ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS スフィア最年少、寿美菜子さん18歳に

<<   作成日時 : 2009/09/19 02:59   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

『バスカッシュ』24話「フー・アー・ユー?」。

本当にスケジュール崩壊したな…
作画も完全外注になっちゃったじゃないか。
ダンにコクピット内で抱きつく所なんて、重力表現がない。
飛びついて抱きついているのに、ダンの体が揺れないって、もう…。
監督交代もこのスケジュール管理の危なさが影響しての事?
そう考えると、OPを何度もブラッシュアップしているのは…
そんな場合じゃなかったんですよね。
何に注力するかという所で、シリーズ全体を見渡す役目は
当然上の役職のものが担うハズなのに
どこまでも板垣前監督の「絵描き気質」が抜けなかったのか
細部のこだわりに全体をおろそかにした。
↑事情を知らない視聴者が、こんな結論をぶちあげたところで
当事者にしてみれば失礼抜かすな!こっちの事情があるんだ!
と、いう話かもしれません。
けれど、流された映像から感じ取れるのは
そういう話になってしまうんですよね。
或いは脚本の遅筆のせいか…まぁ
『キスダム』に次ぐ、裏事情リークを望む作品リストに
また新たな一作が加わった。
それだけが現時点での事実といえそうです。

…おっと、『バスカッシュ』を観ながらでして
ついつい全然関係ない話をしてしまいました。
当ブログは声優・高垣彩陽さんを応援し、
記事にトラックバックするブログなのですよ。

♪みなちゃん♪

ということで?スフィア最年少
寿美菜子さんの誕生日だったのです。
おめでとうございます。
これでラジオ出演時間含め、スフィアの活動も幅が広がるかな?
メンバー間のお祝いブログは半ば恒例になっているようですが
「恒例だからやる」ものでなく
自然な感情の発露として、そうでありたいですね。
…と、あやひごろトラックバックを恒例にしている
自分が言うこの白々しさ。

僕も普段からあやひーあやひー言っているわけではなく
…訂正。
普段からあやひーあやひー言ってるのですが!
それは、あくまで高垣彩陽さんが特別な存在なだけであって
すべての声優さんに関しては
作品に関わる、いち表現者として
脳内データと参照しつつ、分析・評価をしているのです。

演技面においては、まだまだ作品を支えるような
心が震えるような演技をしたことはない…と思っています。
※あくまで個人の基準ですし、しかも
 僕の基準はハードル高いです。

僕の中では、彩陽さんもスタチャちっく!や
或いは『ネットゴーストPIPOPA』でお世話になった声優
白石涼子さんと若干イメージが近い、という印象がある。
2人ともよくご存知のはずの彩陽さんからすれば、
それぞれ全く違う魅力があるんです!というでしょうし
実際、個別の人となりを見つめていけば
当然その通りなのでしょう。
しかし彼女たちが演じるアニメのキャラクターというものは
大まかにでも「属性」といわれるような記号的な傾向があって。
その先、個別の心情を突き詰めたような作品はそう多くない。
「突き詰めた役」に恵まれている彩陽さんには
あまり関係のない話かもしれませんが。ともかくそれが主流。
その守備範囲がかぶる役者は
例えば同じ現場になる事が少なかったりと
確実に、役者としての近い遠いは存在する。
その点で、声優として眺めた時のイメージが近いんですよね。
声質的に、少年声が映えそうだ…というのもあるし
(スフィアのラジオでも、少年演技がハマってます)
歌唱力をみても、寿さんも白石さんも
良くも悪くもクセがない類。喉越しスッキリ系の「うまさ」。
誰が聴いても「うまいね」といえる
安定した声量の出し方、メロディの沿い方。
うーん、近い気がする。
ただ、寿さんがナンボお若いといっても
白石さんも別にお歳を召されているわけではないので(笑)
後継者だなんだというのも失礼な話でしょうし
これから、どんな彼女だけの方向性を見つけていくのか
じっくりと拝見…拝聴させていただこうと思います。

さて。
当ブログはなんだかんだいって結局
声優・高垣彩陽さんを応援するブログなのですから
寿美菜子さんの話題でありながら、最終的には
それが高垣彩陽さんにもたらすもの、という考え方をします。

寿美菜子さんは、若い。
言うまでもないことですが、若い。
そして高垣彩陽さんは、スフィアにおいて最年長。
歳の差にして、およそ6つもの開きがある。
この差をどう捉えるか?
良い意味で焦ればいい、と思っています。
あくまで「良い意味で」、ね。

他人と自分の時間は、本当の意味で同じではない。
同い年の人がいても、生きた時代に基づく意識共有はできても
完全に同じ体験を消化してきた人ではないでしょう?
結局自分には自分、他人には他人の歩みがあって
ウサギとカメの寓話を持ち出すまでもなく、
それは本来比較するものではない。

が、その一方で、時間はやはり
「万人が同じ物差しで計れる尺度」でもあるんですよね。
ならば、それを上手く利用してやればいい。
年上の人を見れば、
その年齢までにそこに辿り付けるかで焦り。
年下の人を見れば、
その人が自分の年齢までにどこまで成長するかを想像し、省みて焦る。
過ぎた嫉妬は、そんな時相手を蹴落とす事で自分を守りますが
そうではなく、自らをムチ打つ餌として、都合よく活用する。
人間にはそういう知恵が存在する。

年長者ですら敬えない、そこから学べない人は論外ですが
一方で、年少者を敬う、そこに学ぶというのは簡単なようで難しい。
どこかで、「時間」というものの扱い方を間違えて
自尊心を守りにいってしまうのが、年少者というものへの扱い。
でも、そこで年少者を敬い
しかも、良い意味で焦る事ができたなら
そこには、幸せな緊張感があるのではないでしょうか。
寿さんと彩陽さんほど、僕と彩陽さんの年齢は離れていないのですが
しかし、同じくらい歳の離れた子に対し
純粋に憧れと尊敬の念を抱ける自分が、結構嫌いではないのです。
しかもそんな子が、別に賢くもなんともないというのだから(失礼!)
なお、嬉しいことですね。
いや、つまり、知能であるとか、これまた別の「万人の尺度」で
有無を言わさぬ差を感じたなら、年齢が違っても従う
いや従わざるを得ない、という面が社会にはあって。
でもそういう、後ろ向きな敬意ではなく
能力値に根ざさない所で相手を、しかも年下を尊敬できるというのは
本当に素晴らしいことだなぁ…と思います。
彩陽さんも、寿さんをそういう風に
言葉は悪いけれど「使えば」いいのではないでしょうか。

で。
長々書いたけど、本題はここから。
寿さん、誕生日にモバイルサイトで動画配信したらしいよ。
…。
……。
あと一月で…あやひーもやるのね…。

よーし、死にたくなってきた(笑)。
あーもう、あーもう、あー…
あー…あー…あ、iPhone素晴らしいんだからねっ!!

↑負け惜しみ乙

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スフィア最年少、寿美菜子さん18歳に ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる