ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS トラバ記事for『流星痕』のはずが何故かカブトボーグ提灯記事

<<   作成日時 : 2009/08/16 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

はい、声優・高垣彩陽さんを応援して応援し続けて応援し抜くブログです。
ところで、何をもって応援すると言えるのでしょうか?
例えば彼女のイベントに全て参加する、
彼女の出演作品は全てチェックして買い揃える…
さまざまなスタンスがあるでしょう。
その一つとして僕は、できうる限り彼女の素晴らしさを言葉にしていきたい。
とにかく「好きな声優は高垣彩陽」という順に理解されたくない。
好きな人間が高垣彩陽という名前で、声優をしていたのであって
個人的には
江川太郎左衛門(坦庵)ってマジヤベェ、超かっけぇ。パネェ。」
というのと同じような意味あいで
「高垣彩陽ってマジヤベェ。超かわええ。パネェ。」
と言っているつもりなのです。でも、対象が若い女の子であるだけで
ハイハイアイドル好きですねーみたいな…それが歯痒くて仕方ない。
(いや、自分で可愛いとかすぐ言うせいってのもありますが)
こんな理屈っぽい人間が、単純に人間に惚れるわけがないじゃないか。
彼女は凄いのです。本人が気付いてない所で、とても敵わないくらいに。
それを照れずに堂々と主張していこうと思っています。

そんな重たい事言ってるブログなのに
普段は可愛いとかしか言わないブログ、はじまるよー。
自分の中で切り替えしてるつもりでも、文字に起こすと異様に重たく映るのは
僕の特徴みたいなものですね。

流星痕。

このブログは声優・高垣彩陽さんを応援するブログ音楽紹介ブログ
…あれ?消す方間違えた。ともかく、強引に音楽雑談も絡めるブログです。
星は世界のどこからでも見えるもの、ゆえに
星を歌った名曲は数知れないのですが(「スターダスト」とかね…)
今回はこの名曲をご紹介。

ザ・グッバイ 浪漫幻夢 Romantic Game

たのきんトリオの野村よっちゃんが参加していた事で知られる
ジャニーズのバンド。演奏という点ではTOKIOあたりの先輩格ながら
彼らの場合、作詞作曲も全部自分たちでやっていた、本格的なバンドです。
僕はジャニーズのベストグループはザ・グッバイだと信じて疑いません。
READY!STEADY!!THE GOOD-BYE!!!
ビクターエンタテインメント
2004-08-21
The Good-Bye

ユーザレビュー:
素晴らしい!やっちん ...
元祖‘渋谷系’? こ ...
たのしいったらないヨ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ちなみに、浪漫幻夢の元ネタはこの曲。

ELO (Electric Light Orchestra) - Twilight
『電車男』で使われて、日本でちょっぴり有名だったりして。

閑話休題。それはさておき。

今回の「あやひごろ」はまず何が目に止まるって
最後に『今日の5の2』のツバサくん発言を使っているところです。
※余談ですが、何故か僕はツバサくんに対して「くん」を外せません。
 あ、たまに「ツバサきゅん」とも言うけど(笑)。
 アニメキャラって、そういう敬称を外せないキャラはちょくちょくいるんですが
 彩陽さんのキャラで言うと
 「ルチアさん」「ツバサくん」はどうにもならない領域です。
 あ、あと彩陽さんのキャラクターではないけれど
 『デルトラクエスト』の「バルダさん」も外せない(笑)。
 これ不思議なんですよね、ルチアさんやツバサくんは
 作中でそう呼んでいる人がいるのだけれど
 バルダさんに関しては、登場人物ほとんど「バルダ」で呼び捨て。
 何故だ…何故バルダにさん付けせずには気が済まないんだ…
 →多分、茶化しつつも敬愛しているから。
 「俺のお陰でもある」とか、萌え死ぬかと思いましたし。
 萌えって言葉の使い方間違いすぎ
 え?だって『デルトラクエスト』って主人公が勇者ジャスミンで
 マスコットキャラがチェリーリーフで
 ヒロインがバルダさんだよね?(結構本気)
 …今日も元気だ、いつもの脱線だ。

宇宙好きという共通点を抱えたツバサくんを、ちゃんと持ってくるあたり
自称自分の作品オタクの面目躍如と言った所でしょうか。
僕自身も、TVアニメ版『今日の5の2』に関しては
漫研様で、三つも考察記事を書いたりしているだけあって
結構思い入れのある作品です。
以前に、あまりに気になったものだから
山戸恵さんに岡持ちアドリブについての質問しちゃったもんね(笑)。

星の王子さまの「一番好きな文節」は、とても彼女らしいもの。
こういう所が見習うべき部分で
僕自身も頭ではわかっているつもりなんですが
どうしてもアタマが先行してしまうというか…

人間は口から生まれてこないし
色々な感情だって、言葉が先行なんてしない。
僕らは言葉を知る前から泣いたり笑ったりしていた。
それは言葉を使う側としても、非常に気をつけているのですが
しかし、どこかで「言葉に使われているな」と思う事もあって。
言葉は大切なものだけど、言葉に支配されてはいけない。
彩陽さんの言動を見ていると、いつも
「もっとやさしくなれるんじゃねぇかなぁ、俺…orz」と
なんだかモヤモヤしてくるのです。
俺も、もうちょっと世界が綺麗に見えるんじゃねえかなあ、と。
その視点から見るものの眩しさが知りたくて
追っかけているような所がある。
…まあ、精進します。精進しますとか言ってる時点でまだまだっぽい。
呼吸をするように、そうでありたい。

と!
こ!
ろ!
で!!


彩陽さんが「流星」という言葉の響きについて語っておられるのですが
…わかる、わかりますよ!
流星って…リュウセイって…(あれ?カタカナ?)
何かこう、最強の響きがありますよね!!!(は?)


人造昆虫カブトボーグ V×V OP Beetle Power!

ボオオオグバトオオオオ!!!

そう!21世紀最高のアニメの座を『true tears』と競う
『人造昆虫カブトボーグV×V』の主人公の名前こそ
「天野河リュウセイ」さんですもんね!!!!
彩陽さんが大好きそうな名前ですね!
ひょっとしたら彩陽さん、カブトボーグファンですか!
※絶対ありえません

そう、現在このブログは
「声優・高垣彩陽応援ブログ」以外の何物でもないのですが
かつて周囲の人がどんどんブログを始めていった時に
「自分がもしブログを開くなら、これをやるだろうなぁ」と思っていたのは
「カブトボーグ研究」だったんですよね(笑)。
ついついリュウセイ(だからカタカナにすんな)という文字を目にすると
その辺の衝動が押さえられなくなって。大変申し訳ありません。
人造昆虫 カブトボーグ V×V Vol.1 [DVD]
(株)イーネット・フロンティア
2007-05-25

ユーザレビュー:
子供向けではないいろ ...
ヤク使ったって、こん ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


しかし、そのうちカブトボーグ記事もこっそり書いておきたいですね。
さしあたっては「ニコニコ動画とカブトボーグの蜜月の関係」或いは
「ニコニコ動画が育てたカブトボーグ・リテラシー」
そこから派生した「カブトボーグMAD全レビュー」…
何せ『true tears』と双璧をなす
ディケイド単位の傑作ですからね。言いたい事は沢山ある。

でも、彩陽さんには絶対観て欲しくないアニメではある(笑)。
(彩陽さんには『銀河英雄伝説』とか観て欲しいですよね。)

…とはいえ、このOP曲「beetle power!」。
これをもしsphereの皆さんがライヴで歌ってくれたら
僕はもう、その瞬間に天国に旅立てる自信があります。
まあ、120%ありえないわけですが。
それにしても、本当に高垣彩陽さんの話題から
カブトボーグに繋げてしまった。ムチャクチャするなぁ、自分。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トラバ記事for『流星痕』のはずが何故かカブトボーグ提灯記事 ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる