ひまわりのむく頃に

アクセスカウンタ

zoom RSS ビッグニュース!高垣彩陽、絶望先生に出演!!

<<   作成日時 : 2009/08/08 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

絶望したー!!

彩陽さんの言動にこれ以上望むことなどありませんが
写真はもうちょっと大きいとイイのに。

ということで?『懺・さよなら絶望先生』6話に出演なさるそうです。
別にレギュラーキャラでもないし
「発見」という言い回しが、なんとも一言ネタキャラのようにも思える。
どこがビッグニュースなの?…って
新房監督、音響監督亀山俊樹さんのシャフト作品には
はじめて参加する事となったはずです。
縁が広がるのはそれだけで素敵じゃないか。
これであわよく今後のシャフト作品に〜
と、いうのは高望みかもしれませんが
色んな表現・演出のスタンスを知って、損になる事はないですよね。

また、僕の中で彼女は「悩む役者」として認知されております。
作品に深みがあって、読み込む余地があるほど搾り出す一言を出してくれると。
けれど、意外やゲストキャラはゲストキャラで面白い仕事をしているんですよね。
没入する演技と、多様な声色を使った演技と。
高垣彩陽はこの2つの演技を軸にしていて、ゲストキャラでは後者が堪能できます。
(例外的に、『続・夏目友人帳』のゲストキャラ・翠は
 レギュラー作品のような没入感でもってゲストをこなした、折衷レアケースかと)
今回はどうなるかな?
絶望先生お得意のパロネタで、sphereの高垣彩陽役なんかで出たりして(笑)。

放送終了後、感想も追記します。


追記
おおらか少女、大浦可奈子役

あれ、普通に生徒だ。
酔っ払った時の朝倉音姫的なテンションで可愛らしかったです。
意外やいじりネタには使われなかったですね。
この辺の登場頻度低めの生徒だと、兼ね役で消化していく印象があったのですが
(千和さんや沢城さんといったその辺得意な人は、もう揃ってますしね)
わざわざ起用していただいてありがとうございます。
こういう、オーディションなかったですよね?的な中途キャラだと
人脈が途切れなかった=評価されたように感じるというか…
「今日の5の2」で亀山音響監督にある程度認められていたのだ、とか

ファンは勝手にポジティブシンキングできるからいいですね!

ところで、演出も動かす所とそうでない所のバランスがよく
原画も阿部厳一郎さんの一人原画だったりして
普通に面白かったですね。>「夜の多角形」
動画クレジットにも阿部さんの名前があるということは
これはひょっとして、Bパート1話目は殆ど…。

絶望先生は今回で三期目ですけど、既に演出が
前衛すぎて、一周しちゃって安定しているというか。
色指定も少し前にあったような挑むような色合いが減ってきたように思いますし
なんでか、尖った所で普遍性を獲得してきているという…
こういうシリーズも、続けていくことで
細かい演出一つ一つが尖っていても、結果として
多角形になり、結果角が取れていくんだなぁ。

などと強引にこじつけつつ。
大浦さん、もう一度くらい出番あるといいなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグニュース!高垣彩陽、絶望先生に出演!! ひまわりのむく頃に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる