期限が結構もつようなので
複数買ってしまった。

そして、情報館。
『恋する城端 アニメの聖地 南砺市・城端展』です。
画像

行った方はご存知でしょうが、大して広くもない室内で
(20畳くらい?)
南砺(なんと)、撮った写真100枚越え
なんの取材目的!?
徹夜明けのテンションも相俟って、
すっかりカメラ小僧になってしまった。
画像

主に撮ったのは、パネル展というよりは
全話台本の気になった部分だったりするのですが(笑)
台本超熟読。こんな機会2度とないと思ったので
恥も外聞もなく、全話全ページ全カット全セリフ
脳内で映像を再生しながら、キッチリ読み込ませて頂きました。
飛ばし読みゼロ。
2時間は読んでたような(どんだけ!?)。
これで熟読ペースがもっと遅くて
かつ徹夜明けでなく、体力があまっていたら
画像

※ここだけの話、あやひーサインの乃絵
 徐々にニーナ・アントークとフュージョン始めてると思うんだ…w


今日もまた表れたという、どんだけ好きなの?状態の
彩陽さんを目撃する事ができたと思うと、少し残念ではありますが
いや、そもそもあんな狭い場所で2時間以上いる時点で
十分異常で、これ以上の異常は無い(笑)と
意外と結構諦めもつくのでした。

それにしても、台本は面白かった。
尺の都合、或いはアフレコでの感触などからか
本編では削られた・変更された要素が散見されたり。
或いは、感情を具体的に説明したト書きや
ト書きなのに妙に文章自体が感情的になっていたり。
台本というのは脚本コンテを経て、もう完成稿に近いのに
それでも、実際収録されるまでは変化している。
ナマモノとしての作品が、人の手を経るごとに
刻一刻と形を変えながら、
しかして放送されてみれば、あたかも
「最初からそうで、その形しか思い浮かばない」
というくらいの完成度になっている。不思議なことです。
画像

ちゃんと向き合ってほしいの だから信じてほしいの

最終的に変更になったサブタイトルのうち1つ。
この形だと、これまで別のフィールドで言葉を投げかけ
それが各々サブタイトルになっていた、
石動乃絵と湯浅比呂美の発言が
1つに絡まって仲上眞一郎の背中を押す、という
これはこれで、マクロスFもびっくりの(?)
美しい形です。
しかし、完成形を見た後では、やはり
「おぎゃあ」の後は、眞一郎が己の言葉で
物語を引き受ける『君の涙を』が
ベストだと思えます。
また、その事に関連した眞一郎の部分。
画像

画像

心が震えた時…
オレは比呂美を不安にさせてる…
俺は乃絵をどう思ってる…
乃絵に見てほしくて描いた。
乃絵に見てほしくて踊った。
じゃ…俺は…比呂美より乃絵を…



わかるけど、最終話でこれじゃダメだ、眞一郎!!
父親のアドバイスを受けて、乃絵と比呂美、2人への
2つの感情の整理を試みる眞一郎。
理屈としては通っているのですが、一方で
最終話に至ってこのモノローグをする眞一郎、というのは
ちょっと「弱い」。
ことここにいたって漸く峻別を行う、というのは遅すぎる。
だから、ここはカットされて良かった!と思える部分。
この部分のカットによって
「眞一郎は“おぎゃあ”で再誕し、それ以降は迷わない」
というラインが一本、キッチリ通るようになっている。
そして、だからこそ
画像

眞一郎 躊躇しない!
この感情的なト書きに繋がるのですね。
このエクストラメーション・マークを見た時
ちょっと泣きそうになってしまった。

と、こんな感じで全話しゃぶり尽くさせて頂きました。
ほかの部分についても、また今度。
とにかく、感情的にも、理屈的にも
行ってよかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いきいき富山館 恋する城端 アニメの聖地 南砺市・城端展 ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる